2021年10月4日発売の「日経トレンディ 2021年11月号」では、「クレジットカード 最強の2枚」を特集。通信系クレカの定番である「dカード」と「au PAY カード」。どちらも一般カードとゴールドカードがあるが、ドコモの「ahamo」、auの「povo」といった新しい低料金プランの登場により、どちらが特か見直しが必須になった。家族カードも活用し、効率よくポイントをためたい。

※日経トレンディ2021年11月号の記事を再構成

通信系クレカの定番である「dカードGOLD」(左)と「au PAY ゴールドカード」(右)
通信系クレカの定番である「dカードGOLD」(左)と「au PAY ゴールドカード」(右)

前回(第3回)はこちら

 通信系クレジットカードの2トップは、「dカード」と「au PAY カード」だ。どちらも年会費無料(au PAYカードは条件付き無料)で還元率1%。dカードはdポイント、au PAYカードはPontaポイントと、ポイントを集約しやすいメリットもあり、定番となっている。

 スマホ決済を活用している人にとっても、2枚のカードは利用価値が高い。「d払い」で連発される高還元キャンペーンは、ほとんどがdカード以外のクレカ払いは対象外だ。ドコモユーザーなら、「電話料金合算払い」で他社クレカも使用できるが、他キャリアの利用者がキャンペーンに参加するならdカードがないと不利。一方の「au PAY」はキャンペーン参加条件が緩く、他社クレカでのチャージも可能だが、「au PAY ゴールドカード」からなら還元率が2%上乗せになる他、au PAY カード/au PAY ゴールドカード限定のチャージキャンペーンも時折行われている。いずれも、スマホ決済をお得に使いたいなら必携だ。

 dカードとau PAY カードには、一般カードとゴールドカードがある。どちらが得になるかは、携帯料金プランが従来プランか、ドコモの「ahamo」、auの「povo」といった新しい低料金プランかによる。

 従来プランの契約者は、携帯電話・通信料金の支払いで10〜11%の高還元が得られるため、やはりゴールドカードを選ぶのが定石だ。

【得ワザ1】ドコモとauの従来プランユーザーはゴールドカードのメリット大

 ドコモの「ギガホ プレミア」「ギガライト」、au の「使い放題MAX」「ピタットプラン」といった従来プランのユーザーは、いずれもキャリア公式のゴールドカードを選ぶべきだ。毎月の携帯電話利用料金に対してドコモは10%、auは11%の高還元。これだけで、十分に年会費分の価値はある。

■dカード GOLD(NTTドコモ)
■dカード GOLD(NTTドコモ)
年会費1万円超えにもかかわらず、発行枚数は823万枚とdカード(653万枚)を超える。高還元と充実した特典が人気の理由。携帯破損補償も3年間最大10万円で無料付帯
■基本スペック比較表
■基本スペック比較表
注)情報は2021年9月中旬時点
注)情報は2021年9月中旬時点
注)情報は2021年9月中旬時点

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
7
この記事をいいね!する

日経トレンディ11月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年11月号
【巻頭特集1】クレジットカード 最強の2枚
【巻頭特集2】フィンテック最前線!
【第2特集】未来をつくる スタートアップ大賞2021
【ヒット商品連載】日産自動車「ノート オーラ」他
発行・発売日:2021年10月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する