2021年9月3日発売の「日経トレンディ2021年10月号」では、新興小売りチェーンを特集している。今回の注目はカインズのキッチン用品だ。同社はホームセンターでありながら、家事が楽になる雑貨系のPB(プライベートブランド)商品を数多くそろえる。買うべき商品はどれか、売れ筋商品を検証した。

※日経トレンディ2021年10月号の記事を再構成

カインズには、機能性だけでなく見栄えの良いオリジナルのキッチン用品も多数ある
カインズには、機能性だけでなく見栄えの良いオリジナルのキッチン用品も多数ある

前回(第7回)はこちら

 2019年度(19年3月〜20年2月)に4410億円を売り上げ、DCMホールディングスを抜いて国内トップのホームセンターになったカインズ。20年度も勢いは止まらず、4854億円まで伸ばしている。しかも、店舗数はDCMホールディングス(20年度の売り上げは4642億円)が663店舗なのに対し、カインズは225店舗。1店舗当たりの売り上げはカインズが圧倒的に多い。

 カインズの本拠は北関東(現在の本社は埼玉県本庄市)だが、今では中部や近畿地方の店舗も多く、28都道府県に展開している。またオンラインショップでの販売にも力を入れている。

 最大の特徴は、豊富なオリジナル商品(PB商品)だ。ホームセンターの主戦場であるDIYや園芸だけでなく、日用品、雑貨、ペット用品、調理家電、アウトドア用品、寝具など、あらゆる分野でPB商品を開発。現在、PB商品は約1万3000点あり、売り上げの約4割を占めるという。この他に大手メーカーとのコラボ商品も多い。

 同社は国内外のデザイン賞に積極的に応募しており、受賞した商品は店頭でアピールする。近年のカインズPBはモノトーンなど落ち着いた色調の商品が多く、インテリアにもなじみやすいという評価が定着しつつある。

 17年からは、日用雑貨のPBを中心とした都市型店舗「Style Factory(スタイルファクトリー)」も出店。21年8月時点で4店舗あり、こちらはさらにPB商品の比率が高い。

 圧倒的な商品開発力を支える仕組みの一つが、正社員・パートを問わず、約1万3000人の従業員が店舗や商品の改善策を提案できる「MIERU(ミエル)」というシステムだ。来店客と接する社員の声を即座に反映させることで、大手メーカーには無いユニークな商品の開発を目指す。

他のホームセンターとはここが違う

■圧倒的な商品開発力
■圧倒的な商品開発力
カインズは、一般的なホームセンターよりもオリジナル商品(PB商品)が多く、売り上げの約4割をPBで上げる。写真はカインズ朝霞店。ハンガーだけで約30種類(左)。PB商品は約1万3000点(右)
■ネット予約が充実
■ネット予約が充実
ITを活用したサービスに力を入れており、店舗のサービスは、ほとんどが専用アプリやウェブサイト(CAINZ Reserve)で予約できる

 とはいえ、カインズのすべてのPB商品が優れているとは限らない。まずはキッチン用品について、性能や実力が価格に見合っているかを検証した。

フライパン、まな板シート 売れ筋商品の実力は本物か?

 ホームセンターのPB商品と聞くと、無骨なデザインを想像しがちだが、カインズのキッチン用品売り場に並ぶPBは、シンプルで洗練された見栄えの良さが目に付く。では、肝心の機能面での実力はどうだろう。

 調理用品の売れ筋ランキングで1位となっているのは「取っ手が外せるストーンマーブル5点セット」(税込み4980円)。フライパン大小2点と鍋1点のセットで、蓋と着脱式の取っ手が付属する。石製に見える明るい色合いがインスタ映えすると人気だが、優れているのは見栄えだけではない。料理研究家の野口英世氏は「本体の色の明るさは、一般的な黒色系のフライパンに比べ、調味料の加減などを見極めやすい利点がある。取っ手を外してそのままテーブルに出しても様になるデザイン」と話す。大皿に移す手間や洗い物も減る。価格が約2倍のティファールに比べると、取っ手の留め金部分がシリコーン製で耐熱性に弱く、着脱のしやすさも劣る。だが、本体の過熱性能や食材の焼き上がりは、様々なフライパンを試してきた野口氏から見ても価格以上だという。

チェックした人
料理研究家・フードスタイリスト 野口英世氏
様々なメディアでレシピやキッチン用品を紹介。近著に『turk フライパンクックブック』『使いやすい台所道具には理由がある』(誠文堂新光社)など

