2021年9月3日発売の「日経トレンディ2021年10月号」では、新興小売りチェーンを特集している。ワークマンでビジネス系のジャケットが好調だ。目玉といえるのが「Wind Coreヒータースーツジャケット」。バッテリー式の電熱ヒーターをスーツの中に備え、体を温める。服以外では、「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」がアウトドア用として人気を集めそうだ。

※日経トレンディ2021年10月号の記事を再構成

「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」(左)と「Wind Coreヒータースーツジャケット」(右)
「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」(左)と「Wind Coreヒータースーツジャケット」(右)

前回(第15回)はこちら

 ワークマンから世界初をうたう商品が発売される。ビジネス系の商品が好調でアイテムの拡充が進む中、目玉といえる「Wind Coreヒータースーツジャケット」(税込み4900円、以下同)だ。

【特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第1回】業スー、カインズ、ワークマンはなぜ人気? 見えた3つの共通点
【第2回】安さと品ぞろえで業務スーパーが一般に浸透 DX戦略に死角なし
【第3回】業スーの名物・鶏もも肉 味や調理のしやすさをプロがチェック
【第4回】「1キロポテサラ」に「生フランク」 業スー人気総菜の実力評価
【第5回】業スーファンの支持が熱い5商品を実食 台湾発「薄焼き餅」とは
【第6回】業スーのスイーツは独自商品が充実 人気の秘訣はリメークにあり
【第7回】読者と達人が薦める 業務スーパーヒット商品総選挙2021
【第8回】カインズの売れ筋PBを検証 料理のプロも薦める高コスパ商品も
【第9回】カインズのプロ仕様洗剤が人気 掃除のプロと7商品をチェック
【第10回】収納整理の達人に聞く カインズ定番「Skitto」の空間整理術
【第11回】カインズと人気ブランド徹底比較 1280円シュラフはお買い得
【第12回】ペット用品はカインズの成長分野 売り上げランキングを大公開
【第13回】カインズの激安工具は買いなのか? DIYアドバイザーが徹底検証
【第14回】激安&高機能を実現したワークマン 躍進の歴史を年表で振り返る
【第15回】ワークマンヒット予測2021年下半期 全部盛りのダウンが完売必至
 >>続きはこちらから
「日経トレンディ 2021年10月号」の購入はこちら(Amazon)

 何とバッテリー式の電熱ヒーターをスーツの中に備え、首元と腰の2カ所から体を温める。電熱ヒーターを通して熱を体に伝える「Wind Core ヒーターベスト」の仕組みをスーツに取り込んだ格好だ。同商品は2019年に発売され、「着るコタツ」として大きな話題を呼んだものだ。製品開発部CDO(チーフデザインオフィサー)の中野登仁氏は、「『スーツ見え』することを意識して、外側に付けている電熱系のスイッチをあえて内側にするなど、構造を工夫した」と言う。熱の温度は調節可能。ハーフバッテリーだと約3時間の充電で、最大出力の8ボルトでは約4時間半連続で稼働する。

ヒット予測1 ジャケット

“世界初”のヒータージャケット衣類が背後から直接体を温める
Wind Coreヒータースーツジャケット

世界初というスーツ型ヒータージャケット。袖口の調節ボタンを閉じ、冷気の侵入も防げる。ストレッチ性やはっ水加工も備え、屋外でもシーンを選ばず使える
世界初というスーツ型ヒータージャケット。袖口の調節ボタンを閉じ、冷気の侵入も防げる。ストレッチ性やはっ水加工も備え、屋外でもシーンを選ばず使える
服の中に電熱ヒーターがある
服の中に電熱ヒーターがある
2カ所に電熱シートがある。中野氏は、「裏に電熱線を入れるとしわが出たり、型崩れのもとになったりするが、構造を工夫した」と言う
バッテリーはハーフサイズがベター
バッテリーはハーフサイズがベター
バッテリーは別売り。ハーフサイズのバッテリー(4900円)の方が重みでシルエットが偏らない

 実際、極寒の中で耐えられるほど温かいのか。試すために、恒温恒湿室でマイナス10度の環境下をつくり、ヒータースーツジャケットを着てみた。事前に電源を入れ、着用してから恒温恒湿室に5分間入り、入る前と後の温度をサーモグラフィーで測った。すると腕回りなど熱源の無い部分は下がったが、背中回りはほぼ一定の温度に保たれることが分かった。

