アップル“鬼”のデジマ排除 ついにメールもプライバシー対策(画像)

米アップルは米国時間2021年6月7~11日、開発者会議「WWDC21」で新たなプライバシー対策を発表した。ブラウザーやメールから得られるユーザーの情報に蓋をするというものだ。それらは利用者にとっては朗報でも、デジタルマーケティングの関係者にとっては、さらに逃げ道が失われた格好となる。

前回(第4回)はこちら

米アップルはiPhoneなどのアプリ情報だけでなく、Webブラウザーやメールの範囲にまでプライバシー対策を拡大する(写真/Shutterstock)
米アップルはiPhoneなどのアプリ情報だけでなく、Webブラウザーやメールの範囲にまでプライバシー対策を拡大する(写真/Shutterstock)

 アップルがIDFA(Identifier for Advertisers:広告識別子)の規制を発表してから1年後。21年4月末にIDFAのポリシー変更がついに始まった。その影響が見え始めた直後のことだ。オンラインで開催したWWDC21でアップルは、さらなるプライバシー強化、つまりデジタル広告事業者にとって新たな試練を突きつけた。

【特集】紛糾! どうなる? 脱クッキー対策

 IDFAはスマートフォンなどiOSのアプリ情報を利用することを制限するためのポリシー変更だったが、今回の発表はWebブラウザーでさらに規制を強化、メール機能にも範囲を拡大するというものだ。2021年中にiOSのアップデートなどを通して提供していくという。

アップルが2021年のWWDCで発表した、新たなプライバシー強化策。アプリに加えて、ブラウザーやメールから得られるユーザーの情報に蓋をした格好だ(出所/日経BPシリコンバレー支局)
アップルが2021年のWWDCで発表した、新たなプライバシー強化策。アプリに加えて、ブラウザーやメールから得られるユーザーの情報に蓋をした格好だ(出所/日経BPシリコンバレー支局)

痕跡を徹底的に排除するアップル

 アップルは既にWebブラウザーのSafariでサード・パーティー・クッキーの廃止を実行済みだ。これに対して今回追加するのが「Private Relay」と呼ぶ機能で、利用者のIPアドレスを完全に隠してしまう。アクセス先のWebサイト側の情報をアドネットワークなどで集約することで、利用者のプロファイルを詳細化することを阻止する狙いがある。アップルでさえ、利用者がどのサイトにアクセスしているのかを把握できなくするという念の入れようだ。

 アップルのSafariを通じて、ストレージなどのサービス「iCloud」の有料ユーザーに向けて提供する計画で、具体的には次のような仕組みとなる。

 アップルが管理する1段目のプロキシサーバーを経由して、次にサードパーティー(第三者)の企業が管理する2段目のプロキシサーバーを経て、閲覧したいWebサイトのサーバーにアクセスする。ユーザーがクライアント機器(iPhoneやMacなど)のWebブラウザーであるSafariでWebサイトのURLを打ち込んでアクセスしようとすると、SafariからはURLなどの情報が暗号化され1段目のプロキシサーバーに送られる。

アップルが2021年中に導入予定の「Private Relay」(出所/日経BPシリコンバレー支局)
アップルが2021年中に導入予定の「Private Relay」(出所/日経BPシリコンバレー支局)

 アップルのプロキシサーバーではクライアント機器のIPアドレスが分かるが、ユーザーがリクエストを出したWebサイトは分からない。そして、ユーザーのIPアドレスを、他のIPアドレスに変換する。

迫る脱クッキー時代 広告主の影響と対策を徹底議論します!
7月13~14日に行われる「日経クロストレンド FORUM 2021」では、クッキー規制がデジタルマーケティングに与える影響、広告主が準備すべき対策を徹底議論します。オンラインでの講演で、どなたでもご視聴が可能です(無料登録制・先着順)。
お申し込みはこちらから!

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。