プロバスケチームに学ぶデジタル戦略 第1回(写真)

今や企業の経営戦略や販売促進において欠かせない「SNSマーケティング」。顧客と継続的なコミュニケーションを取るのに効果的と分かってはいても、その運用や活用方法に悩んでいる企業も多いだろう。そんな中、プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」に所属する川崎ブレイブサンダース(川崎市)は、SNSを顧客の属性に合わせて使い分け、新規の顧客獲得や既存ファンの満足度を高めることに成功している。本特集では彼らのSNS・デジタルマーケティング戦略を読み解く。

川崎ブレイブサンダースは顧客のロイヤルティーに合わせてSNSを使い分け、成功している
川崎ブレイブサンダースは顧客のロイヤルティーに合わせてSNSを使い分け、成功している

 川崎ブレイブサンダースは、B.LEAGUE・B1リーグに所属するプロバスケットボールチームだ。2018年にディー・エヌ・エーが東芝から運営権を継承し、SNSやデジタルマーケティングを強化して以降、ホームゲームの平均来場者数は1.5倍まで伸び、コロナ前はホームアリーナのキャパシティーである5000人に迫る4700人ほどの動員数を記録し、リーグ2位となった。コロナ下では感染防止対策のためキャパの半分程度しか収容できなくなったが、それでも平均稼働率は90%を超えリーグ1位の実績を誇る。

【特集】プロバスケチームに学ぶデジタル戦略
【第1回】 6つのSNSを駆使し、YouTube登録者数27倍に Bリーグチームの挑戦 ←今回はココ
【第2回】 TikTokで210万再生稼ぐ、DeNA川崎ブレイブサンダースのSNS戦略

 そんな人気クラブの一つであるブレイブサンダースは、21年6月に開催された「B.LEAGUE AWARD SHOW 2020-21」でソーシャルメディア最優秀クラブを受賞した。受賞理由は、Twitter、Instagram、Facebook、YouTubeの「1年間のフォロワー伸び数」で評価されたという。現在のフォロワー・登録者数は、それぞれ7万1000人、4万3700人、9700人、8万8600人を誇る(21年9月27日時点)。

 ブレイブサンダースのSNSなどを活用したデジタルマーケティング戦略の特徴は、顧客のロイヤルティーや各SNSの特性に合わせて巧みに使い分けていることにある。特集第1回では、YouTubeを活用した戦略について見ていく。

川崎ブレイブサンダースのデジタル戦略
川崎ブレイブサンダースのデジタル戦略

 上表のように、ブレイブサンダースの分析ではYouTubeは、感情面のロイヤルティーが「低」、行動面のロイヤルティーも「低」のポジションに当たる。まだチームのことをよく知らない、新規顧客を獲得するためのツールとして活用している。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
5
この記事をいいね!する