ヒット文具・ユニーク雑貨のつくり方 第5回(写真)

リモートワークに対応して仕事道具一式を運ぶバッグや、パソコンやタブレットを好きな角度に傾けて使えるスタンドなど、長期化するコロナ禍の中で様々な「ニューノーマル対応商品」が生まれている。2021年7月12日にコクヨが発売したポータブルワークスペース「Rooney(ルーニー)」もコロナ禍の下で開発を本格化。働き方の変化を捉え、出した答えが「持ち運べるじぶん空間」というコンセプトだ。

ポータブルワークスペース「Rooney(ルーニー)」。主に法人向けに販売しているが、個人向けにはコクヨ公式ECサイト「KOKUYO Workstyle Shop」や、一部の大手通販サイトを通じて数量限定で販売。自社ビルの一部をリニューアルした「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」でも体験・購入できる
ポータブルワークスペース「Rooney(ルーニー)」。主に法人向けに販売しているが、個人向けにはコクヨ公式ECサイト「KOKUYO Workstyle Shop」や、一部の大手通販サイトを通じて数量限定で販売。自社ビルの一部をリニューアルした「THE CAMPUS(ザ・キャンパス)」でも体験・購入できる

 コクヨは、2020年11月に自社ECチャネル「KOKUYO Workstyle Shop」を開設するなど、在宅ワークをする人の環境を整えたいという消費者の声に応えてきた。Rooneyを開発したファニチャー事業の20年のEC売り上げは、前年比で約3.5倍に伸長しているという。

前回(第4回)はこちら

 ファスナーを閉めるとパソコンバッグのように持ち運べるRooneyは、「Room(部屋)」と「Journey(旅)」を掛け合わせた名前だ。屋外でも室内でも旅先でも、自分のスタイルで仕事ができる「空間」を提案する。

 Rooneyの主なターゲットには、自由に場所を移動して働くことを好む若手や、自宅のリビングや寝室を移動しながら働いている世帯などを想定。BtoBで法人に向けた販売経路を主とするが、発売直後からBtoCに向けた販売チャネルで個人が買う動きも見られるという。

 Rooneyを開発したファニチャー事業本部では、オフィス家具を中心に収納や家具などの開発が中心で、今回のような「バッグ」の開発は挑戦的な試みだった。ファニチャー事業本部ものづくり本部DX戦略部の林俊祐氏は、「(既存商品が多い)PCバッグを作っても、既にブランドをしっかり持っている競合に勝つのは容易ではない。バッグを作るというより、Rooneyを使ってどういうスタイルで仕事をしてほしいかを考えた」と振り返る。

【特集】ヒット文具・ユニーク雑貨のつくり方

バッグではなく“持ち運べる空間”をつくる

 Rooneyの構想は、19年末に始まった。その時点では、個人ロッカーのあるフリーアドレス制のオフィスなどで室内移動する用途を想定していた。が、20年に入ってから新型コロナウイルス感染症が拡大。全国的にリモートワークが広がった。Activity Based Working(アクティビティー・ベースド・ワーキング)と呼ばれる、場所を限定しない働き方を前提とした商品を提案できればと、企画をゼロからやり直した。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
8
この記事をいいね!する