※日経エンタテインメント! 2021年7月号の記事を再構成

多くの人の心を動かす力を持っているタレントは誰か。次世代を担う新たなスター候補にはどんな人がいる? 日経エンタテインメント! が2008年から年1回発表している「タレントパワーランキング」を紹介する。アーキテクトが3カ月に1度実施している、タレントの「認知度(顔と名前を知っている)」と「関心度(見たい・聴きたい・知りたい)」の調査を基に、2つのデータを掛け合わせて「タレントパワースコア」を算出、ランキング化した。

総合TOP10は、この人たち

 今回対象とした著名人は1280組。昨年と同様、“直近の人気度”を明確にするため、21年2月調査の数字を基にしている。

1位~30位 綾瀬はるかが初の1位 サンド、新垣と続く

 総合1位となったのは綾瀬はるか。12年以降常にトップ10に入っており、13年以来8年ぶりの1位となった。20年はテレビドラマ、映画への出演は年始に放送された『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』以来なかったものの、コカ・コーラ、パナソニック、キッコーマンなど8社のCMに出演し存在感を示した。21年1月期には『天国と地獄~サイコな2人~』が放送。高橋一生と共演し、刑事役に初挑戦したこのドラマの注目度も高く、最終話の世帯平均視聴率は20.1%の大台を記録した。調査時期に放送中だったドラマのヒットで一気にスコアを伸ばし、1位に輝いた。

 2位はサンドウィッチマン。19年、20年と続いた1位の座は綾瀬に譲ったものの、パワースコアは50.5と高得点だ。21年4月時点でのレギュラー本数はテレビ、ラジオ合わせて12本で、『バナナサンド』『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』などゴールデンタイムのレギュラー出演も多い。また、伊達みきおは昨年の7位から4位にランクアップし、男性芸能人で1位となった。富澤たけしも17位と上位をキープしている。

 3位は『逃げるは恥だが役に立つ』で共演した星野源との結婚で日本中を湧かせた新垣結衣。調査は結婚発表前だが、20年5月にコロナ禍で『逃げ恥』特別編、21年1月に新春スペシャルと題した新作が放送されるなど、この1年も作品が話題になる機会が多かった。そのほか、20年8月放送開始のドラマ『親バカ青春白書』では、ムロツヨシ(49位)の亡くなった妻役として1年10カ月ぶりのドラマレギュラー出演。その他、任天堂などCMにも多数出演している。

 5位の北川景子は19年の6位以来2年ぶりのトップ10入り。20年11月に映画『ドクター・デスの遺産‐BLACK FILE‐』の完成報告イベントに出席し、産後2カ月で仕事復帰。21年2月には映画『ファーストラヴ』で3年ぶりに映画主演を務めるなど話題が続いた。

 6位はマツコ・デラックス。昨年と比べて順位は落ちているが、パワースコアは0.9ポイント上昇している。

 7位の大泉洋は昨年からさらに順位を上げ、自己最高位に。男優部門では2年連続で1位となった。初の無観客開催となった『NHK紅白歌合戦』で12位の内村光良、二階堂ふみらと司会を務め、番組を盛り上げる姿が記憶に残った人も多いだろう。

 8位の千鳥と9位の有村架純は、ともに初のトップ10入り。千鳥は10月に『千鳥のクセがスゴいネタGP』が特番を経てレギュラー化、『テレビ千鳥』がプライム帯に進出するなどの活躍ぶりで昨年の33位から大きくジャンプアップした。ノブは単独でも13位にランクインしている。有村架純はコンスタントにドラマに出演。菅田将暉(31位)とともに主演を務めた21年1月公開の『花束みたいな恋をした』が興行収入35億円を超えるヒットになった。

 10位は昨年に引き続き石原さとみ。20年7月から放送された『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』で主演を務めたほか、「金麦」、「すき家」などのCMにも出演し安定した活躍を見せた。

 11位以下を見ると、女優では11位の長澤まさみ、19位の広瀬アリスが昨年の40位台から大きく飛躍。そのほか、21年3月で芸能界を引退したTOKIOの長瀬智也が71位から15位へ、4月から拠点をアメリカに移すことを発表したお笑い芸人の渡辺直美が61位から27位へ急上昇した。アーティストでは20位の米津玄師が最高位となった。

31位~50位 『半沢直樹』の堺雅人ほかTBSドラマ出演者が上昇

 31位から50位では、20年7月に放送を開始した『半沢直樹』出演者が多数ランクイン。主演の堺雅人は昨年122位から38位へと大きくランクを上げた。221位から40位にジャンプアップした児嶋一哉(アンジャッシュ)もキャストの1人。児嶋一哉は9月放送の『突然ですが占ってもいいですか?』で相方・渡部建との今後を占われたことでも注目を集めた。また、最大の敵・大和田暁を演じた香川照之も73位から42位へとランクアップしている。

