スマートアートは、作図の面倒な作業を一手に引き受けてくれる頼もしい機能だ。例えば、「販路開拓」「技術提携」「人材確保」という3つの要素をリスト図にする手順を考えてみよう(図1)。図形を使って作成する場合は、四角形を描いて文字列を入力し、塗りつぶしの色や枠線のスタイルを変更し、それを複製して並べる、という一連の操作が必要になる。一方スマートアートで作成する場合は、ひな型を一覧から選んで文字列を入力し、配色をメニューから選ぶだけでよい。

※書籍『伝わるWord資料作成術』を再構成

 このように、目的の図に合うひな型さえ見つかれば、スマートアートのほうが効率良く作図できる。まずはシンプルなリスト図を例に、基本操作をマスターしよう。

ひな型に沿って内容を入力

 スマートアートのひな型は「SmartArtグラフィックの選択」ダイアログボックスに一覧表示されるので、用途に合うものを探そう。ここでは3つの要素をシンプルに配置したいので、項目を同じレベルで並べる「カード型リスト」を選んだ(図2)。挿入したひな型の左側に「テキストウィンドウ」が表示されたら、準備は完了だ(図3)。

 図の文字列は、項目ごとにテキストウインドウの行内に入力していく(図4)。または、図形内に直接入力してもよい。操作しやすいほうを選ぼう。項目の数は、テキストウインドウの行数で増減できる。ここでは2行削除して、項目を5つから3つに減らした。なお、図形と文字のサイズは項目数や文字数に応じて自動調整される。フォントも適宜変更しよう。ゴシック体にして、文字列を目立たせるのがお勧めだ(図5)。

 内容が固まったら、全体のサイズと配色を決めて図を仕上げる。作例ではまず右下隅のハンドルをドラッグして、3つの図形が横並びになるように図全体の高さと幅を調節した(図6)。配色は「色の変更」メニューから選択する(図7)。単色からカラフルな配色まで用意されているので、好みのものを選ぼう。フォーマルなビジネス文書なら、図形の枠線だけを表示するシンプルな配色もお薦めだ。

ひな型の選択から完成まであっという間
ひな型の選択から完成まであっという間
図1 スマートアートのひな型は、入力内容に合わせて自動調整されるので、図形を描いたり並べたりする手間は不要。配色などのスタイルも候補から選ぶだけで設定でき、見栄えの良い図があっという間に出来上がる
内容に合うひな型を一覧から選ぶ
内容に合うひな型を一覧から選ぶ
図2 図の挿入位置にカーソルを移動して、「挿入」タブの「SmartArt」をクリックする(1)〜(3)。表示される画面でひな型を選ぶ。ここでは「リスト」カテゴリーから「カード型リスト」を選んだ(4)(5)。ひな型をクリックすると右側にプレビューと説明が表示されるので、内容を確認して「OK」ボタンをクリックする(6)
図3 選択したひな型が挿入され、左側の「テキストウィンドウ」にカーソルが表示される。リボンには「SmartArtのデザイン」タブと「書式」タブが表示される。テキストウインドウが表示されないときは、「SmartArtのデザイン」タブやスマートアートの左側にある開閉ボタンをクリックする
図3 選択したひな型が挿入され、左側の「テキストウィンドウ」にカーソルが表示される。リボンには「SmartArtのデザイン」タブと「書式」タブが表示される。テキストウインドウが表示されないときは、「SmartArtのデザイン」タブやスマートアートの左側にある開閉ボタンをクリックする
文字列を入力してフォントを指定する
文字列を入力してフォントを指定する
図4 テキストウインドウの各項目に必要な文字列を入力する(1)。不要な項目(行)は削除しよう(2)。文字列はひな型の図形にも表示され、図形の数はテキストウインドウの項目数によって変化する。なお、テキストウインドウ内で「Enter」キーを押すと、同じレベルの項目が追加される
図5 フォントの初期設定は「游明朝」なので、ゴシック体に変更しよう。枠線部分をクリックして図全体を選択し、「ホーム」タブの「フォント」メニューからフォント(ここでは「HG創英角ゴシックUB」)を選ぶ(1)〜(3)。なお、テキストウインドウの文字列をすべて選択して操作してもよい
図5 フォントの初期設定は「游明朝」なので、ゴシック体に変更しよう。枠線部分をクリックして図全体を選択し、「ホーム」タブの「フォント」メニューからフォント(ここでは「HG創英角ゴシックUB」)を選ぶ(1)〜(3)。なお、テキストウインドウの文字列をすべて選択して操作してもよい
図全体のサイズを変更する
図全体のサイズを変更する
図6 図のサイズは、枠線部分のハンドルをドラッグして変更する。図全体のサイズに応じて図形のサイズと配置が変わるので、好みのレイアウトに調節しよう。ここでは右下隅のハンドルをドラッグし、3つの図形を横並びにした。文字サイズは図形に合わせて自動調整されるが、任意のサイズに変更しても構わない
図のイメージに合わせて配色を決める
図のイメージに合わせて配色を決める
図7 「SmartArtのデザイン」タブの「色の変更」メニューから、図の配色を選択する(1)〜(3)。ここでは「カラフル - アクセント5から6」を選んだ。これで3つの図形が別々の色になった(4)

【補足説明】ひな型の指定位置に画像を挿入する

 スマートアートのひな型には、画像入りのタイプもある。例えば、「リスト」カテゴリーにある「画像リスト」は、文字列の上に画像を表示するレイアウトになっている。画像の挿入位置にはアイコンが表示されるので、クリックして使用する画像を選択しよう(図8)。

 文字列に画像を添えると、図の内容を一気にイメージしやすくなる(図9)。画像の一部を抜粋して表示したい場合は、トリミングの操作をしよう。

図8 画像入りのひな型では、画像の挿入位置にアイコンが表示される。アイコンをクリックし、表示される画面で画像のカテゴリーを選ぶ(1)(2)。続いて表示される画面で、画像ファイルなどを選んで挿入する
図8 画像入りのひな型では、画像の挿入位置にアイコンが表示される。アイコンをクリックし、表示される画面で画像のカテゴリーを選ぶ(1)(2)。続いて表示される画面で、画像ファイルなどを選んで挿入する
図9 ここでは「ストック画像」の写真を挿入した。写真の一部分だけを使いたい場合は、トリミングの操作をしよう
図9 ここでは「ストック画像」の写真を挿入した。写真の一部分だけを使いたい場合は、トリミングの操作をしよう
この記事をいいね!する

『伝わるWord資料作成術』
(伊佐 恵子著、日経PC21編集、日経BP刊)

 ビジネス文書を作成するのが苦手と感じている人も多いのではないでしょうか。定石を知れば簡単に読み手を「なるほど!」と納得させる文書を作ることができます。本書では、読んだその日から使える“ひと手間で見違える”文書作成のツボを実例満載でご紹介します。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する