図5 表紙のスライドでは、ワイプ動画が文字に重なっているので移動させよう。クリックして選択し、そのまま移動先までドラッグする

パワポのプレゼン録画術(2)  スライドショーを動画ファイルにする

2021年10月28日
  • 途中のスライドから録画をやり直す
  • 図2 4枚目のスライドのまま記録画面に切り替わる。「記録」ボタンをクリックして、スライドショーの操作とナレーションを録画する。最後は黒い画面になるので、クリックして終了する
  • 図3 通常の画面に戻る。スライドショーを実行して、4枚目以降の更新を確認しよう
  • ワイプ動画の位置やサイズを調節する
  • 図5 表紙のスライドでは、ワイプ動画が文字に重なっているので移動させよう。クリックして選択し、そのまま移動先までドラッグする
  • 図6 動画の周囲に表示されるハンドルをドラッグしてサイズを変更する。四隅のハンドルなら、縦横比を保持したまま拡大/縮小できる
  • 図7 動画を選択した状態で「ビデオ形式」タブにある「ビデオスタイル」右下の「その他」ボタンをクリック。表示されたスタイルの一覧から選択して枠を付けられる
  • スライドショーを動画として保存する
  • 図9 まずは解像度を指定する。「フルHD」の箇所をクリックして選択肢を表示し、ここでは「HD(720P)」を選んだ
  • 図10 「記録されたタイミングとナレーション」の箇所をクリックし、スライドが切り替わる時間やナレーションの有無を選ぶ
  • 図11 最後に「ビデオの作成」ボタンをクリック。開く画面で保存場所とフィル名を指定して「保存」ボタンをクリックする。mp4またはwmvの動画形式を選べる
  • 保存した動画ファイルを再生する
  • 図13 スライドショーで録画した操作とナレーションも確認しよう。通常の動画ファイルと同様、「フォト」アプリでの動画編集も可能
  • 図14 動画を再生するアプリを指定するときは、ファイルを右クリックし、表示されるメニューの「プログラムから開く」をクリックしてアプリを選択する