日経クロストレンド「未来消費カレンダー」は、将来話題となりそうな新製品、新施設、商戦・イベントなどの予定を一覧できるサービスだ。新着情報を毎週金曜日に更新している。2021年9月1日「ゴールドウイン×星野リゾート、森遊びデビュー企画を提供」など24件の情報を追加した。

【2021】
8月16日 「都営交通110周年」を記念した切手セットが発売
東京都交通局は2021年8月1日に110周年を迎えることを記念したオリジナルフレーム切手セット「都営交通110周年」を発売する。同交通局は、1911年(明治44年)に東京市電気局として開局した。過去の記念乗車券をモチーフにしたレトロなものから、現在の都営交通を支えている車両をモダンに描いたものまで、さまざまなデザインのフレーム切手とポストカードをセット販売する。販売セット数は4000セット。ネット販売は2021年8月25日から。

[画像のクリックで拡大表示]

8月18日 スキンケアタイプ入浴剤「バスクリン素肌クリア」が発売
バスクリンは、スキンケアタイプ入浴剤「バスクリン素肌クリア」を発売する。重炭酸ナトリウムをバスクリン史上最大に配合した。同社によると、重炭酸ナトリウムには清浄作用を高めるとともに余分な皮脂を浮き上がらせ、肌表面を滑らかにする働きがあるという。フレッシュシトラスの香りとスウィートハーバルの香りの2種を展開する。

[画像のクリックで拡大表示]

8月30日 玄関などに設置しやすいセカンド手洗い器が発売
タカラスタンダードは、玄関横などのスペースなどに設置しやすい「コンパクト手洗い」シリーズを発売する。抗ウイルス、抗菌機能の2つのSIAAマークを取得。カウンターには、製品上のウイルスの数を24時間以内に99%以上減少させるという抗ウイルスメラミン(ウイルテクト)を採用。また、ホーローボウルを採用し、アルコールや次亜塩素酸系消毒液での拭き掃除に対応した。コロナ禍のなか、帰宅後や来客時の際に、すぐに手洗いやうがいできるセカンド洗面へのニーズが高まっていることに応えた。

[画像のクリックで拡大表示]

9月1日 横浜ゴム、スタッドレスタイヤ「iceGUARD 7」を順次発売
横浜ゴムは乗用車用スタッドレスタイヤのブランド「iceGUARD(アイスガード)」から、「iceGUARD 7(アイスガード セブン)」を順次発売する。氷上性能と雪上性能の向上に加えて、性能の持続性も兼ね備えた。従来品の「アイスガード 6」と比べ、吸水率を7%向上。また、氷に効く性能も向上させた。発売サイズは、245/40R20 95Q~155/65R13 73Qの全89サイズ。

[画像のクリックで拡大表示]

9月1日 米を使った「ネスカフェ ゴールドブレンド ライスラテ」が発売
ネスレ日本は、植物由来の素材として米を使用した「ネスカフェ ゴールドブレンド ライスラテ 4本入り」「同 ライスラテ 190ml」「同 ライスラテ 1000ml」の計3品を発売する。全国の主要スーパーマーケット、ネスレ通販オンラインショップ、通販サイトなどで扱う。近年、消費者の健康志向の高まりと地球環境への配慮の観点から、プラントベース(植物由来)食品や飲料への関心が高まっていることに応えた。

[画像のクリックで拡大表示]

9月1日 ゴールドウイン×星野リゾート、森遊びデビュー企画を提供
ゴールドウインが展開するアウトドアブランド「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」と星野リゾートが展開する「リゾナーレ」は、「森遊びデビュープログラム」を共同で企画する。米国の国立公園で導入されているセルフガイディングシステムを取り入れたアクティビティープログラムとなる。「星野リゾート リゾナーレトマム」(北海道占冠村)と緑豊かな八ヶ岳エリアのリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」(山梨県北杜市)で実施する。21年11月30日まで。

[画像のクリックで拡大表示]

9月1日 シャボン玉石けん、「ふきふきせっけんバブルガード」を発売
シャボン玉石けんは、せっけん系マルチクリーナー「ふきふきせっけんバブルガード」を発売する。汚れ部分にサッと吹きかけて拭き取ることで、毎日の掃除や除菌を楽に行える。99.9%の除菌とウイルスの99.99%以上を不活化するという。アルコールは不使用。手肌にやさしく、ダイニングテーブルや調理台、おもちゃ、窓、鏡をはじめ、アルコール使用不可のアクリル板の洗浄や除菌などにも利用できる。

