スターバックスの「挑戦」 第7回(写真)

スターバックス コーヒー ジャパンがティー(茶類)メインの店舗を出店。通常店と異なるのは、パートナー(従業員)がバーテンダーのようにシェーカーを振って作るところ。森井久恵CMOは「スターバックスの売りは、お客様の目の前で完成させるクリエイション。特別なおいしさやサプライズを感じてもらいたい」という。

 「グリーンティー」をコンセプトにした華やかな雰囲気の内装でコーヒーの香りも感じないのに、居心地はまぎれもなくスターバックス。そんな店舗が東京・吉祥寺にオープンした。

前回(第6回)はこちら

 2021年9月、 スターバックス コーヒー キラリナ京王吉祥寺店がリニューアルし、ティー(茶類)をメインにした店舗に生まれ変わった。同社のティーブランド「ティバーナ」の限定メニューと通常のコーヒー商品を同時に展開する店舗は、20年にオープンした六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ店に続いて2つ目となる。

スターバックスのキラリナ京王吉祥寺店がリニューアルし、ティー(茶類)をメインにした店舗に。「グリーンティー」をコンセプトにした華やかな雰囲気
スターバックス コーヒー キラリナ京王吉祥寺店がリニューアルし、ティー(茶類)をメインにした店舗に。「グリーンティー」をコンセプトにした華やかな雰囲気
[画像のクリックで拡大表示]

 ティバーナはもともと北米を中心に展開していたティー専門店。12年に米スターバックスが買収し、13年に同社のティーブランドとして展開を始めた。「日本では16年に展開をスタートしたティバーナは、当初は既存店のラインアップの1つとして提供するのが目的で、専門店を展開する戦略はなかった」というのは、スターバックス コーヒー ジャパンの森井久恵CMO(最高マーケティング責任者)。

スターバックス コーヒー ジャパンの森井久恵CMO(最高マーケティング責任者)
スターバックス コーヒー ジャパンの森井久恵CMO(最高マーケティング責任者)(撮影/的野弘路)
[画像のクリックで拡大表示]

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。