2021年8月4日発売の「日経トレンディ2021年9月号」では、「道の駅&サウナ 最強ランキング」を特集。サウナに魅せられる人が急増し、第3次ブームが到来した。新しいタイプの施設も全国で次々と開業しており、自然の中や都心のビルの屋上に設けた新感覚サウナなど、5つのトレンドを総まとめした。これから始めたい初心者は、サウナ愛好家に聞いた「初心者が一生に一度は訪れるべきサウナ ベスト10」を参考にしてほしい。

※日経トレンディ2021年9月号の記事を再構成

 サウナに魅せられて、リピートする人が急増している。1964年の東京オリンピック直後に起こった第1次ブーム、スーパー銭湯の開設が相次いだ90年代の第2次に続き、今回は第3次ブーム。都市部の施設に愛好家が押し寄せて、場所によっては予約待ちでなかなか入れなくなるなど、サウナ熱は最高潮に達しつつある。

 火を付けたのは、多忙な起業家やトレンドに敏感なタレントたちだ。2016年ごろから、評判のサウナ施設を訪ねて、そこで仲間とくつろぐ様子を写真付きでSNSに相次ぎ投稿。インフルエンサーによる地ならしが済んだところで、19年にテレビドラマ化されて話題を呼んだのがタナカカツキ氏の作品『サ道』である。

 サウナの魅力や評判の施設ごとの個性を分かりやすく紹介する『サ道』によって広まったのが、「ととのう」というフレーズだ。温冷交代浴と呼ぶ新しいサウナの入り方によって得られる深いリラックス効果のことを指す。温冷交代浴は、サウナ室から出た後に水風呂へ入り、外気浴で体を休めるというルーチンを何度か繰り返すこと。冷たい水につかって風に当たると、頭がスッキリした感覚に包まれ、多くの場合、恍惚感や多幸感にひたれる。

 一体それはどんな感覚なのだろうと、サウナを縁遠く感じていた人も興味をそそられて、自分でもぜひ味わってみたいと考えたようだ。こうして再びサウナという言葉が世間で脚光を浴びるようになっていった。

 愛好家の需要が期待できることから、新しいタイプのサウナ施設が全国で続々と開業している。昔ながらの施設が大型リノベーションを実施して、現代風に生まれ変わるケースもある。

 一つは、全国各地にある施設を一人または仲間と訪ねて回るサウナの旅、つまり「サ旅」向きの施設だ。例えば、海や川、湖を水風呂として使うサウナ。新潟県柏崎市の「サウナ宝来洲(ホライズン)」は、砂浜に建てられたサウナ室で汗をかいた後、目の前にある日本海で大空を眺めながら体を冷やせるので、格別の解放感を得られる。

 一方で、都心のビルの屋上にサウナ室や水風呂付きのスペースを設けて貸し切りにするなど、普段の生活で立ち寄れる本格的なサウナ施設もトレンドだ。フィンランド最北端地方の寒さを再現したアイスサウナを併設するなど、個性的な施設も数多く生まれ、愛好家を喜ばせている。

【SAUNA TREND 1】海・川・湖が水風呂/自然のキンキンに冷えた水に飛び込む醍醐味
【SAUNA TREND 1】海・川・湖が水風呂/自然のキンキンに冷えた水に飛び込む醍醐味
汗をかいて体を冷やすのは自然の水風呂。海や川、湖につかって大空の下で過ごす時間は、都市部のサウナ施設では得がたい。海辺のデッキチェアなどに直行してそのまま外気浴も。自然と一体になる新感覚サウナ。写真は「サウナ宝来洲(ホライズン)」(新潟県柏崎市)
【SAUNA TREND 2】秘境サウナ/こんなところにポツンと 誰にも邪魔されない体験
【SAUNA TREND 2】秘境サウナ/こんなところにポツンと 誰にも邪魔されない体験
普通の旅行では訪れないような人里離れた場所に、サウナを設ける動きが相次ぐ。周りに何もないからこそ、サウナに集中できる点が新しい。下界から切り離された空間に身を置いて、リラックスできる。写真は「The Sauna」(長野県上水内郡信濃町)
【SAUNA TREND 3】都心屋上サウナ/自然のキンキンに冷えた水に飛び込む醍醐味 プライベートな空間で水着を着て存分にリラックス
【SAUNA TREND 3】都心屋上サウナ/自然のキンキンに冷えた水に飛び込む醍醐味 プライベートな空間で水着を着て存分にリラックス
都心にあるビルの屋上を貸し切りスペースに仕立て、専用のサウナ小屋や水風呂、外気浴スペースを設置。サウナ仲間や恋人同士で、都会の空を眺めながら汗をかき、ビルの間から流れ込む風を全身で浴びれる。写真は「カプセルイン錦糸町」(東京・墨田)
【SAUNA TREND 4】モバイルサウナ/全国どこへでも一緒に旅する動く自分専用サウナ
【SAUNA TREND 4】モバイルサウナ/全国どこへでも一緒に旅する動く自分専用サウナ
サウナと一緒に旅をする。そんな夢をかなえるサウナ付きのクルマを貸し出してくれる自治体が登場している。いつでもどこでも、出かけた先ですぐにサウナに入ることができるのが醍醐味だ。写真は「ととのえバス」(北海道上川郡当麻町)
【SAUNA TREND 5】地下水の水風呂/かけ流しで常にフレッシュ、天然水のサ飯もお楽しみ
【SAUNA TREND 5】地下水の水風呂/かけ流しで常にフレッシュ、天然水のサ飯もお楽しみ
第3次ブームで水風呂が脚光を浴びる中、地下水をくみ上げてかけ流しで運用しているサウナ施設が人気。水質の違いへの関心も高まり、中には聖地と呼ばれるところも出てきている。写真は「サウナしきじ」(静岡県静岡市)

 興味深いのは、サウナにはまったビジネスパーソンが同じ会社の仲間とサウナ部を結成し始めていることだ。年代や性別の壁を越えて社内コミュニケーションを図れる道具としても、サウナが脚光を浴びている。

 今やその輪が広がり、企業のサウナ部の連合組織「JAPAN SAUNA-BU ALLIANCE」も誕生。65社1000人超の大所帯で日々サウナ情報を交換したり一緒に施設を巡ったり「サ活」を目的に活動している。中にはサウナをきっかけに異業種間交流が生まれ、新規ビジネスに発展した例もある。

 とどまることを知らないサウナブームを知るために、サウナに精通するコラムニストやJAPAN SAUNA-BU ALLIANCE加盟企業のサウナ部長など30人に「初心者が一生に一度は訪れるべきサウナ」を聞いた。結果、上位には全国各地の施設が並んだのはその証左だ。ととのうためだけにその地を訪れる旅が、新時代のスタイルとして活況を呈す可能性が高い。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
9
この記事をいいね!する

日経トレンディ12月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年12月号
【巻頭特集】2022 ヒット予測100
【第2特集】2021 ヒット商品ベスト30
【第3特集】シティポップ×レコード再ブームの理由
【インタビュー】なにわ男子/山田裕貴/有村架純
発行・発売日:2021年11月4日
特別定価:790円(紙版、税込み)
Amazonで購入する