2021年9月3日発売の「日経トレンディ2021年10月号」では、「新興小売りチェーン」を特集。ワークマンの秋冬商品で注目のジャンルがダウンジャケット。その目玉というべき商品が21年9月に発売された「FLAME-TECH モンスターパーカー」だ。洗えるうえに火花に強い“全部盛り”だが、価格は4900円(税込み)と格安。値段以上の実力があるか、マイナス15度の部屋で試した。

※日経トレンディ2021年10月号の記事を再構成

前回(第14回)はこちら

 2021年はワークマンにとってさらなる飛躍の年になりそうだ。これまでは、価格勝負といった面も強かったが、「ここでしか買えない」商品が秋冬からズラリと並ぶ。ワークマンのヒット商品を進化させた新アイテムが続々と開発されているのだ。アウトドア、スポーツ、ビジネスなど用途を明確にした製品が増えたのも特徴だ。

【特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第1回】業スー、カインズ、ワークマンはなぜ人気? 見えた3つの共通点
【第2回】安さと品ぞろえで業務スーパーが一般に浸透 DX戦略に死角なし
【第3回】業スーの名物・鶏もも肉 味や調理のしやすさをプロがチェック
【第4回】「1キロポテサラ」に「生フランク」 業スー人気総菜の実力評価
【第5回】業スーファンの支持が熱い5商品を実食 台湾発「薄焼き餅」とは
【第6回】業スーのスイーツは独自商品が充実 人気の秘訣はリメークにあり
【第7回】読者と達人が薦める 業務スーパーヒット商品総選挙2021
【第8回】カインズの売れ筋PBを検証 料理のプロも薦める高コスパ商品も
【第9回】カインズのプロ仕様洗剤が人気 掃除のプロと7商品をチェック
【第10回】収納整理の達人に聞く カインズ定番「Skitto」の空間整理術
【第11回】カインズと人気ブランド徹底比較 1280円シュラフはお買い得
【第12回】ペット用品はカインズの成長分野 売り上げランキングを大公開
【第13回】カインズの激安工具は買いなのか? DIYアドバイザーが徹底検証
【第14回】激安&高機能を実現したワークマン 躍進の歴史を年表で振り返る
【第15回】ワークマンヒット予測2021年下半期 全部盛りのダウンが完売必至 ←今回はココ
「日経トレンディ 2021年10月号」の購入はこちら(Amazon)

 特に注目のジャンルがダウンジャケットだ。ワークマンは20年からダウン市場に進出し、針穴が開いても塞がる「洗えるフュージョンダウン リペアテックダウンフーディ」などを発売しよく売れた。21年は様々な進化系ダウンが登場する。

 その目玉というべき商品が、21年9月上旬に発売された「FLAME-TECH モンスターパーカー」(実勢価格4900円、税込み、以下同)。アウトドアに特化したダウンジャケットだ。最大の特徴は、ポリエステル製の表地に対して施された防融加工(繊維が熱で溶けにくい)で、軽量な化繊にもかかわらず火の粉が飛んでも燃え広がりにくい。キャンプ中のたき火やバーベキューに最適だ。はっ水加工もされているうえ、裏地には熱を逃がさないとうたうブラックアルミを採用し保温性も高い。冬のアウトドア向けに必要な機能の“全部盛り”ともいえる実力だ。

 実はワークマンはたき火対応ウエアが充実しているとしてキャンパーから支持されている。製品開発部CDO(チーフデザインオフィサー)の中野登仁氏によると、「もともとは溶接工用に販売していたヤッケ(フード付きのアウター)が、たき火の火の粉に強いとSNSで話題になり、アウトドア用に改良して販売。一気に人気に火がついて年間10万着売れるヒット商品になった」という。そして、真冬向けのたき火対応ウエアとして開発されたのがモンスターパーカーだ。

ヒット予測 ダウンジャケット

【TRENDY BEST BUY】洗えるうえ火花に強い“全部盛り” 完売必至! 今年のダウンの大本命
洗えるフュージョンダウン FLAME-TECH モンスターパーカー

