文書の配色も、全体の雰囲気を決める要素。色の感じ方は人それぞれだが、一般的なイメージはある(図1)。配色を決めるときは、このイメージを念頭に置こう。文書をどんなふうに見せたいかを考えれば、使うべき色の候補はおのずと絞り込める。

※書籍『伝わるWord資料作成術』を再構成

配色に迷ったら優等生の「青」を基調にする

 ここではレポートの表紙を例に、配色によるイメージの違いを見てみよう(図2)。4つの配色を比べると、青を基調にした左上の文書が最も落ち着いて見える。青は万人に受け入れられる優等生的な色なので、ビジネス文書では無難だ。文書内で使う、色の組み合わせも大事。ワードでは、文書内で使う色のパターンを一括で切り替えることもできる。

色が持つイメージを利用する
色が持つイメージを利用する
図1 色は「暖色」「寒色」「中性色」「無彩色」に大別され、それぞれにイメージが異なる。文書のデザインにも、このイメージをうまく利用しよう
配色によって文書のイメージは変わる
配色によって文書のイメージは変わる
図2 同じ文書でも違う配色を比較すると、受ける印象はかなり異なる。特に、表紙など広い面に使う色は吟味して決めよう
6
この記事をいいね!する

『伝わるWord資料作成術』
(伊佐 恵子著、日経PC21編集、日経BP刊)

 ビジネス文書を作成するのが苦手と感じている人も多いのではないでしょうか。定石を知れば簡単に読み手を「なるほど!」と納得させる文書を作ることができます。本書では、読んだその日から使える“ひと手間で見違える”文書作成のツボを実例満載でご紹介します。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する