2021年9月3日発売の「日経トレンディ2021年10月号」では、「新興小売りチェーン」を特集。掃除用品は年々細分化が進み、カインズではオリジナルの特殊なプロ仕様洗剤がヒットしている。「楽に汚れを落とす」とうたう商品名は本当か。ほうきやクリーナーなど、見映えのいいアイテムの機能性はどうか。掃除用品に詳しい住生活ジャーナリストの藤原千秋氏と人気商品をチェックした。

※日経トレンディ2021年10月号の記事を再構成

前回(第8回)はこちら

 カインズのPB商品の特徴の一つとして、良い意味で身も蓋もないネーミングが挙げられる。掃除用品は特に顕著で、中でも売り場で目立つのが、「キッチンのコゲおとし」「鏡のウロコ取り」といった、用途が細かく分かれた白い洗剤ボトルが並ぶコーナー。プロの清掃業者向け洗剤を、家庭用に使いやすくアレンジした、人気の「プロ仕様洗剤」シリーズだ。「落ちる」「取れる」は本当か、売れ筋品を検証してみた。

■プロ仕様洗剤シリーズが並ぶ売り場
■プロ仕様洗剤シリーズが並ぶ売り場
何の汚れに有効か、ひと目で分かるパッケージ

「プロ仕様洗剤」シリーズの実力検証

 まずはスティックタイプの「キッチンのコゲおとし」。先端に水をつけ、コンロの上を往復させるとクリーム状に溶け出し、クエン酸で軟らかくなった焦げが研磨剤で容易に落ちる。掃除用品に詳しい住生活ジャーナリストの藤原千秋氏は、「研磨剤とクエン酸を合わせた商品は実は珍しい」と言う。ただし、焦げのひどい五徳などを磨くときに、難点もある。「水加減が難しく、割とすぐにスティックがねっとりと緩くなってしまう。スポンジやタワシを併用するなど工夫が必要」(藤原氏)

キッチンのコゲおとし

 素材を傷付けにくいソフトタイプの研磨剤とクエン酸でできた、固形のコゲ落とし洗剤。先端に水をつけて焦げ汚れをこすり落とす。「水加減を誤ると先端がふやけやすく、長時間の使用には向かない」(藤原氏)。実勢価格498円(税込み)。

先端から研磨剤がクリーム状に溶け出し、少ない力で汚れを落とせる。ある程度まで洗剤が付着した後は、掃除用スポンジなどを併用した方が効率的だった
先端から研磨剤がクリーム状に溶け出し、少ない力で汚れを落とせる。ある程度まで洗剤が付着した後は、掃除用スポンジなどを併用した方が効率的だった
■使用前と使用後の比較
■使用前と使用後の比較

鏡のウロコ取り

 研磨剤とクエン酸を配合した液状タイプのウロコ取り洗剤。付属のスポンジに適量を出し、全体を3〜4分ほどこすってすぐに水で流す。ウロコが一部残ったが、追加で軽くこするとすぐに落ちた。実勢価格698円(税込み)。

ウロコ取り専用スポンジなどに比べ、少ない力でより短時間で落とせる
ウロコ取り専用スポンジなどに比べ、少ない力でより短時間で落とせる
■使用前と使用後の比較
■使用前と使用後の比較
チェックした人
住生活ジャーナリスト 藤原千秋氏

住まい・生活が主な取材テーマ。監修書に『この一冊ですべてがわかる!家事きほん新事典』(朝日新聞出版)など

 水筒やタンブラーの中に付いた茶渋を落とす「ふるだけボトルクリーナー」も、使い方はシンプルで洗浄力も申し分ないが、「研磨剤タイプのためアルミ製には使用不可など、どんなボトルにも使える訳ではない」(藤原氏)。いずれも、ピンポイントで掃除したいものがある人に向くシリーズだ。用途が狭くとも売れるのは、他社の類似品と比べても価格が割安で、きれいに落ちればリピートしたくなるからだろう。

ふるだけボトルクリーナー

 ボトルの茶渋などを、セラミック粒子で落とす研磨剤タイプの粉末クリーナー。紅茶を入れて5日間放置した500ミリリットルの水筒で試した。小さじ1杯分と少量の水を加え、しばらく振るときれいに落ちた。実勢価格498円(税込み)。

