色の設定で頭に入れておきたいのは、モニター画面と印刷の色は違う、ということだ。実際、印刷した文書の色がイメージ通りではなく、がっかりすることはよくある。これは、色を表現する方法「カラーモード」が、モニターと印刷で異なるため(図1)。

※書籍『伝わるWord資料作成術』を再構成

 カラーモードには、赤(R)、緑(G)、青(B)を混ぜ合わせる「RGB」と、シアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)を混ぜ合わせる「CMYK」があり、モニターにはRGB、印刷にはCMYKが使われている。RGBとCMYKを比べると、CMYKのほうが色の表現領域が狭い。そのため、CMYKでモニターの色をそのまま再現するのは難しく、印刷物はどうしても少しくすんだ色になってしまう(図2)。また、印刷にはインクを使うので、理論上は表現可能な色が再現できない場合もある。

 モニターと印刷の色をなるべく近づけるには、文書のカラーモードをCMYKに変換する方法がある。ただ、ワードの色はRGBで設定する仕様になっていて、CMYKには変換できない。文書内の色は、印刷でくすむのを見越して設定しよう。思い通りの色に印刷されないときは、明度や彩度を調整して、イメージに近づける手もある。

 なお、印刷の色はプリンターの機種、用紙の種類、印刷品質の設定などにも左右される。使用するプリンターの性能やクセを把握しておくことも大切だ。

モニターはRGBカラー、印刷はCMYKカラー
モニターはRGBカラー、印刷はCMYKカラー
図1 カラーモードには「RGB」と「CMYK」があり、モニター上の色はRGB、印刷の色はCMYKで表示される。RGBの3色は「光の三原色」、CMYの3色は「色の三原色」といわれ、色の表現方法が異なる。RGBは色を混ぜ合わせるたびに明るくなって白に近づくことから「加法混色」と呼ばれる。一方、CMYKは色を混ぜ合わせるたびに暗くなって黒に近づくことから「減法混色」と呼ばれる
[画像のクリックで拡大表示]
印刷物はモニターよりもくすんだ色になる
印刷物はモニターよりもくすんだ色になる
図2 パンフレットをモニターで見たときと、印刷したときの比較。印刷物は色がくすみ、色によっては明るくなりすぎる場合もある。気になるときは、明るさを落とすなど可能な調整を加えてみよう
[画像のクリックで拡大表示]