金融屈指のフォロワー数 損保ジャパンのインスタ活用、4つの極意(画像)

Instagram(インスタグラム)は、利用者にとって「ビジュアルを通して自分の好きな世界観」とつながるSNSだ。無形商材を扱う保険会社はどう活用したのか。金融業界でInstagramのフォロワー数がトップクラスという損害保険ジャパンが、フォロワー数を2.5倍(21年7月末時点)とした4つの極意に迫る。

損保ジャパンのInstagram
損保ジャパンのInstagram

前回(第3回)はこちら

 損害保険ジャパンでは、2018年秋から若年層、ママ世代、女性をターゲットに認知拡大を目的とし、Instagramの公式アカウントを開始した。親近感を持ってもらうため、マスコットキャラクターの「ジャパンダ」を登場させた運用だ。

【特集】SNSアプリ マーケ新機能&活用術
【第1回】 キリンがTwitter方針を大転換 SNSマーケ「5つの最新トレンド」
【第2回】 成果を出すインスタ機能ベスト4 東急ハンズの“大失敗”に学ぶ
【第3回】 ファイブミニの日販が突如2倍に 大塚製薬やI-neのTikTokマーケ
【第4回】 金融屈指のフォロワー数 損保ジャパンのインスタ活用、4つの極意 ←今回はココ

 「損害保険会社は、事故を起こしたときなど、ネガティブな場面で接点を持つ業種。熱烈なファンをつくるのは難しいと思うが、Instagramを使って接点を持ち、コミュニケーションを通じて弊社のことを好きになってほしい」と損害保険ジャパン広報部の大山麻耶氏は活用の目的を説明する。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
9
この記事をいいね!する