フォントは、画面表示や印刷に使う書体デザインのこと。文章の読みやすさを決めるだけでなく、文書の雰囲気を担う要素でもある。ワードには数多くのフォントが用意されているので、それぞれの特徴を覚えて上手に使い分けよう。文書の内容とフォントのイメージがうまく合うと、作り手の意図が伝わって説得力も増す。

※書籍『伝わるWord資料作成術』を再構成

 フォントの書体デザインは「明朝体」と「ゴシック体」の2つに大別され、形の特徴とイメージが異なる(図1)。明朝体は強弱のあるデザインで読みやすく、本文などの長文に向く。一方、ゴシック体は太さが均一なデザインで目に付きやすく、タイトルや見出しなどの短文に向いている。

 同じ明朝体の書体デザインでも、フォントにはさまざまな種類があり、さらに太さ違いなどのバリエーションに分かれている場合もある(図2、図3)。本文には線の細い「游ゴシックLight」、見出しには「游ゴシックMedium」のように、同じフォントを太さ違いで使い分けるのも効果的だ。このほか、文字幅の異なるバリエーションが用意されているフォントもある。状況に合わせて使い分けよう。

本文は読みやすさを優先、見出しに「游ゴシックLight」は使わない

 一般的なビジネス文書では、本文を明朝体、タイトルや見出しをゴシック体で表示するのが基本(図4、図5)。ただ、最近はさまざまなフォントが開発されていて、一概には言えない状況だ。本文と見出しのフォントを決めるときは、線の太さも1つの目安にしよう。本文に細いゴシック体を使うと、文書はよりカジュアルな雰囲気になる。タイトルを太めの明朝体にして、柔らかさを演出するのもよい。

 見出しフォントと本文フォントの相性も大事(図6)。タイトルや見出しに線の太いフォントを使うときは、本文もゴシック体にするとバランスが良い。ただし、「MSゴシック」のような本文向きでないフォントの使用は控えよう。

「明朝体」と「ゴシック体」の特徴
「明朝体」と「ゴシック体」の特徴
図1 ワードの標準として使われる游フォントを例に、明朝体とゴシック体の特徴を比較する。明朝体は縦線より横線が細く、線の端に「ウロコ」がある。ゴシック体は縦線と横線の太さが均一で、線の端は直線的な形状が多い。イメージも明朝体はフォーマル、ゴシック体はカジュアルと対照的だ
複数のフォントとそのバリエーションがある
複数のフォントとそのバリエーションがある
図2 ワードには複数のフォントが用意されていて、標準機能として使用できる。それぞれのフォントには、線の太さ(ウエイト)などが異なるバリエーションが用意されている場合もある
同じフォントのバリエーション 【線の太さが異なる】
同じフォントのバリエーション 【線の太さが異なる】
図3 游フォントには、明朝体とゴシック体それぞれに太さ違いのバリエーションがある。「游ゴシックLight」や「游ゴシック」は、一般的なゴシック体に比べると線が細く、長文にも使えるフォントだ
本文の基本は明朝体、線の細いゴシック体も読みやすい
本文の基本は明朝体、線の細いゴシック体も読みやすい
図4 複数行にわたる長い文章には、「游明朝」のような明朝体が適している。ただし、ゴシック体でも「游ゴシックLight」のように線が細いフォントは本文向きだ。「HG丸ゴシックM-PRO」は親しみやすいが、線がやや太めなので読みやすさはいまひとつ。「ポップ体」のように線の太いフォントは本文には不向きだ
見出しの基本はゴシック体、タイトルは線の太い明朝体も〇
見出しの基本はゴシック体、タイトルは線の太い明朝体も〇
図5 タイトルや見出しには、目に付きやすいゴシック体が適している。ただし、標準フォントの「游ゴシックLight」は線が細すぎる。「游ゴシックMedium」や「HGS創英角ゴシックUB」などを利用しよう。タイトルは、「HGS明朝B」のような線の太い明朝体でもよい
見出しフォントと本文フォントの相性を考える
見出しフォントと本文フォントの相性を考える
図6 文書内で複数のフォントを使うときは、フォント同士の相性もよく考える。タイトルと見出しを「HGS創英角ゴシックUB」などの太いフォントにしたときは、本文を「游ゴシック」などの細めのゴシック体にすると、全体のデザインに統一感が出る
4
この記事をいいね!する

『伝わるWord資料作成術』
(伊佐 恵子著、日経PC21編集、日経BP刊)

 ビジネス文書を作成するのが苦手と感じている人も多いのではないでしょうか。定石を知れば簡単に読み手を「なるほど!」と納得させる文書を作ることができます。本書では、読んだその日から使える“ひと手間で見違える”文書作成のツボを実例満載でご紹介します。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する