文字やイラストなどに背景色を付けると、色の面積が増えてインパクトが強くなる(図1)。タイトルを強調したり、表の見出し行をデータ行と区別したり、囲み記事や図の範囲を示したりと、背景色の使いどころは多い。文字やイラストなどの要素を白色にして背景色を付ける「白抜き」の手法も、要素をより際立たせる効果がある。

※書籍『伝わるWord資料作成術』を再構成

明るさの近い色はNG、微調整でより見やすく

 背景色を付けるときに大事なのは、要素の色とのコントラストだ。色選びを間違えると、文字などが途端に見づらくなる(図2)。特に、明るさが近い色を組み合わせると要素が目立たず、文書全体の印象も悪くなるので注意しよう。

 色の明るさに差を付けると、同系色でもコントラストが強くなり、要素がくっきりと浮かび上がる(図3左)。面積が広いほど色を感じやすいので、文字には太めのフォントを使おう。細いフォントや小さい文字で表示する場合は、太い文字よりもやや濃い色にすると読みやすい(図3中)。イラストの色を背景色よりもやや濃くするなど、色に微妙な変化を付けると、より立体的な表現になる。シンプルに表現したい場合は、すっきりした白抜きがお勧めだ(図3右)。

 なお、背景色を付ける方法には、段落の網かけ、テキストボックス、図形などがある。状況に応じて使い分けよう。

文字やイラストに背景色を付ける
文字やイラストに背景色を付ける
図1 文字やイラストに背景色を付けると色の存在感が増し、イメージも伝わりやすくなる。色の組み合わせによって読みやすさや印象が異なるので、使う色は慎重に選ぼう
色の組み合わせ次第で読みやすさが変わる
色の組み合わせ次第で読みやすさが変わる
図2 色の相性が悪かったり、明るさが近かったりするとコントラストが付きにくい。また白と黒の組み合わせは逆にコントラストが強すぎる
図3 色の明るさに差を付けると、適度なコントラストになる。小さい文字はタイトルより濃い色、イラストは背景色より濃い色にするなど、各要素がさりげなく際立つ工夫をしよう
図3 色の明るさに差を付けると、適度なコントラストになる。小さい文字はタイトルより濃い色、イラストは背景色より濃い色にするなど、各要素がさりげなく際立つ工夫をしよう
1
この記事をいいね!する

『伝わるWord資料作成術』
(伊佐 恵子著、日経PC21編集、日経BP刊)

 ビジネス文書を作成するのが苦手と感じている人も多いのではないでしょうか。定石を知れば簡単に読み手を「なるほど!」と納得させる文書を作ることができます。本書では、読んだその日から使える“ひと手間で見違える”文書作成のツボを実例満載でご紹介します。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する