Z世代女子を分析 企業が「推し」を味方に付けるための5カ条(画像)

本特集では、ファンの「推し」を応援する気持ちが、どう消費にひも付くかを見てきた。その心理変化はどのようなものなのか。また企業が「推し」を通してマーケティング活動をする場合、何に気を付けなければならないか。電通がZ世代女子に対して実施したアンケートとともに見ていく。

前回(第3回)はこちら

コロナ禍でさらに「推し消費」が盛り上がりを見せている(写真/Shutterstock)
コロナ禍でさらに「推し消費」が盛り上がりを見せている(写真/Shutterstock)

 「#推しのいる生活」――そんなハッシュタグが、SNS上で人気を集めている。自分の好きなアイドルやアーティスト、アニメキャラなどいわゆる“推し”に関する画像を投稿するハッシュタグだ。Instagramでは2021年7月現在、そのタグが付いた投稿が81万7000件以上ある。

 以前から、自分の好きなものを「推し」と呼び応援するカルチャーはあったが、コロナ禍では一層の高まりを見せている。調査会社のクロス・マーケティング(東京・新宿)が2020年11月に発表した「『推し』に関する」調査によると、「新型コロナウイルス感染拡大後、新たに『推し』始めたものがある」と答えた人は2割以上だった。特に男女20代に限ると4割を超えた。

 「推し」始めた対象を見ると、最も多いのは「YouTuber」で、「少年漫画・アニメ」がそれに続いた。コロナ禍の外出自粛により、自宅にいる時間が増えた。物理的に人と会う機会が減っている中、SNSなどで推しを通して誰かとつながりたいといったことも増えているのかもしれない。

【特集】熱狂の“推し”マーケティング

「推し」を広めたAKB48

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
11
この記事をいいね!する