SNSアプリ マーケ新機能&活用術 第11回(写真)

江崎グリコは、「ポッキー」のブランドメッセージ「Share happiness ! (シェアハピネス)」を訴求するための施策にLINEギフト広告を活用した。「一緒に食べよう」と横に座る友人に箱を差し出す楽しさ。そんなインサイト(購買につながる心の動き)をコロナ禍でもデジタルで引き出すことに成功している。

ポッキー2箱を組み合わせると、ハートポッキーをつくることができる。「シェアハピネス」のブランドメッセージのもと、顧客の交流が生まれるようさまざまな工夫をしている
ポッキー2箱を組み合わせると、ハートポッキーをつくることができる。「シェアハピネス」のブランドメッセージのもと、顧客の交流が生まれるようさまざまな工夫をしている
[画像のクリックで拡大表示]

 1セット2箱で4万セット、合計8万箱のポッキーがわずか一日で完売――。

前回(第10回)はこちら

 この成果を生み出したのは、グリコが2021年1月に行ったLINEギフト広告によるプロモーションだ。LINEギフトは、LINEを通じて「友だち」とプレゼントを贈りあうことができるサービス。その広告メニューの一つとして、「ペアギフト」がある。メッセージを添えてプレゼントを贈ることができ、贈った側ももらった側も商品をもらえるのが特徴だ。

 例えばポッキーの場合、流れはこうだ。LINEギフトのキャンペーンページからギフトを贈りたい「友だち」を選択する。その次に表示される決済ページから、ポッキーを購入する。その後、「いつもありがとう」などといったギフトメッセージ作成すると、双方のLINEのトークにギフトメッセージが届く。ギフトメッセージにはポッキーのクーポンが含まれている。クーポンのコードをコンビニエンスストアで読み取ってもらうと、ポッキーと引き換えられる。贈り手側が購入したポッキー1箱分で、贈り手側と受け手側2箱分のポッキーが用意される仕組みだ。受け手側に送るポッキーは広告主である江崎グリコがキャンペーン用に用意する。

LINEでの告知画面
ポッキーを贈るギフトメッセージ
[画像のクリックで拡大表示]

シェアハピネスの認知度広める

 1966年の発売から55年もの歴史があり、国民的お菓子ともいえるポッキーは、ブランドメッセージとして「シェアハピネス」を掲げている。人と人との間にポッキーがあれば、会話のきっかけになり、気持ちがつながる。ただのお菓子ではなく、コミュニケーションツールとしての顔も持ち合わせているというわけだ。その一方で、江崎グリコ ポッキー企画グループ 妹川陽香氏は「シェアハピネス、幸せを分かち合うというところはポッキーの強みだが、まだ(認知度が)足りていない」と語る。

ポッキーの商品ページでは「シェアハピネス」を紹介
ポッキーの商品ページでは「シェアハピネス」を紹介
[画像のクリックで拡大表示]

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。