2021年10月4日発売の「日経トレンディ 2021年11月号」では、「クレジットカード 最強の2枚」を特集。ここでは特集に登場したクレカの中から、5つの目的別に「最強の2枚」の組み合わせを考えた。クレカにはそれぞれ得意分野があり、巧みに使い分けることで、生活の様々な支払いの場面にある“お得チャンス”を最大化できる。ここで取り上げるどの組み合わせの2枚も、持っていて決して損は無い。

※日経トレンディ2021年11月号の記事を再構成

「高還元」や「ショッピング」「旅行・移動」といった目的別に、最強の2枚を選んだ
「高還元」や「ショッピング」「旅行・移動」といった目的別に、最強の2枚を選んだ

前回(第17回)はこちら

【1】高還元を追求する2枚

 幅広い決済シーンで得するメインカードとして外せないのが、基本還元率が2%と高い「Visa LINE Payクレジットカード」。付与されるLINEポイントがPayPayボーナスに等価交換できるようになったことで、使い勝手も向上した。2%還元の期限となる2022年4月末まではまだ半年以上あるので、今から発行しても恩恵は十分に受けられる。

 そして併用したいのが、スマホのQUICPayに設定して利用すると3%還元になる「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」だ。使える場所は限られるものの、お得度は抜群。店舗での支払時にはQUICPay対応かどうかを必ず確認し、うまく使い分けたい。

どこでも2%還元!
■Visa LINE Payクレジットカード
(三井住友カード)

年会費初年度無料。年1回以上の利用で次年度無料。詳細は特集【第2回】を参照
年会費初年度無料。年1回以上の利用で次年度無料。詳細は特集【第2回】を参照

QUICPayで3%還元!
■セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
(クレディセゾン)

年会費初年度無料。年1回以上の利用で次年度無料。詳細は特集【第2回】を参照
年会費初年度無料。年1回以上の利用で次年度無料。詳細は特集【第2回】を参照
クレジットカード 最強の2枚
【第1回】クレジットカードの得する新常識が続々! 組み合わせの最強戦略
【第2回】セゾンパールが3%で“最得”奪取 2%のLINEクレカも必携
【第3回】コンビニで5%還元、圧倒的な三井住友 ファミマTも魅力
【第4回】ドコモとauのゴールドカード対決 「dカード GOLD」の強さ健在
【第5回】ポイ活達人の鉄則は「増やしてお得に使う」 交換サイトを有効活用
【第6回】マツキヨで5%還元のdカード WAON払いで得なイオンカード
【第7回】ビックカメラSuicaカードの際立つお得度 還元率は最高11.5%
【第8回】ネット通販の新カード戦略 ポイ活向き楽天カードで最大17%
【第9回】TカードPrimeと決済ツールの合わせ技で、還元率を最大5.7%に
【第10回】ANAカードはワイドゴールドが最有力 ボーナスで費用の差を逆転
【第11回】JALは一般カードでもマイル還元率1% 年間費用の安さで選ぶ
【第12回】楽天経済圏でポイント荒稼ぎ 還元率20%超えを実現する方法
【第13回】鉄道系クレカを還元率で比較 「JRE CARD」は3.5%にも
【第14回】クレカ付帯保険で徹底比較 「ライフカードゴールド」大賞の理由
【第15回】フライトもホテルも“無料”で 達人のポイントサイト攻略法
 >>続きはこちらから
「日経トレンディ 2021年11月号」の購入はこちら(Amazon)

【2】ショッピングでお得度満点の2枚

 コロナ禍で利用機会が増えているネット通販。ポイントのためやすさでは楽天市場がダントツで、その買い物に利用するだけで還元率を2%上乗せできる「楽天カード」は必携だ。ためた楽天ポイントを買い物で利用した場合にも、ポイント充当分に対してまたポイント還元があるので効率がいい。

 ネット最強の楽天カードと組み合わせるべきは、日常生活でよく使う実店舗で得になるカード。最右翼は、コンビニ大手3社とマクドナルドでタッチ決済すると5%の高還元が得られる「三井住友カード(NL)」だ。ファミリーマートとマクドナルドでは提示ポイントとして楽天ポイントも選べるので、相性がいい。

楽天市場でポイントアップ!
■楽天カード
(楽天カード)

