2021年10月4日発売の「日経トレンディ 2021年11月号」では、「クレジットカード 最強の2枚」を特集。資金力のある携帯キャリアを中心に経営統合や決済サービスの連携が進む4大経済圏。NTTドコモはメルカリと手を組み、ソフトバンクはLINE経済圏と統合して一大勢力に。KDDI(au)はPontaポイントと統合して金融サービスを充実、楽天は楽天市場を中心に利用者を拡大している。それぞれの経済圏を理解し、最適なクレカを選びたい。

※日経トレンディ2021年11月号の記事を再構成

4大経済圏を理解し、最適なクレジットカード選びにつなげたい
4大経済圏を理解し、最適なクレジットカード選びにつなげたい

前回(第16回)はこちら

 資金力がある携帯キャリアを中心に、4大経済圏が確立。経営統合や決済サービスの連係が進み、その勢力図は変わってきている。決済手段やポイントのたまりやすさ、サービスのラインアップに違いがあり、その充実度を競う状況が続きそうだ。それぞれの経済圏を理解することは、自分に最適なクレジットカード選びにもつながる。

クレジットカード 最強の2枚
【第1回】クレジットカードの得する新常識が続々! 組み合わせの最強戦略
【第2回】セゾンパールが3%で“最得”奪取 2%のLINEクレカも必携
【第3回】コンビニで5%還元、圧倒的な三井住友 ファミマTも魅力
【第4回】ドコモとauのゴールドカード対決 「dカード GOLD」の強さ健在
【第5回】ポイ活達人の鉄則は「増やしてお得に使う」 交換サイトを有効活用
【第6回】マツキヨで5%還元のdカード WAON払いで得なイオンカード
【第7回】ビックカメラSuicaカードの際立つお得度 還元率は最高11.5%
【第8回】ネット通販の新カード戦略 ポイ活向き楽天カードで最大17%
【第9回】TカードPrimeと決済ツールの合わせ技で、還元率を最大5.7%に
【第10回】ANAカードはワイドゴールドが最有力 ボーナスで費用の差を逆転
【第11回】JALは一般カードでもマイル還元率1% 年間費用の安さで選ぶ
【第12回】楽天経済圏でポイント荒稼ぎ 還元率20%超えを実現する方法
【第13回】鉄道系クレカを還元率で比較 「JRE CARD」は3.5%にも
【第14回】クレカ付帯保険で徹底比較 「ライフカードゴールド」大賞の理由
【第15回】フライトもホテルも“無料”で 達人のポイントサイト攻略法
 >>続きはこちらから
「日経トレンディ 2021年11月号」の購入はこちら(Amazon)

 まずdポイントをためられるのが、NTTドコモ経済圏。自社のクレカは「dカード」で、年会費は無料、還元率は1%だ。自社発行ではないが「リクルートカード」でためたリクルートポイントもdポイントに等価交換できる。年会費は無料で1.2%と高還元なので、ためるポイントをdポイントに集約する有効な決済手段の一つだ。

 金融系サービスについては、SMBC日興証券と連係しており、投資信託の積み立てや株式取引でdポイントをためられる。「日興フロッギー+docomo」では、dポイントを利用して現物株の購入も可能だ。ただ、特定の銀行とのつながりは持たず、この点は他の経済圏に比べて弱い。

 メルカリとの連係を強化しているのも特徴だ。2020年6月からメルカリの利用でdポイントがたまり、購入代金にも充てられるようになった。20年9月からはd払いとメルペイのQRコードの共通化もされている。

【NTTドコモ経済圏】 dポイントがたまる

dポイント中心に勢力拡大 メルカリと協力体制を結ぶ

<クレジットカード>

 自社が発行するクレカは「dカード」で、基本還元は1%だ。さらに、基本還元率が1.2%と高い「リクルートカード」もためたリクルートポイントをdポイントに交換できるので、この経済圏の“住人”には使いやすい。ともに年会費無料。

■dカード(左) ■リクルートカード(右)
■dカード(左) ■リクルートカード(右)
ともに年会費無料なので、持っておいて損はない

<スマホ決済>

 d払いの店舗での基本還元率は0.5%だが、ネットでは1%になる。QRコードがd払いと共通化されたメルペイは、メルカリでの売上金をリアル店舗で利用できる。

●d払い(左) ●メルペイ(右)
●d払い(左) ●メルペイ(右)
注)情報は2021年9月中旬時点

<証券>

 SMBC日興証券で国内現物株を取引すると、手数料200円(税込み、以下同)が発生するごとにdポイントが1ポイントたまる。投信でも毎月1万円未満積み立てると3ポイント、1万円以上だと1万円ごとに3ポイントたまる。「日興フロッギー+docomo」ではdポイントで現物株を購入でき、サイト内の対象記事の閲覧で1記事につきdポイントが3ポイントたまる。

●SMBC日興証券
●SMBC日興証券
dポイントで現物株が購入できる「日興フロッギー+docomo」

<ネット通販>

 20年6月からメルカリでdポイントがたまるようになり、dカードを利用すると2.5%還元となる。dポイントを支払いに充てることも可能。自社のdショッピングは品ぞろえがいまひとつだ。

●メルカリ(左) ●dショッピング(右)
●メルカリ(左) ●dショッピング(右)
注)画像はどちらも2021年9月中旬時点

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
7
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する