2021年10月4日発売の「日経トレンディ 2021年11月号」では、「クレジットカード 最強の2枚」を特集。通信系クレカの定番である「dカード」と「au PAY カード」。どちらも一般カードとゴールドカードがあるが、ドコモの「ahamo」、auの「povo」といった新しい低料金プランの登場により、どちらが特か見直しが必須になった。家族カードも活用し、効率よくポイントをためたい。

※日経トレンディ2021年11月号の記事を再構成

通信系クレカの定番である「dカードGOLD」(左)と「au PAY ゴールドカード」(右)
通信系クレカの定番である「dカードGOLD」(左)と「au PAY ゴールドカード」(右)

前回(第3回)はこちら

 通信系クレジットカードの2トップは、「dカード」と「au PAY カード」だ。どちらも年会費無料(au PAYカードは条件付き無料)で還元率1%。dカードはdポイント、au PAYカードはPontaポイントと、ポイントを集約しやすいメリットもあり、定番となっている。

 スマホ決済を活用している人にとっても、2枚のカードは利用価値が高い。「d払い」で連発される高還元キャンペーンは、ほとんどがdカード以外のクレカ払いは対象外だ。ドコモユーザーなら、「電話料金合算払い」で他社クレカも使用できるが、他キャリアの利用者がキャンペーンに参加するならdカードがないと不利。一方の「au PAY」はキャンペーン参加条件が緩く、他社クレカでのチャージも可能だが、「au PAY ゴールドカード」からなら還元率が2%上乗せになる他、au PAY カード/au PAY ゴールドカード限定のチャージキャンペーンも時折行われている。いずれも、スマホ決済をお得に使いたいなら必携だ。

 dカードとau PAY カードには、一般カードとゴールドカードがある。どちらが得になるかは、携帯料金プランが従来プランか、ドコモの「ahamo」、auの「povo」といった新しい低料金プランかによる。

 従来プランの契約者は、携帯電話・通信料金の支払いで10〜11%の高還元が得られるため、やはりゴールドカードを選ぶのが定石だ。

【得ワザ1】ドコモとauの従来プランユーザーはゴールドカードのメリット大

 ドコモの「ギガホ プレミア」「ギガライト」、au の「使い放題MAX」「ピタットプラン」といった従来プランのユーザーは、いずれもキャリア公式のゴールドカードを選ぶべきだ。毎月の携帯電話利用料金に対してドコモは10%、auは11%の高還元。これだけで、十分に年会費分の価値はある。

■dカード GOLD(NTTドコモ)
■dカード GOLD(NTTドコモ)
年会費1万円超えにもかかわらず、発行枚数は823万枚とdカード(653万枚)を超える。高還元と充実した特典が人気の理由。携帯破損補償も3年間最大10万円で無料付帯
■基本スペック比較表
■基本スペック比較表
注)情報は2021年9月中旬時点
注)情報は2021年9月中旬時点
注)情報は2021年9月中旬時点

低料金プランの場合は、一般カードが得な場合も

 低料金プランの場合はどうか。まずはドコモの場合、ahamoはdカード GOLD保有者向けの携帯料金10%還元の特典対象外だが、その代わり、ahamoの料金を「dカード GOLD」で払うと、カード利用額の10%をdポイントとして還元する新特典をスタート(毎月上限300ポイント)。これにより、年間3600円相当を節約することが可能になる。

 また、ahamo利用者の利用可能データ量は月に20GBだが、ゴールド特典として5GBが追加される。「ahamo利用者も携帯電話と一緒にdカード GOLDを活用できるよう、新特典を用意した」(NTTドコモ広報部)という狙い通り、ahamo利用者でもdカード GOLDを持つのに一定のメリットがある。

 そもそも、dカード GOLDには前年の年間利用額が100万円以上で1万1000円相当、200万円以上で2万2000円相当のクーポンが特典として用意されている。クーポンはケータイ購入割引やdショッピング、メルカリなどから使い道を選択できる。メインカードとして使うなら、年会費を実質無料にまで抑えることは可能だ。一方、メインで使わないahamo利用者は、一般カードを選んだ方がいい。

 povoは、au PAYゴールドカードで携帯料金が11%還元される「ゴールド特典ポイント」の対象外で、ahamoのような新特典もない。前述のチャージ還元率優遇、auでんきや都市ガスでポイント優遇といったゴールド特典は適用されるが、高額な年会費をペイできるかは微妙だ。ゴールドカードを所持していて、従来プランからpovoへ乗り換えた場合はダウングレードも一考だ。

【得ワザ2】家族カードを活用し効率よくポイントをためる

 dカード GOLD、au PAY ゴールドカードはどちらも、家族カードが1枚無料で発行できる。夫婦や親子で持つと年会費が実質半額に。家族で支払い口座を1つにまとめることでポイントがたまりやすくなり、家計の節約につながる。なお、家族会員も携帯電話料金10%(※auは11%)還元特典の対象だ(auは2022年3月末までに加入した家族カード会員を対象に1年間限定で還元)。

■au PAY ゴールドカード(auフィナンシャルサービス)
■au PAY ゴールドカード(auフィナンシャルサービス)
携帯電話料金の支払いで11%還元、au PAY 残高チャージ+au PAY利用で計2.5%還元になる
dカード GOLDなら、本会員同様、家族会員もETCカードを各1枚発行できる。利用の有無にかかわらず、年会費無料
dカード GOLDなら、本会員同様、家族会員もETCカードを各1枚発行できる。利用の有無にかかわらず、年会費無料

 他キャリアの場合はどうか。ソフトバンクには独自クレカがないため、料金プランを問わず還元率が高めのクレカで支払えばいい。常時1%のTポイントがたまる「Yahoo! JAPANカード」を選べば間違いない。ソフトバンク利用者はYahoo!ショッピングやPayPayモールでの買い物でポイントが優遇されるので、同カードを使って効率よく還元を得ることができる。

 同様に、格安スマホのユーザーも高還元クレカが選択肢になる。強いて言うなら、楽天モバイルには「楽天カード」、UQモバイルにはau PAY カード、ワイモバイルにはYahoo! JAPANカードの組み合わせがベスト。それぞれキャンペーン時にポイントが優遇されたり、携帯料金の支払いにポイントを使えるといったメリットがある。すべて年会費無料で還元率1%なので、キャリアを乗り換えても、持っていて損はない。

7
この記事をいいね!する

日経トレンディ11月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年11月号
【巻頭特集1】クレジットカード 最強の2枚
【巻頭特集2】フィンテック最前線!
【第2特集】未来をつくる スタートアップ大賞2021
【ヒット商品連載】日産自動車「ノート オーラ」他
発行・発売日:2021年10月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する