■二重袖で冷気を防ぐ
■二重袖で冷気を防ぐ
薄手の化繊生地を使った二重袖になっており、外部から冷風が吹き込むことを防いでくれる
■アルミ裏地で保温力アップ
■アルミ裏地で保温力アップ
熱を反射して内部に閉じ込める裏地。特に保温力を高める独自素材「ブラックアルミ」を採用した
■燃えない、濡れない表地
■燃えない、濡れない表地
防融加工の他、はっ水加工も施されており、アウトドアの様々なシーンで快適さを保つ

本当に暖かいのか、マイナス15度の部屋で実験

 価格は4900円と格安のため、本当に暖かいのか疑問を感じる人もいるだろう。そこで、実際に記者が同製品を着用してマイナス15度に設定した恒温恒湿室に身を置き、体温の変化を測ってみた。外気温にさらしたダウンを室内で羽織り5分間じっとして、前後の体温をサーモグラフィーで記録。街着からアウトドアシーンでも使えるとうたっている私物のダウンジャケット(約5万円)との比較では、胴体部分の体温こそ変わらなかったものの、背中では3度程度だがモンスターパーカーの方が体温が高かった。記者の体感としても全く体温を奪われる感覚が無く、抜群の温かさを感じた。

 これだけの性能を持ちながら、従来製品と同じく自宅で洗えるという使い勝手の良さが失われていないのも特徴だ。「アウトドア用のアウターは、バーベキューをすると、衣類ににおいが残ってしまうという悩みがあるので助かる」(中野氏)。ただし、防融機能は洗濯するごとに落ちていき、実用性を保つのは洗濯10回程度までという。

恒温恒湿室に入って測定
恒温恒湿室に入って測定
温度を調整できる恒温恒湿室に入り、ダウンジャケットを着てマイナス15度の環境で5分間待機。前後の体温をサーモグラフィーで測った
■モンスターパーカー(ワークマン)着用
■モンスターパーカー(ワークマン)着用
露出していた顔や指先を除いて体温をほぼキープできた。待機中も寒さをほぼ感じなかった
■私物のアウトドアブランドのダウン(約5万円)
■私物のアウトドアブランドのダウン(約5万円)
私物のダウンジャケット。背中回りの体温に低下が見られた。じわじわ体温を奪われる感覚があった

他にも元々のヒット商品が進化して登場

綿かぶりヤッケ

溶接工などが使う特殊作業用。焚火に使えるとSNSなどで話題になっていた。当初は年間3000着程の売れ行き。実勢価格 2500円。

綿アノラックパーカー

綿かぶりヤッケの後継商品。アウトドア用を明確に打ち出したことで、年10万着を超えるヒット商品に。実勢価格1900円。

秋冬注目の防寒着はまだまだある

REPAIR-TECH 洗えるフュージョンダウン シームレスミドルジャンパー

熱圧着加工という特殊な技法で作った、縫い目の少ないダウン。冷気の侵入をカットし、保温力を高めた。21年秋発売。実勢価格2900円。

薄手のため、インナーダウンとしても活用できる
薄手のため、インナーダウンとしても活用できる
生地に針程度の穴が開いても塞がるためダウンが吹き出さない
生地に針程度の穴が開いても塞がるためダウンが吹き出さない

エアロポンプ ウォームベスト

通常は薄手のベストだが、ポンプで空気を入れることで断熱性を持った防寒着に早変わりする。21年秋発売。実勢価格2900円。

空気を押し出せば元の状態に戻る。空気の量で着心地を調整できる
空気を押し出せば元の状態に戻る。空気の量で着心地を調整できる
付属のポンプ。20年も「空気ベスト」としてSNS上で大きく話題を呼んだ
付属のポンプ。20年も「空気ベスト」としてSNS上で大きく話題を呼んだ

(写真/安田 有(fort))

21
この記事をいいね!する

日経トレンディ11月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年11月号
【巻頭特集1】クレジットカード 最強の2枚
【巻頭特集2】フィンテック最前線!
【第2特集】未来をつくる スタートアップ大賞2021
【ヒット商品連載】日産自動車「ノート オーラ」他
発行・発売日:2021年10月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する