2022年10月4日発売の「日経トレンディ2022年11月号」 ▼Amazonで購入する では、「スタートアップ大賞2022」を特集。2024年、人気リゾート地の北海道ニセコ町に、新街区「ニセコミライ」が誕生する。目玉は目玉は分譲・賃貸型のエコハウス。その設計・建設を一手に手掛ける、新興ハウスメーカーWELLNEST HOME(愛知・長久手市)を、22年の優秀賞の1社として選出した。

※日経トレンディ2022年11月号より。詳しくは本誌参照

北海道ニセコ町に、新街区「ニセコミライ」が誕生。目玉となるのが分譲・賃貸型のエコハウスだ
北海道ニセコ町に、新街区「ニセコミライ」が誕生。目玉となるのが分譲・賃貸型のエコハウスだ

【優秀賞】超高気密住宅メーカー WELLNEST HOME

設立:2012年8月 社員数:65人 資金調達額:非公表

新規性★★ 影響力★★ 成長性 ★★

【こんな未来を創造】
3階建て住宅でもエアコン1基で賄える 室温と湿度が年中一定の「呼吸する家」

 2024年、人気リゾート地の北海道ニセコ町に、温暖化ガス排出量ゼロを掲げる、東京ドーム2個分(約9万ヘクタール)の新街区「ニセコミライ」が誕生する。目玉は分譲・賃貸型のエコハウス(約200戸)。最低気温がマイナス17度になることもある冬場でも、暖房稼働時の電気代が月額5000円程度で済むという触れ込みだ。その設計・建設を一手に手掛けることから22年に注目を浴びるのが、新興ハウスメーカーWELLNEST HOMEである。

■よはくの家ほか
2021年12月に発表したセミオーダー型の住宅ブランドで、AI制御など同社の最新技術を採用。間取りに合わせて家具を造り付けられる
2021年12月に発表したセミオーダー型の住宅ブランドで、AI制御など同社の最新技術を採用。間取りに合わせて家具を造り付けられる

この記事は会員限定(無料)です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
2
この記事をいいね!する