インクルーシブデザインとは、障がい者など制約のある人々の不便やニーズをイノベーションにつなげるためのデザイン手法。デザイン思考と組み合わせて活用する。前回まででヤマ場となる「問題定義」までのステップが終了。今回は「アイデア」のステップを活性化するためのポイントについて、インクルーシブデザイン・ソリューションズ(IDS、東京・江東)社長の井坂智博氏が同社で行っているワークショップの経験から紹介する。

IDSのワークショップでアイデアを披露する参加者
IDSのワークショップでアイデアを披露する参加者

アイデアは「発散」のステップ

 ここまでの連載を参考に「問題定義」はうまくできたでしょうか? うまくいった方は、「この社会課題を解決するぞ」と意気込んでいると思います。一方、うまくいかなった方は、もう一度感情マップに戻って、やり直してみてください。デザイン思考は進んだり後ろに戻ったり、繰り返したりして進めていくことが大切です。

 今回は問題定義の次のステップである「アイデア」に移ります。日本でデザイン思考が機能しないのは問題定義を飛ばして、「共感」からアイデアに直行してしまうことが原因だと強調してきました。実はアイデアにも落とし穴があります。それはアイデアが発散のステップであることを忘れてしまうことです。デザイン思考では、アイデアを会議メンバーの中で発散させ、プロトタイプを開発する過程で収束させていくのがセオリーです。ところが、企業は早い段階での結果を求めます。そのため、アイデアを出しているつもりでも「プロトタイプ」に進んでしまっていることがあるのです。これではデザイン思考が持つ“クリエティブ”な側面が失われてしまいます。

デザイン思考の5つのステップの中で、アイデアは発散のステップ。アイデアの幅が大きいほど、プロトタイプに向かって一気に収束する
デザイン思考の5つのステップの中で、アイデアは発散のステップ。アイデアの幅が大きいほど、プロトタイプに向かって一気に収束する

 十分にアイデアを発散させないと、収束した結果が「スマホのアプリ」など既視感のあるものになったりします。このようにして多くの日本企業は、誰かがすでに開発している商品・サービスに類似した商品・サービスをどんどん送り込んでいるのです。これでは持続的な事業は生まれません。そこで会議メンバーに幅広いアイデアを出してもらうためのファシリテーション(会議を円滑に進める技術)を、IDSが実施しているワークショップを例に紹介します。アイデア出しなどの会議は、各社さまざまな形式で行われていると思います。ここで紹介するポイントを全部とは言いませんので、少しでも取り入れてみてください。これまでになかった新鮮な“会議体験”になるのではないでしょうか。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
9
この記事をいいね!する

日経ビジネス課長塾オンデマンドより
本連載の著者である井坂智博氏は、課長塾および課長塾オンデマンドの講師として活躍中です。課長塾オンデマンドでは、次世代リーダーが身に着けるべきスキルとしてデザインシンキング(思考)を解説しています。
課長塾オンデマンドの概要はこちら

[画像のクリックで別ページへ]