ブース内に掲示されていたパネルには、同校が出展してきた26年に渡る歴史が綴られていた

実はTGS最多!? 20作品以上出展していた日本電子専門学校【TGS2021】

2021年10月05日
  • 日本電子専門学校ブースは、奥多摩周遊道路を舞台にタイムトライアルに挑む『AimRacing2021』を中心に、3つのコーナーを作って作品を展示していた
  • ブース内に掲示されていたパネルには、同校が出展してきた26年に渡る歴史が綴られていた
  • BMW M4で奥多摩周遊道路を走り、そのタイムを競う『AimRacing2021』。さすがに最先端の商用プロダクトと比較すれば粗さは見えるが、それでもかなりの頑張りが感じられる力作だ
  • 足踏みをすると両足に着けたセンサーがそれを感じ取り、ゲーム中のキャラクターが歩を進める
  • 『おうちにかえろう』は、VRゴーグルをはめ、両足にセンサーを装着したのち、この傘型コントローラーを手にして遊ぶ
  • 『おうちにかえろう』の制作に参加したのは、これら学科の学生たち。各科のカリキュラムではどんなことが学べるかが紹介されていた
  • ブース内に置かれたゲーミングPCには、アクションゲームを中心とした20もの作品がインストールされていた。写真はそのうちの1つ『ばけものばかり〜妖怪道中膝栗毛〜』をプレーしているところ。次々と現れる妖怪たちと戦う横スクロールアクションだ