大学発スタートアップの動きが加速する中、早稲田大学からも、様々な起業促進策によってIT系を中心にスタートアップが増えつつある。コンテンツを映し出すスマートミラーを開発するミラーフィット、食用コオロギの供給インフラを構築するエコロギーなど、早大発の注目ベンチャーを取り上げる。

※日経トレンディ2021年8月号の記事を再構成

前回(第11回)はこちら

 テクノロジーを生かした、気鋭のスタートアップがミラーフィットだ。早稲田大学大学院経営管理研究科の卒業生3人が中心となって創業し、鏡とディスプレー機能を一体化させたスマートミラーを使った、オンラインフィットネス事業を展開する。

 このミラーフィットは、2017年から始まった、国と大学が共同して起業家教育の様々な取り組みを行う文部科学省次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)から生まれた。同事業で早稲田が提供するプログラム「2018年度Business Communication workshop」(オックスフォード大学サイード・ビジネス・スクールにて開催)にも参加。そして、20年にウエルインベストメントが運営する早大専用ファンドからの出資を受けた。

 同社のミラーデバイスは、専用アプリと接続することで、筋トレやヨガといった様々なフィットネスコンテンツを映し出す。入会金3万3000円(税込み、以下同)に加えて、ミラーデバイス本体費用の16万4780円(本体一括購入プランの場合)とサービス利用料の月額6578円がかかりやや高額だが、高所得層を中心に需要が見込めるという。

 代表の黄皓氏は、「オンラインフィットネスはコロナ禍の外出自粛による健康課題解決にもなり、注目度が日増しに上がっている。将来はトレーニングだけではなく、ヘルスケア、美容やコスメ、ファッションなど、ライフスタイル全般をサポートする機能を追加する予定だ」と狙いを語る。

【累計調達額/1.6億円】ミラーフィット「スマートミラー」
■スタンドミラーにテクノロジーを融合
■スタンドミラーにテクノロジーを融合
インテリアの定番でもあるスタンドミラーにカメラと様々な情報を表示できるディスプレーを融合
現在はオンラインフィットネス機能が主となる。利用者は自分のフォームをチェックしながら、表示される動作を行う
現在はオンラインフィットネス機能が主となる。利用者は自分のフォームをチェックしながら、表示される動作を行う
ミラーフィット代表取締役の黄皓氏。早稲田大学商学部を11年に卒業。「大学では、マンモス校ならではの多様な人種の学生をまとめ上げるゼミ長を務めたことで、コミュニケーション能力が磨かれた」と語る
ミラーフィット代表取締役の黄皓氏。早稲田大学商学部を11年に卒業。「大学では、マンモス校ならではの多様な人種の学生をまとめ上げるゼミ長を務めたことで、コミュニケーション能力が磨かれた」と語る
■将来的には鏡の機能拡張を仕掛ける
■将来的には鏡の機能拡張を仕掛ける
「拡張性が高く、将来的にはカメラを活用したバーチャル試着からミラー上で買い物完了なども考えている」(黄皓氏)。5年で10万台を目指す

 早稲田大学商学部が実施している寄付講座「起業家養成講座Ⅰ・Ⅱ」やビジネスプランコンテストから、起業につながるケースも増えてきた。代表格は、食用・水産養殖飼料用コオロギの大量生産を仕掛けるエコロギーだ。

 カンボジアでコオロギ農家の人たちと共に、食料生産ネットワークを築くというビジネスモデルが画期的。将来的に起こる可能性がある世界的な食料危機で、代替タンパク質を安定的に供給することを目的とし、そのインフラの構築を目指す。グローバルな需要が期待できるため注目度が高く、15年にビジネスプランコンテストで最優秀賞を獲得した。

 「商学部生だった代表の葦苅晟矢氏は、コオロギの大量生産技術の研究のため、大学院進学時に先進理工学研究科に“理転”した。アイデアにテクノロジーを融合させる大学ならではのキャリアパスを活用したロールモデルだ」(早稲田大学商学学術院の井上達彦教授)

【累計調達額/非公開】エコロギー「コオロギ・インフラ」
■食用コオロギの大量生産技術が世界を救う?
■食用コオロギの大量生産技術が世界を救う?
葦苅氏が大学院在学中の17年に創業。商学部時代にビジネスプランコンテストで優勝したことがきっかけで起業に至った
エコロギー代表の葦苅晟矢氏。17年に早稲田大学商学部卒業。同大学院・先進理工学研究科・先進理工学専攻の5年一貫制博士課程に在籍中
エコロギー代表の葦苅晟矢氏。17年に早稲田大学商学部卒業。同大学院・先進理工学研究科・先進理工学専攻の5年一貫制博士課程に在籍中

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
6
この記事をいいね!する