年会費無料。詳細は特集【第8回】を参照
年会費無料。詳細は特集【第8回】を参照

コンビニで5%還元!
■三井住友カード(NL)
(三井住友カード)

年会費無料。詳細は特集【第3回】を参照
年会費無料。詳細は特集【第3回】を参照

「旅行・移動」「スマホ決済」「保険」に強い2枚は

【3】旅行・移動のコスパを高める2枚

 飛行機と電車との組み合わせで、旅行・移動時のお得を逃がさないクレカが下の2枚。「ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード」は基本のマイル還元率が1%。「マイ・ペイすリボ」の仕組みをうまく利用すると1.3%まで高められ、さらに年会費が安くなる。普段のメインカードとして使いやすいうえ、旅行の際にも搭乗ボーナスや保険の面でメリットが大きい。

 「JREカード」は、モバイルSuicaチャージやSuicaオートチャージで1.5%還元。そのSuicaで電車に乗ったり、グリーン券を買ったり、対象店舗で買い物をしたりするとさらにポイントが獲得できる。「えきねっと」で切符をクレカ購入する際もポイントアップがあって有利だ。

ANAマイルを着々とGET!
■ANA VISA/マスター ワイドゴールドカード
(三井住友カード)

年会費1万5400円(税込み)。割引条件達成で1万450円(同)。詳細は特集【第10回】を参照
年会費1万5400円(税込み)。割引条件達成で1万450円(同)。詳細は特集【第10回】を参照

Suica併用でパワーアップ!
■JREカード
(ビューカード)

年会費524円(税込み)。初年度無料。詳細は特集【第13回】を参照
年会費524円(税込み)。初年度無料。詳細は特集【第13回】を参照

【4】スマホ決済のお得を逃さない2枚

 スマホ決済の還元とクレカの還元との2重取りは、今や得するテクニックの王道。d払いの支払い方法として「dカード」を利用すると、dポイントの2重取りで1.5%還元に。d払いのキャンペーン適用対象にもなり、チャンスが広がる。

 併用するのは、au PAYの残高にチャージして還元が受けられれる「au PAY カード」。Pontaポイントが2重取りできて、やはり1.5%還元だ。下の例では、dカードをメイン、au PAY カードをサブの位置付けとしているが、auスマホ利用者などでau PAYの利用機会が多いなら、もちろん逆もあり得る。スマホの料金プラン次第では、それぞれゴールドカードも選択肢になる。

d払いの支払いで有利!
■dカード
(NTTドコモ)

年会費無料。詳細は特集【第6回】【第17回】を参照
年会費無料。詳細は特集【第6回】【第17回】を参照

au PAYにチャージして得!
■au PAY カード
(auフィナンシャルサービス)

年会費無料(au携帯電話やauひかりなどの契約が無く、かつ1年間カード利用が無い場合は税込み1375円)。詳細は特集【第17回】を参照
年会費無料(au携帯電話やauひかりなどの契約が無く、かつ1年間カード利用が無い場合は税込み1375円)。詳細は特集【第17回】を参照

【5】保険を効率良く付けるゴールド2枚

 付帯保険が充実するゴールドカードを併せ持ち、万が一に備える手もある。「三井住友カード ゴールド(NL)」は、年100万円以上の利用を1度達成すると年会費が永年無料に。そのうえで年間限度額300万円のショッピング保険を活用できるのが魅力だ。年100万円利用によるボーナスポイント1万円分も加味すれば、還元率は最大1.5%となり、メインカードとしても十分に使える。

 そして、同カードが弱い旅行傷害保険の面をカバーするのに最適なのが「ライフカードゴールド」。海外、国内共に最高1億円の旅行傷害保険が自動付帯し、配偶者や子供などを対象とした家族特約も充実している。

ショッピング保険で安心!
■三井住友カードゴールド(NL)
(三井住友カード)

年会費5500円(税込み)。年100万円以上の利用で次年度以降無料。詳細は特集【第3回】を参照
年会費5500円(税込み)。年100万円以上の利用で次年度以降無料。詳細は特集【第3回】を参照

旅行傷害保険が充実!
■ライフカードゴールド
(ライフカード)

年会費1万1000円(税込み)。詳細は特集【第14回】を参照
年会費1万1000円(税込み)。詳細は特集【第14回】を参照
6
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する