会場内でエナジードリンク「モンスターエナジー」を配布する光景がいわば東京ゲームショウ(TGS)の風物詩のようになっているモンスターエナジーブース。メディア・インフルエンサー限定とはいえ、リアル展示会場が復活した「東京ゲームショウ2021 オンライン」では満を持して出展した。恒例のドリンクの配布とともに、『Apex Legends』とのコラボをアピール。抽選で特製グッズが当たるキャンペーンを展開していた。

ブランドカラーの黒と螢光グリーンで綺麗にまとめられたMonster Energyブース。今回の東京ゲームショウにも例年と同じく「特別協賛」という形で参加していた。会場内でMonster Energyをもらうのを半ばお約束のように感じているTGS常連もいるのではなかろうか
ブランドカラーの黒と螢光グリーンで綺麗にまとめられたMonster Energyブース。今回の東京ゲームショウにも例年と同じく「特別協賛」という形で参加していた。会場内でMonster Energyをもらうのを半ばお約束のように感じているTGS常連もいるのではなかろうか
[画像のクリックで拡大表示]

 商品の特性、ユーザーの年齢層など、エクストリームスポーツ同様、eスポーツとエナジードリンクの相性は高く、例年の東京ゲームショウでも、モンスターエナジーのブース出展はおなじみのものとなっている。メディアとインフルエンサーのみが参加できる限定的なものであるとはいえ、2年ぶりにオフライン会場が設けられた今回の会場でも、モンスターエナジーブースは健在だった。

会場内で配っていたモンスターエナジーは、『Apex Legends』のキャンペーン告知が缶の表面にプリントされた期間限定バージョン
会場内で配っていたモンスターエナジーは、『Apex Legends』のキャンペーン告知が缶の表面にプリントされた期間限定バージョン
[画像のクリックで拡大表示]

 モンスターエナジーは2021年10月1日~11月30日までの1カ月間に渡って、バトルロイヤル・ファーストパーソン・シューティングゲーム『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』とのコラボキャンペーンを展開。モンスターエナジーブースでは、来訪者にモンスターエナジー1本と、『Apex Legends』のステッカーを配布することで、キャンペーンの告知を行っていた。また、公式Twitterアカウントをフォローのうえ、指定のツイートをリツイートすることで、特製グッズが抽選で当たるキャンペーンも実施していた。

ブースでは、来場者限定キャンペーンを実施。モンスターエナジーのTwitterアカウントをフォローし、固定ツイートをリツイートするか、ブースの写真をメンション入リでつぶやくことで1日に1回、抽選への参加権がもらえた
ブースでは、来場者限定キャンペーンを実施。モンスターエナジーのTwitterアカウントをフォローし、固定ツイートをリツイートするか、ブースの写真をメンション入リでつぶやくことで1日に1回、抽選への参加権がもらえた
[画像のクリックで拡大表示]
ツイートしたことをスタッフに確認してもらったら、ガラガラを1回せる。右の板に貼り付けてあるネックストラップや缶バッヂは参加賞
ツイートしたことをスタッフに確認してもらったら、ガラガラを1回せる。右の板に貼り付けてあるネックストラップや缶バッヂは参加賞
[画像のクリックで拡大表示]
来場者限定キャンペーンで当たりが出れば、このロゴ入リTシャツをもらえた
来場者限定キャンペーンで当たりが出れば、このロゴ入リTシャツをもらえた
[画像のクリックで拡大表示]

 『Apex Legends』とのコラボキャンペーンは、モンスターエナジーを購入したときのレシートを登録することで、その購入本数に応じて、キャラクターや武器のスキン、ゲーム内アイテムがアンロックされていくというもの。会場内にはすべてのキャンペーンアイテムがアンロックされた状態で遊べる『Apex Legends』を起動したゲーミングPCが置かれていて、自由にプレーを楽しめるようになっていた。

ブース内にはキャンペーンで入手できるアイテムがすべてアンロックされた状態になっている『Apex Legends』の試遊台が
ブース内にはキャンペーンで入手できるアイテムがすべてアンロックされた状態になっている『Apex Legends』の試遊台が
[画像のクリックで拡大表示]
コラボキャンペーンではモンスターエナジーの購入本数に応じてオクタンやレイス、武器のスキン、ハイエネルギーバッジなどがアンロックされていく
コラボキャンペーンではモンスターエナジーの購入本数に応じてオクタンやレイス、武器のスキン、ハイエネルギーバッジなどがアンロックされていく
[画像のクリックで拡大表示]

 来場者が限定的であったため、ブースのスタッフ達には「配り足りない」と若干の不完全燃焼感が見られたような気がする。が、しかし、これに懲りず、来年以降もTGS会場の風物詩の立場を堅持してほしいものだ。

(写真/稲垣 宗彦)

関連リンク