 トップ100外から50位以内にランクインしてきたのは、他に多部未華子(109位 → 42位)、星野源(105位 → 47位)の2人だ。多部未華子は最終回視聴率19.6%の『私の家政夫ナギサさん』、星野源は『MIU404』に主演した。『半沢直樹』とこの2作はいずれもTBSの夏ドラマ。その好調さがタレントパワーにも表れた。

51位~100位 賀来、山﨑のW賢人が躍進 女優は浜辺美波が急上昇

 51位以下では、星野源と『MIU404』でダブル主演を務めた綾野剛が147位から53位へ、『半沢直樹』に出演した賀来賢人が170位から68位へと、ともに100近い上昇を果たしている。賀来賢人は、20年は『今日から俺は!! 劇場版』『新解釈・三國志』などのヒット映画にも出演しており、コメディからシリアスまで多彩な役柄を演じ分けた。10社のCMに起用されているなど、好感度の高さでも存在感を放っている。

 男優では、87位の山﨑賢人も躍進した1人。20年は又吉直樹の小説が原作の映画『劇場』や、Netflixの配信ドラマ『今際の国のアリス』で主演を務めた。『今際の国のアリス』は1月に世界の視聴世帯数が1800万人を突破し、シーズン2の製作も発表されている人気作だ。

 女優では55位の浜辺美波の急上昇が目立つ。20年は7月から放送された横浜流星とダブル主演の『私たちはどうかしている』ほか3作のドラマで主演を務め、CMもNTTドコモほか9社に出演。昨年238位からのジャンプアップも納得の活躍だった。他には、20年10月期の『七人の秘書』や21年1月期の『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』などドラマへの出演が続いた菜々緒が99位に入った。

 アーティストではあいみょんが323位から66位へ。20年はアーティストにとってはライブなどが制限される苦しい1年だったが、ドラマ『私の家政夫ナギサさん』に主題歌として提供した『裸の心』がヒット。この曲で2度目の紅白歌合戦出場も果たし、スコアが右肩上がりとなっている。

 芸人では、19年末からコンビ活動を再開したアンタッチャブルが172位から73位へ大幅ランクアップ。21年4月時点でレギュラー番組8本を数える小峠英二(バイきんぐ)も148位から89位と大幅に順位を上げた。

グラフは3カ月ごとのパワースコアの推移。本文中の視聴率はビデオリサーチ関東地区のデータ。平均視聴率は編集部調べ。

(文/小沼 理(かみゆ))

調査方法/ランキング作成方法
調査概要:アーキテクト「タレントパワーランキング」調査(株式会社アーキテクト)からデータを入手
調査方法:WEB・FAX調査
実施時期:年4回(2月・5月・8月・11月)
調査地域:東京・千葉・埼玉・神奈川
調査対象:タレントを一部入れ替えながら毎回約1200組を調査
回答者:アーキテクトの登録モニターより4400人を抽出(調査タレントを4グループに分割。10歳から59歳まで5歳きざみで男女それぞれ50人を抽出。60代は男女それぞれ50人抽出)。

タレントに関する質問項目
A.各タレントの認知について、次の3段階から1つ選択してもらった。
①名前も顔も知っている ②名前は知っているが、顔は思い浮かばない ③このタレントを知らない
B.設問「A」で「①名前も顔も知っている」と回答したタレントに対して、「そのタレントがテレビ・映画・雑誌・DVDなどに出ていると関心があるか(見たい・聴きたい・知りたい)」を、次の4段階から1つ選択してもらった。
①とても見たい・聴きたい・知りたい ②見たい・聴きたい・知りたい
③見たくない・聴きたくない・知りたくない ④まったく見たくない・聴きたくない・知りたくない

認知度、関心度、タレントパワースコアの算出方法
認知度:質問Aで、「①名前も顔も知っている」と回答した人の割合(%)。
関心度:質問Bで、「①とても見たい・聴きたい・知りたい」か「②見たい・聴きたい・知りたい」と回答し た人の合計値(%)。算出母数は質問Aで「①名前も顔も知っている」と回答した人の数。

タレントパワースコア:「認知度」と「関心度」を掛け合わせた値。そのタレントに、どれだけの人たちが引きつけられているか、「人気度」を示す指数。タレントが人々を引きつける力(=タレントパワー)の指標とした。具体的には、「認知度」に「関心度」の加重ポイント(「①とても見たい・聴きたい・知りたい」に「②見たい・聴きたい・知りたい」の1/3を加えた合計値)を乗じて算出した。

※ 上記方法で算出した21年2月時点でのデータを2021年版、20年2月時点でのデータを2020年版としている。タレントパワースコアは小数点第2位で四捨五入。順位は小数点第2位以下も含めて付けた。


日経エンタテインメント!7月号の誌面で発表した「タレントパワーランキング」の全データは、この調査を3カ月に1度実施しているアーキテクト社が、ウェブで見られる「2021年タレントパワーランキングWeb版」として有料で提供しています。
【問い合わせ先】株式会社アーキテクト TEL:03-4213-7718 松岡真菜(平日10~18時受付)
http://tpranking.com/
20
この記事をいいね!する