 デザインについては、メンズファッションに詳しい池田保行氏が、「価格の割にはよくできているが、ポケットの縫い方など細かい作りには粗さが見られる部分もある」とやや辛口だった。

 葬儀関係者など、仕事の関係で冬場でもコートを着込めないシーンがあるという人も少なくない。作業着としても使える秋冬向けのワークジャケット「SOLOTEX使用リバーシブルジャケット」(2900円)とは別のニーズを取り込み、ワークマンをビジネスシーンで利用する人の裾野が広がりそうだ。

【検証結果】マイナス10度の環境下でも肩回りは温かく保つ

マイナス10度の恒温恒湿室に5分間入った際のサーモグラフィーの画像。肩回りは高い温度が保たれた
マイナス10度の恒温恒湿室に5分間入った際のサーモグラフィーの画像。肩回りは高い温度が保たれた
池田氏は、「上襟が平面的なので首筋にフィットしづらく襟が抜けて見えたり、着丈が長めでシルエットがややダボついて見えたりする点は残念」と指摘
池田氏は、「上襟が平面的なので首筋にフィットしづらく襟が抜けて見えたり、着丈が長めでシルエットがややダボついて見えたりする点は残念」と指摘

アウトドア仕様を深めたバッグも登場

 服以外にもブレイク候補がある。21年発売のバックパック「ジョイントバックパック ハイカーズエディション」(4900円)はその筆頭だ。

 もともと、ワークマンでは作業用の大型バッグに根強い人気があった。そして5年前からは一般向けのニーズが高まり、雨の日の作業用だった「防水バッグシリーズ」や超軽量はっ水リュックが人気を集めてきた。新商品のジョイントバックパック ハイカーズエディションは41リットルの大容量で、公式アンバサダーのソロキャンパーが開発協力をするなどデザインも進化。アウトドア専用バックパックとして人気を集めそうだ。

 細かい部分も気が利いており、バッグ部分はフルオープンで、荷物を目いっぱい詰めても目当ての物が取り出しやすい。最近は撮影した画像をその場で編集するためハイキングに持参する人が多いという、ノートパソコンを入れるのに適したポケットもある。

 アウトドアギアに詳しいモデルの山下晃和氏は、「容量はデイハイクなら十分で、その割にバッグ自体が軽い。肩と腰回りの2カ所で固定できるベルトが付いているのも本格的で、着用感が良い」と言う。

ヒット予測2 バックパック

キャンプ、デイハイクで大活躍 大容量で軽量、ノートPCも入る
ジョイントバックパック ハイカーズエディション

荷物が出し入れしやすいフルオープンタイプ
荷物が出し入れしやすいフルオープンタイプ

 メイン気室がフルオープンタイプになっているバックパック。ウエストベルトにファスナー付きポケットがあるなど、小物の収納力も高い。はっ水性もあり、急な雨にも対応。

【検証結果】小物の収納力も優れる

胸と腰の2カ所で固定でき、着用感は安定する。サイドポケットも多く、荷物へのアクセスが良い
胸と腰の2カ所で固定でき、着用感は安定する。サイドポケットも多く、荷物へのアクセスが良い

形状が異なるバッグはビジネス向きも

 ビジネス利用ニーズの取り込みも狙う。ハイカーズエディションと容量やバッグの上部の形状などが異なる「ジョイントバックパック スタンダードエディション」(3900円)では、ハイカーズエディションと同じブラウン・カーキのカラーバリエーション2色に素材が異なるブラックが追加されている。形状は他の2色と一緒だが、合皮生地でタウンユースにも向くデザインになっている。自転車などでの通勤時にも重宝しそうだ。

ジョイントバックパック スタンダードエディション

バッグの外側に大小4つのファスナーポケットを備えるバックパック
バッグの外側に大小4つのファスナーポケットを備えるバックパック
バッグ上部はロールトップタイプ
バッグ上部はロールトップタイプ
ブラックは、形状は同様だが合皮生地で、ビジネスシーンにも向く見た目に
ブラックは、形状は同様だが合皮生地で、ビジネスシーンにも向く見た目に

(写真/文田信基=fort、安田有=fort、古立康三)

7
この記事をいいね!する

日経トレンディ11月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年11月号
【巻頭特集1】クレジットカード 最強の2枚
【巻頭特集2】フィンテック最前線!
【第2特集】未来をつくる スタートアップ大賞2021
【ヒット商品連載】日産自動車「ノート オーラ」他
発行・発売日:2021年10月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する