MaaS2021:アフターワクチンの移動革命 第6回(写真)

世界で10億ダウンロードを記録し、国内でも老若男女を問わず、いまだに根強い人気を誇る「ポケモンGO」。人々が“巣ごもり”から目覚めるアフターワクチン時代、「外出を促し、経済を動かす」仕掛けの代表格として期待がかかる。にわかに注目を集めている「メタバース(仮想空間)」では到底なし得ない、ポケモンGOはいかに現実世界を変えるのか。

「ポケモンGO」は、2016年7月のサービス開始から21年で5周年を迎えた ©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
「ポケモンGO」は、2016年7月のサービス開始から21年で5周年を迎えた ©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 2021年、にわかに注目を浴びている「メタバース」。インターネット上に仮想的につくられた、いわば現実を超えたもう一つの世界のことで、ユーザーは自分の代わりとなるアバターを操作し、他者との交流を図る。米フェイスブックCEO(最高経営責任者)のマーク・ザッカーバーグ氏は21年7月、今後5年以内に「『ソーシャルメディア企業』から『メタバース企業』へ移行する」と発言。国内でもグリーが子会社を通じて参入するなど、世界で企業の大型投資が相次ぎ、一種のブームとなっている。

前回(第5回)はこちら

 しかし、このメタバース一辺倒の風潮に真っ向から異議を唱える人物がいる。それが、米ナイアンティックCEOのジョン・ハンケ氏だ。ハンケ氏は同社のブログで、「メタバースはディストピアの悪夢です。より良い現実の構築に焦点を当てましょう」と呼び掛けている。

 そのうえで、社会が仮想世界に逃避しないように努力するとし、それを実現する方法がAR(拡張現実)のテクノロジーで現実に寄り添うことだとしている。つまり、同社は自宅で仮想世界に浸る人たちを「ソファから引き剥がし」、人々が外で歩き、周囲の人々や世界とつながるなど、現実をよりよくするためにこそテクノロジーは使われるべきだと考えているのだ。

 このナイアンティックの思想を形にしているのが、他でもない「ポケモンGO」である。ポケモンGOは、デジタル地図とARの技術を組み合わせ、トレーナー(プレーヤー)が外を歩き回り、スマートフォンの画面を通して路上に現れる様々なポケットモンスター(ポケモン)を捕獲するゲームだ。

ピカチュウの捕獲画面(画像左)。デジタル地図上に「ポケストップ」や「ジム」などが表示される(画像右) ©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ピカチュウの捕獲画面(画像左)。デジタル地図上に「ポケストップ」や「ジム」などが表示される(画像右) ©2021 Niantic, Inc. ©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.

 トレーナーが外に出る数多くのインセンティブを備えており、地図上の至る所に設置された「ポケストップ」へ実際に歩いて近づき、スマホ画面をスワイプすることでアイテムもゲットできる。また、地図上の「レイド」と呼ばれる場所に歩いて行き、他のトレーナーと一緒に強いポケモンとの戦いに参加したり、「ジム」に行って他のトレーナーのポケモンと戦ったりできる。

 だが、新型コロナウイルス感染症の脅威により、ポケモンGOは新しい課題に立ち向かうことになる。感染防止のため、人々が外出したり、集まったりすることを避ける必要が生じた。もともとのコンセプトである、外を歩き回ってポケモンを捕獲したり、戦ったりすることがしにくい状況が生まれたのだ。同社はどんな手を打ったのか。

コロナ禍で“巣ごもり”対応

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
29
この記事をいいね!する