プロバスケチームに学ぶデジタル戦略 第3回(写真)

B.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチーム・川崎ブレイブサンダース(川崎市)のデジタル戦略に迫る本特集。前回まではSNSマーケティングの成功の秘密について解説してきたが、今回は継続率90%超を誇るオンラインサロンの運用方法を深掘りする。

サンダースクラブハウスの画像
月額3000円(税込み)という攻めた価格設定だが、継続率は驚異の90%を誇る川崎ブレイブサンダースのオンラインサロン「THUNDERS’ CLUB HOUSE」

前回(第2回)はこちら

熱量の高いファンで構成されるオンラインサロン

 川崎ブレイブサンダース(以下、ブレイブサンダース)がオンラインサロンを開設したのは2020年7月。コロナ禍で選手とファンがリアルな場所でコミュニケーションを取り難くなったことを受け、立ち上げに踏み切った。Facebookのグループを通じ、基本的に毎日練習の風景や、オフでの選手同士の交流の様子などを投稿。それに加え、月に2回程度ライブ配信もしていた。21年7月には、コミュニティープラットフォーム「FANTS」に移行し、リニューアルした。

 月額料金は3000円(税込み)と比較的攻めた価格設定ながら会員数は300~400人もおり、継続率は90%を上回る。熱量の高いファンで構成されており、ホームの川崎市民はもちろん全国にサロンメンバーがいる。海外在住のメンバーもおり、一番遠いところではルクセンブルク在住の人もいたそうだ。

【特集】プロバスケチームに学ぶデジタル戦略
【第1回】 6つのSNSを駆使し、YouTube登録者数27倍に Bリーグチームの挑戦
【第2回】 TikTokで210万再生稼ぐ、DeNA川崎ブレイブサンダースのSNS戦略
【第3回】 選手の食事をファンが提案 継続率90%超、驚異のオンラインサロン ←今回はココ

 DeNA川崎ブレイブサンダース事業戦略マーケティング部 部長の藤掛直人氏によると、オンラインサロンの男女比は「8割程度が女性」。もともとB.LEAGUEのファンはほかのスポーツと比べて女性ファンが多いが、オンラインサロンはさらに女性が多い状況だという。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
3
この記事をいいね!する