新型コロナウイルス感染症拡大に伴う新しい生活様式として、外出時のマスク着用は今や欠かせない習慣の1つとなった。だが食事中は、マスクをどうするか。外してテーブルにそのまま置いたりポケットやカバンに入れたりする人もいるが、衛生面を考慮するといずれもベストな選択とは言い難い。そこで注目される商品が、マスクを畳んで入れておくための、いわゆるマスクケースだ。

前回(第11回)はこちら

 マスクケースを外出時に携帯すれば食事中にマスクをきれいに保管できるし、衛生面はもちろん、洗練された人という好印象を周囲に与えそうだ。

 市場調査会社の富士経済は、2020年の家庭用マスクの国内市場を約5020億円、前年比で約12倍の伸びを見込むなど、もはやマスク着用は当たり前になった。マスクケースも各社から登場し、紙製で数百円程度の使い捨て商品も多い。最近はデザイン性を高めたり抗菌・抗ウイルス性などの機能を向上させたりした高級なマスクケースが相次いで登場している。

室内の明かりでも抗菌・抗ウイルス

 アッシュコンセプト(東京・台東)は自社開発の「Anti-Virus Mask Case」(アンチウイルスマスクケース)を21年8月に発売した。使ったマスクを入れ、2つ折りにしてテーブルに置いたりポケットに入れたりすれば、マスクをきれいに保管できる。

/

(写真提供/アッシュコンセプト)

 最大の特徴は商品名が示す通り、光触媒の技術を活用した抗菌・抗ウイルスの機能だ。東京大学と地方独立行政法人の神奈川県立産業技術総合研究所が特許を持つ「ウィルアンパウダー」(東京・台東のナカ工業製)を塩化ビニール樹脂に配合。室内の明かりや暗所でもウイルスや細菌を減らし続けるという。これを利用してマスクケースを作ったため、マスクを入れておくだけで安全性が高まるわけだ。

 「紫外線に反応する抗菌・抗ウイルスの技術は多いが、室内の光にも反応して効果が長時間、持続するといった特徴もある。この技術の良さをマスクケースとして伝えたかった」と商品開発を担当した鶴田泰明氏は話す。すでに同技術は廊下や階段の手すりなどにも使用されており、抗菌・抗ウイルスの実績が評価されているようだ。

 Anti-Virus Mask Caseの価格は2200円(税込み、以下同)。数百円の商品に比べると高価だが、それだけ機能には自信があるという。

 デザインで高い機能を表現するため、パッケージにこだわった。ダークグレーでロゴを描き、抗菌・抗ウイルスの効果を図表で示した。「パッケージを見たときに他のマスクケースと違い、効き目がありそうと思わせるようにした」とデザインを担当した古橋花奈氏は言う。

 手軽に持ち運べるように本体のサイズも工夫した。2つ折りにして外形は9.5×11.5センチメートル。洋服の胸ポケットに入る。色は白。ブルーで小さく「Anti-Virus」の文字を入れたほか、ブルーで使い方などのイラストを描いている。

 サイズは1種類だが、2つ折りにしない長いタイプも試作していた。両方を社内で実際に使用した結果、2つ折りのほうが使いやすかった。

 「Anti-Virus Mask Caseを取引先にも見せたところ、非常に好評だった。今まで自分が欲しいと思うマスクケースがなかったという声が多く、ニーズはありそう。アッシュコンセプトにとっては、衛生関連用品の新しい取り組みになった」(取締役の名児耶海氏)。Anti-Virus Mask Caseはアッシュコンセプトの店舗やネットなどで販売している。

ノベルティーとしても需要あり

 福田真(京都市)は、抗菌・抗ウイルスの素材「クレンゼ」(クラボウ製)を使用したマスクケース「マスくるん」を20年6月から発売している。福田真は生地卸のほか雑貨を開発・販売。店舗「一布や」も京都市内で運営している。コロナ禍で失ったインバウンド需要を補う新商品としてマスクケースに着目した。

