色の組み合わせに迷ったときは、色合いの変化をリング状にした「色相環」も参考になる(図1)。文書を同系色でシンプルにまとめたい場合は、位置の近い色を組み合わせる。逆に、色の違いで強弱を付けたい場合は、向かい合う位置にある「補色」を選ぶとよい(図2)。

※書籍『伝わるWord資料作成術』を再構成

 ただし、文書内で「補色」の組み合わせを多用すると、落ち着きのない印象になる。また、強調の効果も薄れてしまうので気を付けよう。

色相環
色相環
図1 色相環は「赤→橙→黄→緑→青→紫」のような色合いの変化をリング状に並べたもの。日本色彩研究所が作成した「PCCS色相環」がよく使われている。色相環の中で、対角に位置する色を「補色」という。色相の差が大きいため、組み合わせるとお互いを目立たせることができる
補色を設定するとコントラストが付く
補色を設定するとコントラストが付く
図2 何かを強調する場合や、違いをはっきりさせたいときは、補色を参考に色を設定するとよい。同系色では目立たない差が、補色なら明確になる
10
この記事をいいね!する

『伝わるWord資料作成術』
(伊佐 恵子著、日経PC21編集、日経BP刊)

 ビジネス文書を作成するのが苦手と感じている人も多いのではないでしょうか。定石を知れば簡単に読み手を「なるほど!」と納得させる文書を作ることができます。本書では、読んだその日から使える“ひと手間で見違える”文書作成のツボを実例満載でご紹介します。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する