2021年10月4日発売の「日経トレンディ 2021年11月号」では、「クレジットカード 最強の2枚」を特集。「ポイ活」の達人であるペイ子さんは、主に「TカードPrime」を活用して多くのポイント還元を手にする。「Kyash Card」や「TOYOTA Wallet」「楽天Edy」と組み合わせ、還元率を1%から3.7%に引き上げ。また、Amazonギフト券へのチャージで計5.7%の還元を手に入れることもある。

※日経トレンディ2021年11月号の記事を再構成

ポイ活の達人のペイ子さんは、「TカードPrime」や「TOYOTA Wallet」を組み合わせて還元率を高める
ポイ活の達人のペイ子さんは、「TカードPrime」や「TOYOTA Wallet」を組み合わせて還元率を高める

前回(第8回)はこちら

 ペイこさん(ハンドルネーム)のポイ活歴は3年と短い。しかし持ち前の探究心で、年間50万~60万円相当のポイント還元を手にしている。得意技は「TカードPrime」の活用だ。同カードは通常1%の還元率が日曜は1.5%になるお得カードとして知られている。ペイこさんは他の決済ツールと組み合わせて2%以上を積み増し。日曜限定という使い勝手の悪さも改善し、いつでも使えるようにしている。

 これには、Visaプリペイドカード「Kyash Card」と決済アプリ「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」を使う。まず、TカードPrimeをKyash Cardで決済したときの支払い元としてひも付けておく。そして日曜にKyash CardからTOYOTA Walletにチャージ。これでTポイント分の還元率1.5%にKyashポイント分の還元率0.2%が加わり、還元率は計1.7%になる。

 続いてTOYOTA Walletから楽天Edyへチャージ。TOYOTA Wallet分の還元率1.5%が加算されて計3.2%になる。楽天Edyで買い物すれば、楽天ポイント分の0.5%が上乗せされて還元率がトータル3.7%に達するわけだ。

 ペイこさんはためたTポイントを毎月20日にウエル活で、KyashポイントをKyash Card決済で使用。TOYOTA Walletは残高へのキャッシュバックで還元を受ける。「TOYOTA Walletの1.5%還元は期間未定のキャンペーンなのでいつまで使えるかは分からないものの、還元率3.7%は魅力です」(ペイこさん)

【得ワザ】Tカード Primeを起点に還元率を3.7%に引き上げる

 還元率を3.7%にするうえで、1回でできる金額は、TOYOTA Walletと楽天Edyの残高上限である5万円だ。楽天edyのチャージは1回当たり2万5000円までなので2回に分ける。

Kyash Cardの還元率0.2%は、月5万円までの利用が対象。TOYOTA Walletへのチャージ手数料は無料対応中だが、今後変更される可能性がある。TOYOTA Walletから楽天Edyへのチャージは、公式に認められているものではなく、今後対応が変更される可能性がある。情報は21年9月中旬時点
Kyash Cardの還元率0.2%は、月5万円までの利用が対象。TOYOTA Walletへのチャージ手数料は無料対応中だが、今後変更される可能性がある。TOYOTA Walletから楽天Edyへのチャージは、公式に認められているものではなく、今後対応が変更される可能性がある。情報は21年9月中旬時点
■アマギフ交換で5.7%の超高還元
■アマギフ交換で5.7%の超高還元
上で紹介したルートで3.7%になった楽天EdyからAmazonギフト券にチャージする技も。4万円で2%の上限があり、計5.7%の還元に。楽天EdyからAmazonギフト券へのチャージはAndroid端末のみ対応

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する