決済を変えるフィンテック2021 第2回(写真)

2021年10月4日発売の「日経トレンディ 2021年11月号」では、「フィンテック最前線」を特集。支払いを後回しにするクレジットカードのライバルに、後払い決済(BNPL)が急浮上している。クレカの簡便な使い勝手と都度与信するローンのいいとこ取りをするのが特徴で、世界各国で利用が急激に広がりつつある。ファミリーマートでは、21年9月から「ファミペイ翌月払い」を開始。利用者の裾野は広がっており、追随する事業者も現れそうだ。

※日経トレンディ2021年11月号の記事を再構成

Apple Storeでも後払い決済を導入済み
Apple Storeでも後払い決済を導入済み

前回(第1回)はこちら

 商品はすぐに欲しいが、支払いは後回しにしたい。こうした場合、クレジットカードを使うか個別にローン会社と分割払い契約するかの2択だった。そこに新顔が登場し、世界各国で利用が急速に広がりつつある。それが「BNPL(後払い決済)」だ。「先延ばし決済」と呼ぶ場合もある。

決済を変えるフィンテック2021
【第1回】キャッシュレスに今起こる「3大トレンド」 フィンテック最前線
【第1回】「後払い決済」がクレカのライバル本命に コンビニにも浸透←今回はココ
「日経トレンディ 2021年11月号」の購入はこちら(Amazon)

 Buy Now Pay Later(今買って、後で支払う)の英語の頭文字を取った新しいタイプの金融で、使い方はネット通販なら決済画面で携帯電話番号などを入力し、実店舗なら専用アプリのQRコード画面などを提示する。都度与信を行い、過去に支払い遅延が発生していないかなどを調べられ、早ければ数分後には決済が完了する。

 利用に当たっての手間の少なさや、月初から月末まで利用した分を翌月の10日や月末など期日に返済すればよい点はクレカに似ている。一方、都度与信が発生し、過去の支払い実績から利用の可否や上限額が決まる点はローンに近い。ただし、年収や勤務先などを事細かに聞かれない。スピーディーなのがBNPLの信条だ。

■後払い「BNPL」とは?
■後払い「BNPL」とは?
商品を買ったタイミングで代金を支払わずに、後日返済すればよいサービスのこと。クレカ会社やローン会社が以前から提供しているが、BNPLはクレカの簡便な使い勝手と都度与信するローンのいいとこ取りをした点に特徴がある。基本、期日までに返済すれば金利がかからず、翌月一括払いが中心など使い過ぎになりにくい

 直近、BNPLが世界的な潮流であることを決定づけたのが、2014年と早いタイミングでBNPLサービスを開始したフィンテックスタートアップPaidy(東京・港)を、米決済大手PayPalが約27億ドル(約3000億円)で買収すると21年9月に発表したニュースだ。

 Paidyは、630万の利用者を抱える(台湾事業を含む)。ECサイトを中心に、「Amazon.com」「ビックカメラ.com」「Apple Store」、さらには高級食品店「DEAN&DELUCA」やレジャーチケット予約サイト「アソビュー!」など70万店以上のショップが導入済みだ。21年10月から12月にかけて、買収手続きが完了する見通しだ。

 調査会社の矢野経済研究所によると、20年度の国内BNPL市場規模は8820億円で、24年度には1兆8800億円と倍増する見込み。クレカの市場規模は67兆円(20年度、矢野経済研究所調べ)でまだ足元にも及ばないが、Paidyなどの大手BNPL事業者が中心となって、その一角を少しずつ侵食していく公算は大きい。

ペイディ/ペイディプラス(Paidy)

■本人確認すると使い勝手が向上する
本人確認すると「ペイディプラス」にアップグレードされる。追加される機能が「どこでもペイディ」で、専用のカード番号(Visa)が発行される。3回払いも可能になる
本人確認すると「ペイディプラス」にアップグレードされる。追加される機能が「どこでもペイディ」で、専用のカード番号(Visa)が発行される。3回払いも可能になる
■アップルも採用、公式サイトだけでなく直営店でも使える
Apple Storeで使える専用プランを別途用意する。手数料ゼロでiPadやApple Watchを分割払いするなどできる
Apple Storeで使える専用プランを別途用意する。手数料ゼロでiPadやApple Watchを分割払いするなどできる
■PayPal入り後ロゴリニューアル
PayPalによる買収発表を受けて、ロゴデザインをリニューアルし、新たなステージへ飛躍することを内外にアピール
PayPalによる買収発表を受けて、ロゴデザインをリニューアルし、新たなステージへ飛躍することを内外にアピール

