ソロキャンで快適に過ごすためのグッズとして欠かせないのが、チェアとライト(ランタン)だ。チェアのトレンドは、目線が低くなることで空間が広く感じられるロースタイル。DODの「スゴイッス」のような、脚の長さを3段階で調整できる商品が人気だ。ライトは比較的安全なLEDタイプを選ぶのが無難で、用途によって3種類を使い分けるのがよい。

※日経トレンディ2021年7月号の記事を再構成

前回(第1回)はこちら

【必携グッズ チェア2選】

 同じ場所で長時間を過ごすキャンプでは、チェアも必需品になる。キャンプ用のチェアは、日常生活で使う椅子に近い高さの「ハイスタイル」と、座面の高さが30センチメートルほどの「ロースタイル」がある。目線が低くなることで、空間が広く感じられるロースタイルが近年のトレンドだ。

 ポールを連結した後に座面となる部分をかぶせる組み立て型と、広げるだけで使える収束型の2種類に分けられる。収束型は設置と片付けを素早く済ませられる。また、アームレストが付くタイプも多い。ただし、組み立て型に比べて収納時にかさばるので車移動する人向き。徒歩移動をする人は組み立て型が無難だ。

脚の調節で形状が変えられる 座り心地も快適な人気チェア
スゴイッス(DOD/ビーズ)

体を包み込むように受け止める。使ってみると、1台で姿勢を変えられることで、長時間座り続けても疲れづらかった
体を包み込むように受け止める。使ってみると、1台で姿勢を変えられることで、長時間座り続けても疲れづらかった

 2020年末の発売前から、予約が殺到した人気商品。最大の特徴は、脚の長さを3段階で調節できること。前後の高さを変えることで、食事や仕事に向く前傾姿勢にしたり、仮眠や星空を眺めるときに便利な後傾姿勢にしたりもできる。一般的なコンパクトチェアよりも座面の幅が広いので、実際に使ってみると体が包まれる感覚があり、くつろぎやすかった。実勢価格9430円(税込み)。

前方を高くするとリラックスポジションに。地面に近い超ロースタイルにもなる
前方を高くするとリラックスポジションに。地面に近い超ロースタイルにもなる
重量は約2.3kgで、収納すればコンパクトに。ペットボトルやスマホが入るポケットもある
重量は約2.3kgで、収納すればコンパクトに。ペットボトルやスマホが入るポケットもある

アームレストを省略したことで姿勢の自由度が増したチェア
キャンバスローチェア(コールマン)

あぐらをかいたり横向きに座ったり姿勢が自由自在
あぐらをかいたり横向きに座ったり姿勢が自由自在

 コールマンの21年新作チェア。座面高は31センチメートルで一般的なロースタイルチェアと同じ高さ。生地は熱に強い綿キャンバスなので、たき火のそばでも使える。収束型のチェアはアームレスト付きのものが多いが、本製品はあえてこれを省いたことで、椅子の上であぐらをかいたり、横向きに座ったりと姿勢を変えやすくなっている。収納時は長さこそ88センチと長めだが、縦横は14センチの棒状になる。重さは約2.1キログラム。実勢価格9980円(税込み)。

背もたれはやや後傾に角度がついており、リラックスしやすい設計だ
背もたれはやや後傾に角度がついており、リラックスしやすい設計だ

ライトは用途によって3種類を使い分け

【必携グッズ ライト(ランタン)4選】

 日が暮れるとキャンプ場は真っ暗。周囲を照らすためのランタンもキャンプに欠かせない。ガソリンやガスを使うものは初心者には扱いづらく、火災や一酸化炭素中毒の危険があるので、LEDタイプを選ぶのが無難だ。LEDでも光の色が暖色のものならキャンプのムードを損なわない。

 「明るさ1000ルーメン程度のキャンプサイト全体を照らすメインライト、100ルーメン程度のテント内を照らす小型ライト、手元作業や移動中の明るさを確保するヘッドランプの3種があるとよい」(アウトドアライターの関美奈子氏)。ヘッドランプは、夜にトイレに行く場合や洗い物などの作業で両手を空けられる。持っていれば、災害時の避難にも役立つ。

メインライトにもサブにも 光量が4段階で調節できる
LEDランタン 1000lm(WAQ)

シーンに応じて光の色も選べる
シーンに応じて光の色も選べる

 ソロキャンはもちろん、ファミリーキャンプでもメインランタンとして使える明るさ。光量は1000、550、200、100ルーメンの4段階で切り替え可能。内蔵充電池の容量は1万mAh。1000ルーメンでも7時間連続で使えるので、1泊2日なら現地で充電しなくても済む。スマホの充電もできる。実勢価格9980円(税込み)。

光の色は昼光色、電球色、昼白色の3種類に変えられる。モバイルバッテリー機能も持つ
光の色は昼光色、電球色、昼白色の3種類に変えられる。モバイルバッテリー機能も持つ

乾電池と充電池両方に対応 サブライトに向くランタン
ラギッド パッカウェイ ランタン(コールマン)

 コールマンの看板商品であるランタン。21年の新商品は、乾電池と充電池の両方に対応する。光量は充電池を使用した場合、最大270ルーメン。メインライトとしてはやや弱いが、サブには十分。光の色は暖色と白色とで切り替えられる。スマホの充電も可能。実勢価格4980円(税込み)。

光の色は切り替え可能。最大光量時でも10時間以上連続して使える。大きさは直径10×高さ24センチメートル
光の色は切り替え可能。最大光量時でも10時間以上連続して使える。大きさは直径10×高さ24センチメートル

キャンプのムードを上げる サブに適した小型ライト
キャリー・ザ・サン ウォームライト ミディアム
(キャリー・ザ・サン)

 最大光量は約100ルーメン、加えて20、10ルーメンの3段階に切り替えられるランタン。折り畳むと、厚さがわずか12ミリメートルと超コンパクトになるので、持ち運びしやすい。テーブルの上などに置き、雰囲気を楽しむには最適だ。充電は太陽光のみとユニーク。実勢価格4180円(税込み)。

暖色と白色の2種類。持ち手の色も選べる。
暖色と白色の2種類。持ち手の色も選べる。

装着感の良いヘッドランプ 軽量で最大500ルーメンの明るさ
IKO CORE(ペツル)

流線形の樹脂製バンド
流線形の樹脂製バンド

 79グラムの軽さで最大500ルーメンの明るさを照射でき、夜間の山歩きにも使えるほど。「頭の形状にフィットするので装着感が良く、軽量で首回りへの負担も少ない」(アウトドア防災ガイドのあんどうりす氏)。乾電池と充電池両方に対応する。実勢価格1万1150円(税込み)。

付属のポーチと共に、テーブルや地面に置いて空間や手元を照らすランタン代わりになる
付属のポーチと共に、テーブルや地面に置いて空間や手元を照らすランタン代わりになる
この記事をいいね!する

日経トレンディ10月号

【最新号のご案内】日経トレンディ 2021年10月号
【巻頭特集】業務スーパー、カインズ、ワークマン大研究
【第2特集】家電のサブスク お得度チェック
【ヒット商品連載】ニコン「Z fc」、BMW「MINI」 他
【人気連載】40代おじさん白書 ロンブー田村淳に聞く
発行・発売日:2021年9月3日
特別定価:700円(紙版、税込み)
Amazonで購入する