水道水をボトル容量の10分の1ほど加える
水道水をボトル容量の10分の1ほど加える
■使用前と使用後の比較
■使用前と使用後の比較

掃除のトレンドは「ちょこっと掃除」へと変化

 藤原氏によれば近年、家庭での掃除の取り組み方は、まとまった時間を確保する形から、日々気になる部分を少しずつ掃除する「ちょこっと掃除」へとトレンドが移ってきているという。それに伴い掃除用品も、手の届く位置に常に置いておけるタイプの人気が上昇。カインズの売れ筋商品ランキングでも、おしゃれに置きっぱなしにしておける掃除用品が上位に入っている。

 その代表格が3位の「立つほうき」だ。玄関やベランダ掃除にほうきは欠かせないが、使用のたびに収納から出すのは手間だ。自立して、玄関先に出しっぱなしにしても見栄えのするほうきなら、汚れに気づいたときに気軽に掃除できる。「水にも強い素材で、ほうきとしての機能も申し分ない。穂先が小ぶりなので大量のごみを掃くのには向かないが、ちょっとした日々の掃除にはちょうどいい」(藤原氏)

片付け不要のおしゃれさで、穂先も長持ち
立つほうき

 本体をスライドさせて穂先を格納すると、玄関ポーチなどに、立てたまま置いておけるほうき。「おしゃれなだけでなく、穂先が長持ちする利点も」(藤原氏)。本体サイズ/幅9.5×奥行き6.5×高さ65〜78センチメートル、実勢価格1280円(税込み)。

ほこりや消しゴムのカスの掃除用に、机の上に立てて置いておける卓上版(税込み598円)も便利
ほこりや消しゴムのカスの掃除用に、机の上に立てて置いておける卓上版(税込み598円)も便利

 室内の「出しっぱなしアイテム」で4位に入っているのが「ケースが要らないワイヤーフレーム カーペットクリーナー」。シンプルなフレームは、クリーナーを床に置いた際、粘着テープ部分が浮き上がる設計のためケースに入れる必要がない。類似品と粘着力を比較したところ、カーペットではやや取り残しが目立ったが、これはフローリングでの使用も想定し、粘着強度を調整しているからでもある。

【TRENDY BEST BUY】床置きや壁掛け可能な粘着クリーナー
ケースが要らないワイヤーフレームカーペットクリーナー

 置いたときに床から持ち上がるフレームにより、収納時にケースが不要な粘着クリーナー。「詰め替えロールの脱着が簡単なのもいい」(藤原氏)。本体サイズ/幅17.6×奥行き6.5×高さ25.5センチメートル、実勢価格498円(税込み)。

■粘着力は抑え気味だが、髪やほこりはしっかり取れる
■粘着力は抑え気味だが、髪やほこりはしっかり取れる
注)カーペットクリーナーの粘着力は、ラグマットの上に同量の紙片を散らし、クリーナーを全面に2回通過させた結果。1回当たりコスパは詰め替えロールで算出

少量の水だけでタイルの黒ずみを落とせる
玄関タイルの汚れを落とすブラッシングスポンジ伸縮柄

 スポンジヘッド部分を軽く水にひたしてこする。汚れのかき出しと拭き取りが同時にでき、水切り作業が不要。半年ほど磨いていなかった1.5メートル四方のタイルを、約15分程度できれいにできた。本体サイズ/幅19.8×奥行き7.8×高さ117.1センチメートル、実勢価格1480円(税込み)。

長く放置した黒ずみを完全に落とすには、ある程度力を加えてブラシを往復させる必要がある
長く放置した黒ずみを完全に落とすには、ある程度力を加えてブラシを往復させる必要がある

天井掃除も可能な、霧吹き付きワイパー
フローリングスプレーワイパー

 市販のペットボトルをタンクとして装着し、水を噴射して吹き取るタイプの床用ワイパー。天井など上向きの噴射も可能。口径が同じ電解水クリーナーも装着できる。本体サイズ/幅25×奥行き16.5×高さ115センチメートル、実勢価格1780円(税込み)。

手元のレバーを引くと前方に水を噴射する
手元のレバーを引くと前方に水を噴射する
市販のペットボトルを使うタイプの掃除グッズには他に、スプレーハンディブラシ(税込み598円)も
市販のペットボトルを使うタイプの掃除グッズには他に、スプレーハンディブラシ(税込み598円)も
掃除用品売れ筋ランキング
順位 製品名 実勢価格
1位 玄関タイルの汚れを落とすブラッシングスポンジ伸縮柄 1480円
2位 使い捨てマイクロファイバークロス 398円
3位 立つほうき 1280円
4位 ケースが要らないワイヤーフレーム カーペットクリーナー 498円
5位 フローリングワイパー用 ウェットシート  98円
注)カインズオンラインショップでの「清掃用品・掃除用品」の販売数ランキング(21年8月11日時点)

(写真/中野和志)

7
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する