クレカを敬遠する層を引き付けたBNPL

 では、なぜ国内でもBNPLの人気に火がついたのか。

 背景にあるのが、クレカに対して使いすぎをするのではと、漠然とした不安を感じている消費者の存在だ。「こうした人々の多くは現在、コンビニで代金を支払える収納代行サービスや代引きに頼る」。BNPLサービス「atone」を提供するネットプロテクションズ シニア・プロデューサーの長谷川智之氏は、こう読み解く。

 BNPLは、多くが銀行振込や口座振替に加えてコンビニでの支払いも受け付けている。コンビニ支払いを好む層にとっては似た感覚で使える。しかも対応するネット通販であれば決済画面でBNPLを選び、メールアドレスや携帯電話番号(Paidyの場合、名前を入れる場合もある)を入力するだけ。基本翌月払いなので、身の丈に合わないものに手を出してリボ払いのように何カ月も支払い続けるような買い物がそもそもしにくい。こうした特徴が、クレカを敬遠している層を引き付けている。

atone(ネットプロテクションズ)

■ネット通販に加えて実店舗でも使える
対応ネット通販では、あらかじめ登録した携帯電話番号とパスワードを入力すると決済できる。実店舗では、決済はQRコード決済の要領で、専用スマホアプリのQRコードを店員に読み取ってもらう。現在会員数は490万人。今後はリピート利用を促すため、ポイント制度を充実させる考え
対応ネット通販では、あらかじめ登録した携帯電話番号とパスワードを入力すると決済できる。実店舗では、決済はQRコード決済の要領で、専用スマホアプリのQRコードを店員に読み取ってもらう。現在会員数は490万人。今後はリピート利用を促すため、ポイント制度を充実させる考え

コンビニで使えるBNPLも

 利用者の裾野の広がりを受けて、日々の生活費も先延ばし決済するアイデアを形にする事業者も現れた。ファミリーマートは21年9月、「ファミペイ翌月払い」を開始。チャージした残高を使ってコンビニ内の商品をQRコード決済できる「ファミペイ」のオプション機能であり、あらかじめ与信を実施し、上限額の範囲内なら買い物ができる。使った分の支払いは、翌月27日まで先延ばしできる(28日以降になる場合もある)。

 このサービスは、21年4月に施行した改正割賦販売法で新たに加わった「登録少額包括信用購入あつせん業者」の仕組みを活用して実現した。名前や生年月日など幾つかの項目だけで与信を簡略的に実施してもよいとする新制度で、ファミリーマートはファミペイの利用履歴をスコア化し、上限額を導き出す独自のアルゴリズムを取り入れた。与信は、本人確認や口座登録していれば、午前8時~午後9時半なら申し込みから5分以内に完了する(午後9時半を過ぎた分は翌日午前8時以降)。

 ファミペイ翌月払いの特徴は、チャージする時点で与信を実施する点にある。つまり利用時には、通常のチャージした残高を使う場合と変わらないスピードで決済が完了する。コンビニなどレジに行列ができやすいシーンを考慮して、使い勝手を変えずに後払いを実現するアイデアといえる。

ファミペイ翌月払い(ファミリーマート)

■ランチも公共料金もまとめて後払いOK
与信で得た上限額とは別に、無駄遣いを防ぐ目的で実際に後払いで使える最大金額を設定できる。なお金利がかかるが最大6カ月先まで先延ばしすることもできる
与信で得た上限額とは別に、無駄遣いを防ぐ目的で実際に後払いで使える最大金額を設定できる。なお金利がかかるが最大6カ月先まで先延ばしすることもできる
■残高が不足していても買い物ができる
使い方は、通常の「ファミペイ」の決済と何ら変わらない。スマホ画面のバーコードを店員に読み取ってもらえばOK
使い方は、通常の「ファミペイ」の決済と何ら変わらない。スマホ画面のバーコードを店員に読み取ってもらえばOK

 注意が必要なのは、「後払い」と称して、一定額を貸し付けてチャージ残高に充当するサービスを提供する事業者が少なからず登場していることだ。

 例えばKyashが21年7月に開始した「イマすぐ入金」はその一つで、1回当たり3000~5万円を申し込める。翌月末に返済すればよいが、3000~1万円で500円、1万1000~2万円で800円などの手数料がかかる。Buy Nowではなくキャッシングに近いサービスであり、金利も決して安くはない。こうしたサービスとBNPLは切り分けて捉えた方がよい。

(写真/小西範和、加藤 康)

8
この記事をいいね!する