熱狂の“推し”マーケティング

好きなアイドルや声優、キャラクターなど、自分の「推し」を動機にモノを買う消費行動が若い女性を中心に広がっている。ジグソーパズルなどを販売するビバリー(東京・中央)が販売する「パチェリエ」は、女児向け玩具でありながら、“推し活”に励む大人女子に大ヒットした。その理由とは?

「パチェリエ」は女児向け玩具でありながら、豊富なカラーバリエーションから「推し活」グッズを作れると大人にもウケている
「パチェリエ」は女児向け玩具でありながら、豊富なカラーバリエーションから「推し活」グッズを作れると大人にもウケている

 好きなアイドルやアーティスト、アニメキャラなど、自分の“推し”にお金や時間をつぎ込む「推し活」市場が広がりを見せている。一昔前には、オタクの活動、いわゆる「オタ活」などと呼ばれていたが、「好き」という思いをよりライトに表現する言葉として「推し」が定着。SNSで同じ趣味や嗜好を持つファン同士が気軽につながれるようになったこともあり、裾野が広がった。ライブや舞台を見に行くのはもちろん、グッズを買って身に着けたり、推しを通してファン同士で交流したりと、推しへの応援を通じて自己表現する活動自体が推し活と捉えられている。

【特集】熱狂の“推し”マーケティング
【第1回】 玩具「パチェリエ」が大人女子に想定外ヒット 裏に“推し活”あり ←今回はココ
【第2回】 「アイナナ」ファン殺到 リプトン、ロートの“推し”で販促戦略

 広がりを見せる「推し活」からは、思いもよらぬヒットも生まれている。ジグソーパズルなどを販売するビバリーの「パチェリエ」がそれだ。パズルのようにパーツを組み合わせてバッグを作れる女児向け玩具として2018年に発売。以来、4年でシリーズ累計販売数は25万個を突破した。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
20
この記事をいいね!する