 特徴は、開いた状態で15×24センチメートルと、マスクを覆うほどの大きさにした点。着用中のマスクの上からマスくるんを当てたまま外し、2つ折りにすれば、マスクの外側を触らず、内側も見せずに済む。両端には磁石が付いており、2つ折りにすればすぐに閉じて開きにくい。衛生的にマスクを保管できるという。看護師を務める社長の家族から出てきたアイデアだ。

 「今までも布製のマスクを作っていたので、次はマスクケースの必要性を感じていた。磁石を取り付けて簡単に開閉できるようにした点を意匠登録し、その後に商品化した」(中村光宏社長)

/

(写真提供/福田真)

 マスくるんは販売後の1年間で約5万枚売れた。店舗などでも販売しているが実は約3割が法人需要。ノベルティーとして企業名を刺しゅうする例も多い。

 例えば、高級料亭が食事の開始時にマスくるんを顧客に渡し、記念品として提供する場合もあるという。使い捨てのマスクケースを渡すより配慮を感じ、顧客を気持ちよくしそうだ。持って帰って利用してもらえば、マスくるんの宣伝になることは間違いない。

 「マスクラップやマスクホルダーという商品名も考えたが、マスクを“くるん”と包むという意味で、商品名はマスくるんにした。開発で大変だったのは磁石の部分。洗ってもさびたりしないか、縫製は大丈夫かなど実験を重ねて完成させた。磁石があっても縫い目が合うように工夫した」(中村氏)。価格は1000円前後で、無地や和柄など約40種類がある。

 21年秋には、第2弾も発売。西陣織の生地を使った高級なマスクケースで、マスくるん「吉祥シリーズ」だ。西陣織の工房と共同開発し、抗菌・抗ウイルスの素材で作って磁石で閉じるようにした点は同じだが、今回は予備のマスクが入るようにポケットを設けた。顧客からマスクケースにポケットを付けてほしいという要望があったからだ。製造コストはかかるが、常に新しいマスクを着用できるため、顧客にとってはうれしいはずだ。21年夏にクラウドファンディングの「Makuake」で販売したところ、すぐに目標金額に達した。価格は2200円。

西陣織の生地で作ったマスくるん「吉祥シリーズ」。西陣織の工房とコラボして開発した。21年秋に発売。柄は6種類を用意している(写真提供/福田真)
西陣織の生地で作ったマスくるん「吉祥シリーズ」。西陣織の工房とコラボして開発した。21年秋に発売。柄は6種類を用意している(写真提供/福田真)
[画像のクリックで拡大表示]
予備のマスクを入れるポケットも設けている(写真提供/福田真)
予備のマスクを入れるポケットも設けている(写真提供/福田真)
[画像のクリックで拡大表示]

 「吉祥シリーズはまず数千枚を売りたい。マスクケースを活用すると、きれいでスマートに見える。これからはマスクのマナーも問われるだろう。第3弾は顧客の声を聞いて考える」と中村氏。

 同社の売り上げ全体は数億円。インバウンド需要のマイナスをマスクケースで取り返す勢いだ。

家のマスク生活を楽しく

 マスクケースは携帯型だけではない。自宅などに置いてマスクを保管するためのケースも出てきた。

 アッシュコンセプトが21年4月に発売したのが「マスクノイエ」だ。そのままにすると散らかって見えるマスクをきれいに保管する、文字通り「家」のような外観にデザインしたマスク置き場だ。家の屋根にある煙突部分の切れ込みにマスクのひもを引っかけておけば、きれいに収納できる。インテリアとしてリビングや玄関に置いたり、フックを使えば壁に飾るようにかけたりできる。価格は1980円。

