2021年上半期人気記事ランキング

2021年上半期に日経クロストレンドで読まれた記事を分析し、今のトレンドやマーケターの関心事を探る本特集。前回は有料会員の訪問者数が多かった特集記事でしたが、今回は特集以外の連載単発記事からトップ20をピックアップ。Z世代を中心とした消費者のトレンドを探る記事が人気を集めました。

特集以外の連載・単発記事で公開後5日間の有料会員の訪問数(UU、ユニークユーザー)が多かった記事トップ20。赤い色を付けたのは、無料会員、非会員も含めた記事ランキング(第1回)に入らなかった記事。各記事へのリンクは本文中、または記事末尾の一覧を参照
特集以外の連載・単発記事で公開後5日間の有料会員の訪問数(UU、ユニークユーザー)が多かった記事トップ20。赤い色を付けたのは、無料会員、非会員も含めた記事ランキング(第1回)に入らなかった記事。各記事へのリンクは本文中、または記事末尾の一覧を参照

 前回は、1つのテーマを3~7本程度の記事で掘り下げる「特集」から、日経クロストレンドの有料会員によく読まれた記事のランキングを紹介しました。今回は特集以外の記事。連載や単発記事で、公開後5日間の有料会員の訪問数(ユニークユーザー、UU)が多かった記事20本を集めました。

前回(第2回)はこちら

 そのほとんどは無料会員や非会員の方々にもお読みいただけるもの。それだけ幅広い読者の関心を集めたテーマということになります。中でも1位の「【特報】コーラ500ミリがスーパーから消える 25年ぶり大改革」は、会員・非会員を問わず、訪問者(UB、ユニークブラウザー)が最も多かった記事。コカ・コーラという強力ブランドの25年ぶりの改革、身近なスーパーでの戦略ということで、たくさんの方が興味を引かれたようです。

【特集】2021年上半期人気記事ランキング

 このランキングならではの要素で目に付くのは、上位に音声SNS「Clubhouse」の記事が3本もあること。しかも、1月下旬~3月上旬の、実質1カ月強に集中しています。

(画像提供:Yalcin Sonat/Shutterstock.com)
(画像提供:Yalcin Sonat/Shutterstock.com)

 サービス開始当初はiPhone限定の招待制サービスだったこともあり、急速に話題を集めたことがこのランキングからも読み取れます。特に2位の「話題の『Clubhouse』になぜハマる 起業家たちが語る“中毒性”」はClubhouseがどんなものか、ハマるポイントはどこかを体験した起業家に取材した記事。まずは「何が面白いのか」を知りたい読者が多かったということでしょう。

 しかし、その後は熱狂のトーンも下がってきます。日経クロストレンドの記事も「Dispo」など、次のヒットアプリを探る企画や、クラブハウスが火を付けた“耳活用”、“声活用”のニーズにテーマは移っていきました(関連記事「Clubhouseの次はDispoが来る!? ヒット&ブレイク候補アプリ5選」「クラブハウスだけじゃない 職場でも起きている“耳活用”最前線」)。

Z世代に受けるのは何だ?

 一時的に話題を集めたClubhouseに対し、近年、日経クロストレンド読者の恒常的な関心事となっているのがZ世代の動向です。今回のランキングでも、4本の記事が入りました。これらは、第1回で取り上げた、無料会員、非会員も含む記事ランキングにはいずれも入っていません(関連記事「2021年上半期記事ランキングから見る ヒット商品の意外な共通点」)。有料会員限定ならではの傾向と言えます。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
5
この記事をいいね!する