2021年10月4日発売の「日経トレンディ 2021年11月号」では、「クレジットカード 最強の2枚」を特集。有力な高還元クレカが相次いで魅力を失う中、「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」が新たな候補として浮上した。スマホのQUICPayに設定して店舗で支払うと還元率が3%になる。22年4月まで2%が続く「Visa LINE Pay クレジットカード」と共に、必携の2枚だ。

※日経トレンディ2021年11月号の記事を再構成

高還元が魅力の「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」(左)と「Visa LINE Pay クレジットカード」(右)
高還元が魅力の「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」(左)と「Visa LINE Pay クレジットカード」(右)

前回(第1回)はこちら

 高還元のクレジットカードは、この1年半弱の間に有力カードが相次いで魅力を失った。還元率1.25%の「REX CARD」は2020年6月に新規募集を終了し、同11月には「リーダーズカード」が還元率を1.257%から1%に引き下げた。

 しかしそれらに代わる新たな有力候補が浮上。「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」だ。基本還元率は0.5%と並の水準だが、スマホのQUICPayに同カードを設定して店舗で支払うと3%に跳ね上がる。

クレジットカード 最強の2枚
【第1回】クレジットカードの得する新常識が続々! 組み合わせの最強戦略
【第2回】セゾンパールが3%で“最得”奪取 2%のLINEクレカも必携←今回はココ
「日経トレンディ 2021年11月号」の購入はこちら(Amazon)

【得ワザ1】QUICPayを使って還元率を3%に上げる

 この優待サービスは同カードのデジタル版が20年11月に募集を開始するのと同時に、リアルカードも対象にして始まった。「デジタル版がスマホ完結型であることに合わせて、スマホ決済での利用シーンに特化した特典を企画した」(クレディセゾン)という。QUICPayが使える店舗は大手の小売りや飲食店、大型商業施設を中心に拡大しており、高還元を享受できる機会は多い。ただし、ネットでの買い物やサービス利用ではこのメリットを生かせないのが弱点だ。クレカとしては、保険が付帯しない点にも留意したい。

■セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード (クレディセゾン)
■セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード (クレディセゾン)
1回当たりの上限金額は、Google PayとセゾンQUICPayが基本2万円、Apple Payは店舗により異なる。セゾンマイルクラブに登録している場合は対象外
かざすだけで素早く支払えるQUICPayに対応する店舗は133万以上あり、利便性が高い(20年12月末時点)。左はApple Payに設定したQUICPay利用時の画面
かざすだけで素早く支払えるQUICPayに対応する店舗は133万以上あり、利便性が高い(20年12月末時点)。左はApple Payに設定したQUICPay利用時の画面
■基本スペック比較表
■基本スペック比較表
注)情報は2021年9月中旬時点。リクルートカードの「スマホ決済に連係・チャージ(PayPay、au PAY)」と「電子マネーにチャージ(楽天Edy、SMART ICOCA)」はVisaとMastercardの場合(JCBは非対応)、電子マネーにチャージしたときのポイント還元は月合計3万円が上限。Visa LINE Pay クレジットカードの「ショッピング保険」の国内はリボ払い・3回以上の分割払いのみ
注)情報は2021年9月中旬時点。P-one Wizの「スマホ決済に連係・チャージ」は、PayPayがVisaとMastecardの場合(JCBは非対応)、au PAYがMastercardの場合(Visa、JCBは非対応)
注)情報は2021年9月中旬時点。P-one Wizの「スマホ決済に連係・チャージ」は、PayPayがVisaとMastecardの場合(JCBは非対応)、au PAYがMastercardの場合(Visa、JCBは非対応)

まだまだトップ水準の「Visa LINE Pay クレジットカード」

 より汎用的に使いたいなら、「Visa LINE Pay クレジットカード」が有力だ。22年4月30日までは2%の還元率が適用される。21年5月に3%から2%へダウンした経緯があるものの、いまだトップ水準であることは間違いない。

 LINEポイントが21年3月からPayPayボーナスに等価交換できるようになり、使い勝手も良くなった。期間限定のメインカードとして持つ手はある。ただ、旅行傷害保険を付帯しない点と、主要な電子マネーへのチャージがポイント付与対象外である点には注意だ。

■Visa LINE Payクレジットカード(三井住友カード)
■Visa LINE Payクレジットカード(三井住友カード)
22年4月末まで高還元を受けられる。これからの半年で高額の買い物を予定しているなら、十分に得だ

【得ワザ2】期間限定ながら2%還元 PayPay利用者も便利に

 1%の基本還元率が、22年4月末までは期間限定で2%になる(LINE Payアカウントに登録が必要)。LINEポイントは1ポイント=1円分でPayPayボーナスに交換可能だ。カード番号は背面に記載されている。

スマホを使用し、簡単にポイント交換可能
スマホを使用し、簡単にポイント交換可能

 日曜の利用に限り、還元率が通常の1%から1.5%に高まるのが特徴の「TカードPrime」にも注目。「買い物を楽しんでいる人が多いイメージの日曜を高還元にして、会員に喜んでもらおうと考えた」(主体事業者であるTマネー)のだという。日曜に集中して買い物する以外にも、「日曜にプリペイドカードや電子マネーにチャージし、それを支払いに使うことで曜日を気にしなくてもよくなる」(情報サイト「クレジットカードDB」を運営する大澤日出男氏)。なお、こちらは旅行傷害保険を付帯する。

【得ワザ3】1.5%還元のリボ払い専用カード 支払い設定変更で、“普通クレカ”に

 基本還元率の高さでは、1.5%の「P-one Wiz」と「DCカード Jizile」も候補に挙がる。リボ払い専用カードなのでそのままでは使い手を選ぶが、設定を変更すれば手数料がかからない1回払いにできる。P-one Wizは支払い方を全額払いに変更すればよく、DCカード Jizileは、毎月の支払い額を上限の5万円にして、その範囲での利用に抑えればいい。

■P-one Wizの設定画面
■P-one Wizの設定画面
P-one Wizは請求時にクレカ利用額が1%引きになり、0.5%分のポイントも付く(計1.5%還元)。リボ払い専用カードだが、会員専用ネットサービスで支払い方を「ずっと全額コース」に変更すると、一般的なカードと同じように1回払いで使える
11
この記事をいいね!する

日経トレンディ11月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年11月号
【巻頭特集1】クレジットカード 最強の2枚
【巻頭特集2】フィンテック最前線!
【第2特集】未来をつくる スタートアップ大賞2021
【ヒット商品連載】日産自動車「ノート オーラ」他
発行・発売日:2021年10月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する