早稲田はバンカラで慶応はスマート。昭和世代はまだそんなイメージを持っているかもしれない。しかし、両大学の実態はこの20年で大きく変わった。一口に言えば、早稲田大学の変化によって、両者の間にあった違いがかなり薄くなっているのだ。ここでは、各種のデータから早慶の現状を見ていく。

※日経トレンディ2021年8月号の記事を再構成

前回(第3回)はこちら

【特集】早稲田・慶応 大学ブランド研究

 早慶の差が縮んできているのは、基本的なデータを見ても明らかだ。20年前、女子学生の比率は慶応義塾大学の方が少し高かったが、現在はほぼ同じ。『早稲田と慶応の研究』などの著書があるオバタカズユキ氏は「1980年代ごろまで、早稲田は全国から多様な人が集まるイメージだったが、約10年前から、入試における地方(1都3県以外)出身者は、どちらも3割を切っている」と、早稲田大学の地方色の薄れも指摘する。卒業生の就職先上位も似たような企業名が並ぶ。

注)両大学のウェブサイトなどの資料から。学生数(通信課程を除く)は2020年5月時点。1都3県出身者比率は21年の一般入試と共通テスト利用入試における合格者の出身高校分布から編集部で計算した。ST比は、20年データを基に編集部で独自に計算し、分野が近い学部と研究科の学生数を、有期契約も含めた専任教員数で割って求めた。ただし、慶応義塾大学医学部の「教員(有期・医学部)」などは計算対象としなかった。ST比の計算基準は様々なため、大学発表の数値とは合わないことがある
注)両大学のウェブサイトなどの資料から。学生数(通信課程を除く)は2020年5月時点。1都3県出身者比率は21年の一般入試と共通テスト利用入試における合格者の出身高校分布から編集部で計算した。ST比は、20年データを基に編集部で独自に計算し、分野が近い学部と研究科の学生数を、有期契約も含めた専任教員数で割って求めた。ただし、慶応義塾大学医学部の「教員(有期・医学部)」などは計算対象としなかった。ST比の計算基準は様々なため、大学発表の数値とは合わないことがある

 その主因の一つが、早稲田がこの20年間に実施した様々な改革だ。2004年に、当時は珍しかった国際教養学部を新設し、英語を駆使する華やかな学生が早稲田キャンパスを歩くようになった。さらに07年には理工学部や第一文学部、第二文学部を再編。また教員の増員にも力を入れ、教育力の指標の一つである「教員1人当たり学生数(ST比)」も向上している。

 対する慶応で目立つのはM&A(合併・買収)による拡張だ。08年には共立薬科大学との合併で薬学部を設置。20年からは東京歯科大学との合併協議も始まり、23年には歯学部が誕生する見込みだ。もともとの強みだった医療系を強化するという方向性で、医学系の研究力向上や慶応発スタートアップ企業の伸長という面では成果を挙げつつある。

 では、日本の大学全体の中で、現在の早慶はどのポジションにあるのか。次のページでは、就職、資格、国際性、高校教員からの評価など、10種類のランキングを通してチェックしていく。

ランキングで見る、早稲田・慶応の現在地

【資格・就職】

会計士、司法試験の実績では慶応が圧倒。公務員は早稲田

 難関資格試験では、公認会計士試験は慶応が強く、司法試験と国家公務員試験は早稲田が強い傾向が長年続いていた。しかし司法試験は、06年から始まった新司法試験への対応が明暗を分けた。当時の早稲田の法科大学院は修了までに3年かかる「未修者コース」の人が多かった(「既修者コース」は2年で修了)。このため、初年度の新司法試験は受験者数が少なく、順位を大きく落とした。その後も完全には浮上できずにいる。

■司法試験合格者数(20年)
■司法試験合格者数(20年)
■新司法試験制度の導入後に順位を下げた早稲田
■新司法試験制度の導入後に順位を下げた早稲田
注)法務省「令和2年司法試験の結果について」から。06~11年は新司法試験と旧司法試験が並行実施されていたが、新司法試験の合格者数で順位を付けた
■公認会計士試験合格者数(20年)
■公認会計士試験合格者数(20年)
注)公認会計士稲門会調べ
■国家公務員(総合職)合格者数(20年)
■国家公務員(総合職)合格者数(20年)
注)人事院データと各大学発表から

 一方、就職に強いイメージのある慶応だが、有名企業400社の実就職率ではランキングから外れている。これは、慶応が3人以上の内定者がいる就職先しか公開していないため。実力は、「公開分を合計しただけでも有名企業実就職率は4割以上あり、事実上私大でトップの強さ」(大学通信の安田賢治氏)だ。

■有名企業400社の実就職率(20年)
■有名企業400社の実就職率(20年)
注)大学通信調べ

【研究・国際化】

科研費は慶応が上。早稲田は留学生受け入れトップ

 研究力の指標として使われる科研費の配分額では、早慶は旧帝大よりは少ないが私大ではトップクラス。両大学では、医学部のある慶応が上になることが多い。早稲田が近年力を入れているのが国際化で、留学生は受け入れ数も派遣数も国内トップ。進学校の教員にも徐々にそのイメージが浸透している。

■科学研究費配分額(20年度)
■科学研究費配分額(20年度)
注)文部科学省の資料から
■外国人留学生受け入れ数
■外国人留学生受け入れ数
注)日本学生支援機構「外国人留学生在籍状況調査」(20年度)から
■グローバル教育に力を入れている大学
■グローバル教育に力を入れている大学
注)大学通信が国内910高校の進路指導教諭に実施したアンケート調査(20年7月調査)による

【教員の評価】

学部再編と受験制度変革で改革イメージが強い早稲田

 早稲田は入試改革や国際化のイメージが浸透し、大学の変化に敏感な高校の進路指導教諭には改革力が高く評価されている。総合的指標と言える「生徒に勧めたい大学」でも僅かに早稲田が上だ。なお、生徒からの人気は早稲田がかなり高い。これは、慶応の文系学部では入試に小論文が課せられており、ハードルが高いと感じる受験生が多いからとみられる。

■改革力が高い大学
■改革力が高い大学
■生徒に勧めたい大学
■生徒に勧めたい大学
■生徒に人気がある大学
■生徒に人気がある大学
注)上記の3つのランキングは大学通信の高校教諭への調査から。「生徒に人気がある大学」も教員の判断による結果

(写真/PIXTA)

16
この記事をいいね!する