ヒット文具・ユニーク雑貨のつくり方 第7回(写真)

大栗紙工(大阪市)が開発・製造した「mahora(まほら)」シリーズは、発達障害がある人の声を基に企画し、紙の色やケイ線を工夫したノートだ。「目に優しい」「集中しやすい」「書きやすい」といった、本来は発達障害がある人に向けた特徴を、開発途中から文具店や卸などが評価。「年配の人や子供など誰にでも使いやすいノートとしてアピールできるのでは」と注目された。

前回(第6回)はこちら

 「まほら」が完成すると、大栗紙工は自社でECサイトを立ち上げて2020年2月に2品目からテスト販売を開始。同年8月には卸の取り扱いもスタートし、21年2月までの1年間で約1万7000冊を販売した。さらにユーザーの意見から21年2月には商品の色や大きさなどラインアップを強化。同年7月までに累計で約5万冊を売り上げるヒット商品となった。発達障害がある人だけでなく、誰が使っても目に優しいノートとして人気を博した。

 大栗紙工のECサイトではA6判の商品の価格は330円(税込み)。売上高が数億円規模の同社にとって、約5万冊の販売は小さくないビジネスといえるだろう。「第30回日本文具大賞2021」(主催はRX Japan)のデザイン部門における優秀賞も獲得。いわゆるインクルーシブデザインの商品として注目される。

「mahora」ノートを使って日経デザイン編集部で実際に文字を書いて試してみたところ。紙の色はミントでケイ線は帯状の網掛け
「mahora」ノートを使って日経デザイン編集部で実際に文字を書いて試してみたところ。紙の色はミントでケイ線は帯状の網掛け
レモンでケイ線は太い線と細い線を交互に並べている。シンプルなデザインなので書いた文字が分かりやすい
レモンでケイ線は太い線と細い線を交互に並べている。シンプルなデザインなので書いた文字が分かりやすい

 商品化のきっかけは、発達障害がある人を支援する一般社団法人UnBalance(大阪市)の担当者から、「通常のノートに対して不便を感じている」と聞いたことだった。「ケイ線以外の情報が気になって集中できない」「紙からの反射がまぶしくて書きにくい」「いつの間にか書いている行が変わってしまう」などの声があったという。大栗紙工は50年以上もノートの製造をOEM(相手先ブランドによる生産)で手がけてきたが、以前から自社ブランドを持ちたいという意向もあって今回、開発に臨んだ。

延べ100人に意見を聞く

 開発に開発に着手するとUnBalanceの協力で発達障害がある人に合計3回、延べ約100人にアンケートを実施。すると「紙は白がいい」「ケイ線は目立たないように薄く」「日付などを記入できるスペースが必要」といった、これまでのノートに対して持っていた常識が、発達障害がある人には大きなストレスになっていたことが分かった。大栗紙工はOEMが中心のためオリジナルの商品開発に関するノウハウがほとんどなく、手探り状態で進めた。困っていることをひたすら聞いて、試作品を見せてさらに改良を重ねて完成させた。

一般社団法人UnBalanceの協力でアンケート調査した結果(写真提供/大栗紙工)
一般社団法人UnBalanceの協力でアンケートした結果(写真提供/大栗紙工)

 結果、紙の色は目の負担を軽減する「ラベンダー」や「レモン」を選択し、後に「ミント」を加えた。ケイ線は2種類を用意し、太い線と細い線を交互に並べたもの、帯状の網掛けにしたものが目に優しいと分かった。0.5ミリメートル間隔でケイ線を調整し、何度も作り直した。

2021年2月に新製品を投入し、ラベンダーやレモンにミントを追加したほか、サイズも増やしてラインアップを一気に広げた
2021年2月に新製品を投入し、ラベンダーやレモンにミントを追加したほか、サイズも増やしてラインアップを一気に広げた

 商品名の「まほら」とは、「住みごこちのいいところ」を意味する大和言葉。「いろいろな人にとっての使い心地の良さを取り入れたノート」という思いを込めた。

 「今後もユーザーの意見や不満を聞いて一緒に開発を行うことで、不便さの解消を目指した商品を開発していきたい」(大栗紙工の大栗康英社長)

発達障害がある人の意見を聞きながら開発を進めた(写真提供/大栗紙工)
発達障害がある人の意見を聞きながら開発を進めた(写真提供/大栗紙工)
18
この記事をいいね!する