スターバックスの「挑戦」 第4回(写真)

1500万人超とつながるスターバックス コーヒー ジャパンのSNS。店頭だけでなく、デジタル上でもファンとの交流が生まれている。そんな中、2021年8月に満を持して開設したのが新しいオウンドメディア「Starbucks Stories Japan(スターバックス ストーリーズ ジャパン)」だ。SNSに加え、深く伝えるメディアをいかに組み合わせているのか、新たなファンとのつながり方を追った。

スターバックス コーヒー ジャパンは、2021年8月に「Starbucks Stories Japan(スターバックス ストーリーズ ジャパン)」と呼ぶ新オウンドメディアを開設した。なぜ今、オウンドメディアなのか
スターバックス コーヒー ジャパンは、2021年8月に「Starbucks Stories Japan(スターバックス ストーリーズ ジャパン)」と呼ぶ新オウンドメディアを開設した。なぜ今、オウンドメディアなのか

前回(第3回)はこちら

 テレビCMや大規模なマス広告に頼らない。スターバックスのマーケティング戦略は日本上陸以来、25年間変わっていない。パートナーと呼ぶ従業員を中心としたリアルな接点をコアにしながら、様々なデジタルツールを用い、直接ファンや消費者とつながる方法を模索し続けている。

 ウェブサイトやメールといった“オールド”なメディアに加え、自社アプリを活用。さらに、Twitter、Facebook、Instagram、LINEといったコミュニケーションツールもフルに使い倒す。Twitterは500万人のフォロワーを抱え、Instagramの300万人、Facebookの120万人、さらにLINEまで加えると、何と1500万人以上の規模のSNSによるタッチポイントを有する。そんなデジタル巧者ともいえるスターバックスが21年8月2日、満を持してオープンしたのが新機軸のオウンドメディアだ。その名は「スターバックス ストーリーズ ジャパン」。日本上陸25周年を迎えたことを記念して開設された。

【特集】スターバックスの「挑戦」

コミュニケーションツールは「4象限」で考える

 新設したオウンドメディアを詳説する前に、まずはそれぞれのメディアやSNSの位置づけに注目したい。下の図は、それぞれのコミュニケーションツールの役割について、横軸に「ブランド or ビジネス」、縦軸に「ストック/プル or フロー/プッシュ」を取って4象限で示したものだ。

デジタルコミュニケーションツールの位置づけと役割
デジタルコミュニケーションツールの位置づけと役割
スターバックスが活用するデジタルのコミュニケーションツールの位置づけを図示。取材を基に編集部で作成

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
41
この記事をいいね!する