アッシュコンセプトが発売している「マスクノイエ」。「家」のようなマスク置き場で、インテリアにもなる遊び心にあふれた商品だ。アルコールに強い素材なので、消毒も可能(写真提供/アッシュコンセプト)
アッシュコンセプトが発売している「マスクノイエ」。「家」のようなマスク置き場で、インテリアにもなる遊び心にあふれた商品だ。アルコールに強い素材なので、消毒も可能(写真提供/アッシュコンセプト)
[画像のクリックで拡大表示]

 デザイナーのGentaChie(金山元太氏と金山千恵氏)が考案。「置き場所に困るマスクの指定席で、インテリアを雑然とした雰囲気にさせてしまうマスクの存在を隠し、マスクがある生活をより快適に、もっと美しくという思いから生まれた。おうち時間が少しでも楽しく豊かでありますように」とデザイナーはコメントしている。

 「気持ちも沈みがちなマスク生活に、ちょっとした笑顔と心の安らぎを生み出したい」とアッシュコンセプトは、発売プロモーションを兼ねたチャリティーキャンペーンも開催。多くのクリエイターたちによるマスクノイエを使用した作品を、キャンペーンサイトで公開している。商品の売り上げの一部を医療現場に寄付する方針だ。

町工場の高度な技術を生かす

 21年6月に発売した「Ori Mask Case」(オリ マスクケース)は、抗菌・抗ウイルス効果がある銅と真ちゅうでデザインされたマスクケースだ。精密な板金加工技術を持つ野口製作所(神奈川県綾瀬市)が開発し、アッシュコンセプトがデザインプロデュースをしている「あやせものづくり研究会」から生まれた。アッシュコンセプトの店舗やネットで販売している。

/

(写真提供/アッシュコンセプト)

 外形は205×105×70ミリメートルで、未使用のマスクを自宅で保管するために使う。約30枚が入る。菌やウイルスの生存期間がプラスチックやほかの金属の表面では数日間と長いが、銅や真ちゅうでは数時間と極端に短いといわれる。Ori Mask Caseで保管すれば、衛生面で安心できるというわけだ。

 溶接加工はしていないが、野口製作所の板金加工技術により寸法や曲げを0.1ミリメートル単位で調整。隙間なく、ぴったりと合わさった美しい形状が特徴という。ヒンジ部分がなく、蓋には小さな爪のような「折り」の部分が付いているだけ。簡単に取り外しできるため、手入れも容易で清潔に保てそう。価格は1万1000~1万7600円。

 開発のきっかけは16年から始まったあやせものづくり研究会だ。神奈川県綾瀬市には町工場が数多く集まる日本有数の工業団地がある。綾瀬市と町工場、アッシュコンセプトが協力し、金属やガラス加工のプロだからこそ作れる素材の性質を生かした商品を開発することが、同研究会の狙い。商品を通じ、高度な技術力をアピールする機会にもなる。

 「通信機器の部品などBtoBの仕事は行ってきたが、BtoCの商品開発のやり方は分からなかった。アッシュコンセプトの提案により当社の得意技術が抗菌・抗ウイルスのマスクケースになるとは意外だった」(野口製作所の野口裕社長) 

 デザインを担当したアッシュコンセプトの岩井友里氏は「提案を重ねるうちにどんどんシンプルなデザインになった。最終的に“折り”の部分だけで蓋を支えるため、伝統工芸品のような洗練された商品になった」と話す。

 発売したばかりだがデザイン面も好評で、マスクケース以外に小物入れとして使う人もいるようだ。

Ori Mask Case と同じ加工技術で作った「Ori Mask Clip」(オリ マスククリップ)。銅と真ちゅうの2種類で、外形は50×100×7.5ミリメートル。価格は税込み8000円前後(写真提供/アッシュコンセプト)
Ori Mask Case と同じ加工技術で作った「Ori Mask Clip」(オリ マスククリップ)。銅と真ちゅうの2種類で、外形は50×100×7.5ミリメートル。価格は税込み8000円前後(写真提供/アッシュコンセプト)
[画像のクリックで拡大表示]