自宅で楽しむ「巣ごもりエンタメ」がコロナ禍で生活に浸透し、今後も定番テーマの一つになる。株のプロが注目銘柄に挙げるのは、コンテンツを多面展開するソニーグループや電子書籍配信を手掛けるビーグリーなどだ。事業・サービスの仕組みとして活用が広がる「ブロックチェーン技術」では、メルカリなど新たな利益創出に動く企業の魅力が増している。

※日経トレンディ2021年8月号の記事を再構成

前回(第3回)はこちら

 外出を控えて家で過ごすことが当たり前になった今、自宅エンタメは銘柄選びの定番テーマになる。アフターコロナにも引き続き消費者に求められる企業は、一段の収益成長が見込まれる。

株のプロ3人が注目銘柄をピックアップ!
 今後の相場の盛り上げ役と期待されるテーマとして、「脱炭素化」「新・少子化対策」「半導体部品・材料」「アフターコロナ」「巣ごもりエンタメ」「ブロックチェーン技術」の6つを編集部が設定。個別株に詳しいプロ3人に各テーマの注目銘柄を聞いた。
こころトレード研究所所長
坂本慎太郎氏

証券会社で株式と先物の売買を担当。かんぽ生命保険を経て、個人投資家育成のため、こころトレード研究所を設立する。ラジオNIKKEIの投資番組でも人気
株式アナリスト
鈴木一之氏

大和証券で株式の売買・分析に従事する。その後、インフォストックスドットコムで日本株チーフアナリストを務める。07年に独立し現職
エフピーアイ代表
藤ノ井俊樹氏

投資歴約50年。本来あるべき株価と実際の株価とのギャップを利用した「ミスプライス投資」を通じて、個人投資家に情報提供を行う

 その有力候補に挙がるのが、ソニーグループ(東1・6758)だ。2021年5月、世界での顧客基盤を現在の約1.6億人から10億人に広げるための取り組みを、特にモバイルやソーシャルの領域で加速させるとし、今後の積極的な投資を明らかにした。1つのコンテンツで映画、音楽、ゲームと多面展開するという。また、EV(電気自動車)の「VISION-S」を開発中で、「新たなブランド価値の創出も期待される」(藤ノ井俊樹氏)。

※以下の銘柄ボックスの情報は21年6月18日時点。PER・配当利回りは日経予想、PBRは実績ベース

 ゲームアプリ分野も伸びしろがある。サイバーエージェント(東1・4751)は、ヒットを飛ばしたスマホゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」を制作したCygames(東京・渋谷)をグループ会社に持つ。このヒットのおかげで、同社は業績拡大の余地が広がった。

 「『パズル&ドラゴンズ』を開発したガンホー・オンライン・エンターテイメント(東1・3765)、『モンスターストライク』を世に送り出したミクシィ(東1・2121)。過去にヒットした類似例を見ると、長期間にわたって会社に利益をもたらし続けている。今回のサイバーにも同じ効果がもたらされるのではないか」(坂本慎太郎氏)。新規事業に積極的な同社は、ウマ娘が生み出す利益を使ってさらなる成長を狙うことも可能だろう。

 ゲームと並んで、電子書籍市場も好調だ。電子書籍配信サービス「まんが王国」を手掛けるビーグリー(東1・3981)は、利用者層を拡大させている。同社はポイントの購入と消費とを合わせて、毎日最大50%が還元されるポイントプログラムを常時実施。21年1月に会員が450万人を突破するなど着実な成長を続ける。21年12月期はオリジナル作品の強化などを進めて、課金者数の増加を目指す注目銘柄だ。

 メルコホールディングス(東1・6676)は、テレワークや自宅エンタメの市場拡大を踏まえ、主力であるパソコン周辺機器の積極的な販売活動に取り組む。大幅な増収増益となった前期に続き、22年3月期も前期比で売上高8%増、経常利益10%増の成長を見込む。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
1
この記事をいいね!する

日経トレンディ11月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年11月号
【巻頭特集1】クレジットカード 最強の2枚
【巻頭特集2】フィンテック最前線!
【第2特集】未来をつくる スタートアップ大賞2021
【ヒット商品連載】日産自動車「ノート オーラ」他
発行・発売日:2021年10月4日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する