2021年9月3日発売の「日経トレンディ2021年10月号」では、「新興小売りチェーン」を特集。毎日消費する主食を、コスパの良い業務スーパーの商品に置き換えられたら――。できるだけコストを抑えて家計を助けるため、ファンからの支持が熱い商品を5点ピックアップし、調理しやすさや味を検証した。

※日経トレンディ2021年10月号の記事を再構成

前回(第4回)はこちら

 毎日消費する主食。これをコスパの良い業務スーパーの商品に置き換えられたら家計も助かるだろう。そこで、読者アンケートや業務スーパーに詳しい達人への取材を基に、ファンからの支持が熱い商品をピックアップ。調理したときの扱いやすさや、リピートしたくなる味かどうかを検証した。

 実際に食べてみて、自信を持って薦められるという結論に達したのは「讃岐うどん」だ。冷凍うどんは何種類かあるが、青いパッケージで「冷凍讃岐うどん」と書いてあるものがおいしい。5食入りで実勢価格は税込み158円。類似品でいうとイオンのPB商品が税込み198円なので、イオンのPBよりも安いが、「コシがあり、もちっとした食感」(料理家である成澤文子氏)が特徴。調理後温かいつゆにつけた状態で30分以上放置しても、あまり麺が伸びることは無かった。業務スーパー歴15年のマニアであるみえさねさんは「丸亀製麺に似ているという噂もあるぐらいおいしい」と言う。

【TRENDY BEST BUY】ファンの支持が熱い冷凍うどんはプロからも高評価
讃岐うどん(冷凍)

 扱いやすさ/1玉は200グラムでNB商品と変わらないが、個包装にはなっていない。ただ1玉ずつの塊で冷凍されており、問題なく使える

成澤氏の味評価/コシがあり、もちっとした感じもある。時間がたってもあまり伸びない
成澤氏の味評価/コシがあり、もちっとした感じもある。時間がたってもあまり伸びない

 業務スーパーが国内の自社関連工場で製造している「天然酵母食パン」も、1日2万本売れるというヒット商品だ。1.8斤で実勢価格は税込み246円。類似のNB商品1斤と、サイズの違いを加味して比べると約半額となるが、そうは思えないクオリティーだ。成澤氏は「耳まで軟らかく、通常の食パンよりも甘みがある。生食ではしっとり、ややねっとりとした食感も感じられた。焼くとカリッとして香りが立った」と評価した。

焼くとさらに香ばしさがアップする
天然酵母食パン(常温)

 扱いやすさ/しっとり、ふわふわの生地が特徴で、耳まで軟らかい。そのまま焼かずに食べるのに向く

成澤氏の味評価/通常の食パンよりも甘みがある。焼くと表面がカリッとして香りが立った
成澤氏の味評価/通常の食パンよりも甘みがある。焼くと表面がカリッとして香りが立った

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
29
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する