「アマゾンにも真似できない」 定期便を究めた菓子サブスク(画像)

アマゾンとの違いを打ち出す際、「体験」をキーワードに掲げる企業は少なくない。今回は、AI(人工知能)を使って自分だけのおやつ時間をユーザーに届ける「スナックミー」、体験を軸に異業種のリアル店を複合させた「ビックロ」を取り上げ、それぞれどんな体験をユーザーに提供しているか解説する。

前回(第3回)はこちら

スナックミーからはオリジナルの箱に入って8種類のおやつが届く(写真/工藤朋子)
スナックミーからはオリジナルの箱に入って8種類のおやつが届く(写真/工藤朋子)

 「アマゾンと正面から戦っても絶対にかなわない。だから菓子を売るのではなく、違う軸に立って、おやつを食べる『おやつ時間』という体験を提供している」と語るのは、おやつのサブスクリプション(定額課金)サービスを提供するスナックミー(東京・中央)の服部慎太郎社長だ。

スナックミーの服部慎太郎社長(写真/工藤朋子)
スナックミーの服部慎太郎社長(写真/工藤朋子)

 スナックミーは2週間あるいは4週間に1度、1箱1980円(税・送料込み)で自分好みのおやつが届くサブスクサービスだ。高さ2.5センチ、A4サイズの箱に8種類の菓子が入りポスト投函(とうかん)される。

 菓子は累計170以上の生産者やメーカーと「ナチュラルでおいしい」をテーマに、人工添加物や白砂糖、食用油脂のショートニングなどを使わずに開発したものだ。

 ユーザーが「おやつ診断」で食の好み、生活習慣、アレルギーの有無などを入力すると、AIが100種類の中から選んだ菓子が届く(8品のうち一部はリクエスト可能)。そして菓子を食べたあとに評価をフィードバックすれば、さらに自分好みのおやつが送られて来る仕組みだ。

【特集】打倒アマゾンの戦い方
毎月デザインが変わるオリジナルの箱(写真/工藤朋子)
毎月デザインが変わるオリジナルの箱(写真/工藤朋子)

 ユーザーの95%は20代後半から40代の女性。2016年2月のサービス開始以来、登録してくれたユーザーの数は月平均5%ずつ伸びているという。だが18年末、ユーザー数が停滞していた時期がある。この試練が“アマゾンとは別の軸”の構築につながった。

インスタ映えする“紙”も用意しおやつ時間を演出

 DeNAやボストンコンサルティングを経て、「Webで新規サービスを始めたい」「自分の子供にも食べさせられる安心・安全な菓子を作りたい」という2つの理由から起業した服部氏。まずは、自然食品のマルシェなどで購入した菓子の食品表示ラベルを見て、製造元に協力依頼するところから事業を開始した。

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。