図形を使った作図はハードルが高そうに思えるが、コツをつかめば大丈夫。見やすい図にするポイントは、各パーツのサイズと位置を徹底的に揃えることだ(図1)。サイズや位置がバラバラだと、見るだけで疲れる図になってしまう。図形のサイズは、数値で簡単に揃えられる。また、ワードには、図形の位置をきれいに揃える配置機能も備わっている。ここでは流れ図の作成過程を例にして、具体的な操作を見ていこう。

※書籍『伝わるWord資料作成術』を再構成

 図形で独自のチャートを作るときは、完成形をイメージすることが大事だ。そのうえで必要なパーツを洗い出し、図形をどう組み合わせるかを考えよう。作例では、1つの手順を「四角形:上の2つの角を丸める」「四角形」「テキストボックス」の3つで構成する。なお、手順によって異なるアイコンは、後で挿入することにした。

 3つの図形は縦に並べるので、同じ幅に揃える(図2)。あとは図形を縦に並べて左右の中央で揃え、グループ化すればよい(図3)。この操作はすでに、囲み文字の作成で紹介した。作図の基本操作なので、しっかり覚えておこう。

 基本のパーツができたら、必要な数だけコピーする。オブジェクトは「Ctrl」+「D」キーで複製するのが簡単(図4)。作例では4つ複製し、各手順の文字列に書き換えた。グループ化をしていても、個々のオブジェクトは選択して編集できる。

 続いて、5つの基本パーツと間の三角形を等間隔に並べる。横に並べる場合は左端と右端の位置をきっちり決め、中間は大まか並べておく(図5)。全パーツは、まず「上下中央揃え」で上下の中央で揃え、さらに「左右に整列」で等間隔に並べる(図6)。位置が決まったら、そのまま全体をグループ化しよう。

サイズや位置を揃えると見やすい図になる
サイズや位置を揃えると見やすい図になる
図1 複数のパーツで図を作るときは、各パーツのサイズと位置を揃えると見やすくなる。サイズは数値で、位置は配置機能を使って手早く整えよう
3つの図形を組み合わせて1つのパーツにする
3つの図形を組み合わせて1つのパーツにする
図2 この例では、1つの手順を表示する基本パーツを3つの図形で作成する。図形は縦に並べるので、幅を揃えよう。数値は「図形の書式」タブの「図形の幅」欄で指定する(1)〜(3)
図3 3つの図形はまず、ドラッグで縦に隙間なく並べる(1)。続いて3つを同時に選択し、「左右中央揃え」にする(2)。そのままグループ化すれば基本パーツが出来上がる(3)
図3 3つの図形はまず、ドラッグで縦に隙間なく並べる(1)。続いて3つを同時に選択し、「左右中央揃え」にする(2)。そのままグループ化すれば基本パーツが出来上がる(3)
オブジェクトは「Ctrl」+「D」キーで複製できる
オブジェクトは「Ctrl」+「D」キーで複製できる
図4 図形などのオブジェクトは、「Ctrl」+「D」キーで簡単に複製できる(1)(2)。コピーして貼り付けるより簡単なので覚えておこう。ここでは4つ複製して、文字列をほかの手順のものに書き換える
左端と右端の位置を決めてパーツを大まかに並べる
左端と右端の位置を決めてパーツを大まかに並べる
図5 パーツを横に並べるときは、まず全体の左端と右端の位置を決め、中間のパーツは順番に従って大まかに配置する。ここでは5つの基本パーツと、その間に4つの三角形を配置した
上下中央に揃えて等間隔に並べる
上下中央に揃えて等間隔に並べる
図6 配置するパーツ(5つの基本パーツと4つの三角形)をすべて選択する(1)。「図形の書式」タブの「配置」メニューから「上下中央揃え」を選択(2)〜(4)。9つのパーツが上下の中央で揃う(5)。続けて「配置」メニューから「左右に整列」を選択(6)(7)。これでパーツが等間隔の横並びになる(8)。最後に全体をグループ化する(9)

【補足説明】白色のオブジェクトは図の装飾に便利

 図形を使うとパズル感覚で作図ができるので、いろいろな組み合わせを考えるのも楽しい。複数のパーツはきっちり揃えるのが基本だが、ときにはわざとバランスを崩してみるなど、遊び心をプラスするのも面白い。

 オブジェクトを白色にして重ねると、思わぬ効果が得られる場合もある。イベント案内のタイトル部分をビジュアル化する例では、太めの点線を長方形の端に重ねることで、凹凸の表現ができた(図7、図8)。なお、線の種類は「図形の書式」タブにある「図形の枠線」メニューの「実線/点線」サブメニューで指定する。

図7 長方形の上に各要素を配置して、イベント案内のタイトル部分をデザインする
図7 長方形の上に各要素を配置して、イベント案内のタイトル部分をデザインする
図8 点線を長方形の端に重ねて白色に変えると、長方形の端に凹凸ができる(1)(2)。文字やアイコンも白色にして重ねる(3)。一部の文字色を変えるのも効果的だ
図8 点線を長方形の端に重ねて白色に変えると、長方形の端に凹凸ができる(1)(2)。文字やアイコンも白色にして重ねる(3)。一部の文字色を変えるのも効果的だ
3
この記事をいいね!する

『伝わるWord資料作成術』
(伊佐 恵子著、日経PC21編集、日経BP刊)

 ビジネス文書を作成するのが苦手と感じている人も多いのではないでしょうか。定石を知れば簡単に読み手を「なるほど!」と納得させる文書を作ることができます。本書では、読んだその日から使える“ひと手間で見違える”文書作成のツボを実例満載でご紹介します。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する