MaaS2021:アフターワクチンの移動革命 第8回(写真)

世界で急速に普及が進む電動キックスケーターは、密を避けながら自由に移動できるwithコロナのモビリティとして注目されている。そんな中、2021年10月中をめどに、米国発で電動キックスケーターのシェアリングサービス世界最大手「Bird(バード)」が、東京都立川市に上陸することが分かった。「アフターワクチン時代」の移動をどう変えるのか。

東京都立川市の商業施設「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」で、Bird(バード)の最新モデルに試乗
東京都立川市の商業施設「GREEN SPRINGS(グリーンスプリングス)」で、Bird(バード)の最新モデルに試乗

 都市の新たな移動手段として脚光を浴びている電動キックスケーター。2017年後半に米国でシェアリングサービスが誕生すると、そのブームは瞬く間に世界中に拡大。最寄り駅やバス停から目的地までといった短距離移動、いわゆる「ラストワンマイル」の移動を担う新たなモビリティとして、世界各地で急速に普及が進んでいる。

前回(第7回)はこちら

 そんな電動キックスケーターのシェアリングサービスで世界をリードしてきたのが、「Bird(バード)」を手がける米Bird Rides(バードライズ)だ。現在では世界28カ国の300都市以上でサービスを展開する最大手。そのバードが21年10月、いよいよ日本に上陸する見込みだ。まずは、東京都の立川駅周辺で実証実験を開始する。

 立川では、まず4カ所のポート、30台程度の小規模からスタート。利用状況を見ながらエリアを拡大し、早ければ22年3月には立川市全域まで広げる考えだ。また、実証実験中の利用価格は、1分10円に設定。正式サービスでは、海外のバードの水準に合わせて、車両のロック解除に100円、その後は1分15円程度になる予定だ。

電動キックスケーター導入で地域経済が潤う

 「電動キックスケーターは『アフターワクチン時代』に、ますます重要な移動手段になる」と断言するのは、バードの国内展開を担うBRJ(東京・渋谷)代表取締役の宮内秀明氏。その根拠は、すでにサービス展開している海外での急速な成長にある。

 例えば米国市場では、2010年ごろにシェアサイクルサービスが登場し、約10年をかけて着実に成長してきた。ところが、17年後半から18年にかけて電動キックスケーターが登場すると、わずか2年でシェアサイクルの市場を追い越してしまった事実がある。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
10
この記事をいいね!する