MaaS2021:アフターワクチンの移動革命 第7回(写真)

「月5000円乗り放題」という異色のプランを打ち出したWILLER(ウィラー、大阪市)のオンデマンド乗り合い交通「mobi(モビ)」。サブスクリプションモデルは、利用者の移動を促進できるのか。メディア初公開のデータを基に検証する。

WILLERが始めた「mobi(モビ)」に東京・渋谷の東急プラザから乗り込む女性会員
WILLERが始めた「mobi(モビ)」に東京・渋谷の東急プラザから乗り込む女性会員
[画像のクリックで拡大表示]

 WILLERが2021年6月30日から京都府京丹後市で、7月1日から東京都渋谷区で始めた「mobi(モビ)」は、およそ2キロメートル圏内の“ラストワンマイル”を快適に移動できるオンデマンド乗り合い交通サービスだ。専用のmobiアプリから呼び出せば平均10分で車両が到着し、同じ方向に行く他の乗客をピックアップしながら、目的地近くのバーチャルストップ(仮想停留所)まで送り届けてくれる。

前回(第6回)はこちら

 mobiは個人の本会員が月額5000円(税込み)のサブスクリプションモデルだ(キャンペーンで当初14日間は無料、その後30日間は3000円)。同居家族6人までが家族会員として登録でき、1人追加で月500円。例えば、5人家族なら月7000円(1人当たり1400円)で、エリア内が乗り放題となる。

左画像はmobiアプリで確認できる渋谷エリアのマップ。「m」のフラグが立っているところがバーチャルストップ。右画像はmobiの車両を呼び出した際の画面。迎えの車両が近づいてくる様子が分かる
左画像はmobiアプリで確認できる渋谷エリアのマップ。「m」のフラグが立っているところがバーチャルストップ。右画像はmobiの車両を呼び出した際の画面。迎えの車両が近づいてくる様子が分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 京都府京丹後市と東京都渋谷区の一部エリアでサービスを始めてから、約3カ月。定額乗り放題の新コンセプトは、ユーザーの移動行動にどのような変化をもたらしたのか。具体的なデータを基に検証していく。

約4割が「マイカー利用の機会が減った」

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。