【TRENDY BEST BUY】料理が映えて、食卓にもそのまま出せる
取っ手が外せるストーンマーブルフライパン

 取っ手を着脱できるフライパンのシリーズ。明るいストーン調は、調味料の回り具合なども見やすい色。「程よい深さがあるので炒め物も飛び散らず、簡単な煮物も作れる」(野口氏)。揚げ物やオーブン使用は不可。実勢価格1580円(税込み)から。

様々な料理が映える(左)。2重ロックの取っ手は、やや不安定だった(右)
様々な料理が映える(左)。2重ロックの取っ手は、やや不安定だった(右)

 コロナ禍で売り上げが伸びた家電の一つにホットプレートがある。小型の中ではBRUNO(イデアインターナショナル)に代表される、デザイン性が高くプレートが付け替え可能な商品が人気で、カインズにも類似品がある。見た目のおしゃれさをクリアしつつ、ほぼ拮抗する機能性をおよそ半額で実現。調理家電でも開発力の高さを見せた。

見た目がよく、火力も十分
ミニホットプレート

 ミントグリーンのレトロ調デザインが特徴の「Vinte家電」シリーズの1つ。ヒーター式で最大火力230度と十分だが、過熱状態で自動オフになる頻度がやや多いと感じる。たこ焼きプレートも付属。実勢価格4980円(税込み)。

■倍近い価格のBRUNOと比べても大差ない使用感
■倍近い価格のBRUNOと比べても大差ない使用感

 一方、売れ筋ランキング2位の人気商品だが、やや残念だったのがロールタイプの使い捨て「まな板シート」だ。「魚や肉を切る際に使えば、まな板を洗う回数が減り、両端をつかんで鍋やボウルにも移しやすい。ただし、カインズのシートはやや薄く、よく切れる包丁だと容易に穴が空いてしまう」(野口氏)。コスパ面でも他社製が勝った。

刃先の貫通を防ぐには慣れが必要
まな板シート 3m

 ロール状の使い捨てまな板シート。まな板に広げた上で食材を刻めば、鍋などに移しやすく使用後の洗浄も楽だ。「包丁を立てて使うと容易に穴が開いてしまう。もう少し厚みがあればさらに使いやすいはずなので、そこはやや残念」(野口氏)。実勢価格498円(税込み)。

■コスパ、性能ともやや不満
■コスパ、性能ともやや不満
注)まな板シートの30センチメートル当たりコスパは、詰め替えロールでの比較

 キッチン用品を選ぶ際に重要なのは、優先順位の把握だと野口氏は言う。例えば、小さな子供のいる家庭なら、食器に求めるのは、まず割れにくさや洗いやすさ。カインズの樹脂性食器シリーズ「HAJIKU」は最適だ。仕事に忙しい単身者なら、様々なレンジ調理に使える「レンジで楽チン カレーポット」を1つ持っておくのも便利だろう。

子供がいる家庭に最適の樹脂性食器
「HAJIKU」シリーズ

 洗い物が容易で、落として割れる心配のない食器シリーズ。「子供用食器にお薦め。シンプルなデザインで、大人用の食器と一緒に並べても調和する」(野口氏)。実勢価格398円(税込み)から。

水で流すだけで油汚れもかなり落ちる(左)。目盛り付きカップはインスタントのスープなどにも便利(右)
水で流すだけで油汚れもかなり落ちる(左)。目盛り付きカップはインスタントのスープなどにも便利(右)

1人分の食事を手軽にレンチン調理
レンジで楽チン カレーポット

 切った具材とルーを入れレンジで加熱すると、手軽に1人分のカレーが出来上がる。「カレーに限らず、幅広いレンジ調理に使える調理器具兼食器と考えるとよい」(野口氏)。実勢価格798円(税込み)から。

無料の刃研ぎサービス1回付き
三徳包丁 両面ディンプル

 刃に切り離れの良いディンプル加工を施す。研ぎ直しサービスが1回だけ無料で受けられる。「ディンプル刃を自分で研ぐのは難しいので、いいサービス」(野口氏)。実勢価格2780円(税込み)から。

調理用品売れ筋ランキング
順位 製品名 実勢価格
1位 取っ手が外せる ストーンマーブル5点セット 4980円
2位 まな板シート 3m 498円
3位 箸先がつかない菜箸 398円
4位 土鍋風卓上鍋 980円から
5位 三徳包丁 両面ディンプル 2780円から
注)販売数ランキングはカインズ調べ(20年8月〜21年8月)。売れ筋ランキング4位の「土鍋風卓上鍋」は、前身製品の「土鍋風アルミ鍋」の販売数を含む
注)実勢価格は8月中旬調べ。店舗によっては取り扱いの無い商品もある

(写真/中野和志)

5
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する