[画像のクリックで拡大表示]

9月2日 KDDIと沖縄セルラー、UQ mobileで5Gサービスを提供開始
KDDIと沖縄セルラーは、UQ mobileで5Gサービスの提供を開始する。「くりこしプラン+5G」に加入すると、月額税込み1628円から5G端末と4G端末共通で利用できる。プランの変更には、SIMカードの交換が必要となる。同プランの提供に伴い、従来のくりこしプランの新規受付は終了する。なお、21年11月以降は、現在使用中のSIMカードで「くりこしプラン +5G」に変更が可能になる予定だという。

[画像のクリックで拡大表示]

機能性表示食品「キリン 午後の紅茶 ミルクティープラス」発売

【2021】
9月16日 シャープ、「プラズマクラスター洗濯乾燥機」2機種を発売
シャープは、「プラズマクラスター洗濯乾燥機(ES-W114/ES-WS14)」の2機種を発売する。湿度センサーとAI制御で乾燥力がさらに進化した「ハイブリッド乾燥NEXT」を搭載。AI制御で消費電力量を抑えながら、乾燥時間を延ばすことなく、あたたかくふんわりと心地良い仕上がりにできるという。また、AIoT機能の進化により、外出先などからでも洗濯の予約時間変更や乾燥運転の追加・取り消しができる。

[画像のクリックで拡大表示]

9月29日 「hadakara 泡で出てくる薬用デオドラントボディソープ」が発売
ライオンはボディーソープ「hadakara」から、「hadakara 泡で出てくる薬用デオドラントボディソープ ハーバルソープの香り(医薬部外品)」「hadakara 薬用デオドラントボディソープ 同」の2品を発売する。気になる汗臭、体臭などの発生を抑え、保湿しながら身体を洗うことができる。コロナ禍により家で過ごす時間が増え、自分や家族の身体の臭いが気になるといった声に応えた。

[画像のクリックで拡大表示]

9月30日 「JR東日本高額オレンジカード」が廃止
JR東日本は、前払い式の支払い手段である「JR東日本高額オレンジカード(5000円券、1万円券)」を廃止する。「資金決済に関する法律第20条第1項」の規定に基づき、21年10月1日から23年3月31日まで払い戻しに対応する。低額オレンジカード(500円券、1000円券、3000円券)は、これまで通り利用できる。払い戻し方法は、JR東日本の「みどりの窓口」を利用する方法と郵送による手続きの2種類を用意する。

[画像のクリックで拡大表示]

9月上旬 コクヨ、「ジブン手帳」シリーズの22年版を順次発売
コクヨは、ライフログ手帳「ジブン手帳」シリーズの22年版を順次発売する。「ジブン手帳 2022」は一生使える手帳をコンセプトとして、自分や家族の長期記録を残すライフログ帳「LIFE」、24時間軸で日々の予定や記録を書きつづる「DIARY」、アイデアを書き記す「IDEA」の3分冊で構成。22年版では、よりたっぷり書けるA5スリムサイズを追加した。そのほか「ジブン手帳 mini2022」「ジブン手帳Biz mini2022」などもラインアップする。

[画像のクリックで拡大表示]

10月1日 味の素AGF、家庭用レギュラーコーヒーなどの価格を改定
味の素AGFは21年10月1日納品分から、家庭用レギュラーコーヒー14品種及び通信販売限定レギュラーコーヒー26品種の価格改定を実施する。同社は、対象商品の店頭価格の上昇幅は約20%程度と推測している。改定の理由について、世界のコーヒー消費量が拡大する一方で、生産国はその需要に応えるだけの供給体制が整っておらず、需給バランスが崩れていることを大きな要因としている。また、円相場も円安傾向を強めており、原料を輸入に頼るコーヒーにとってはコスト増加の要因となっているという。

[画像のクリックで拡大表示]

10月8日 富士フイルム、直営写真店「WONDER PHOTO SHOP」を刷新
富士フイルムは直営写真店「WONDER PHOTO SHOP」を東京・表参道に移転し、刷新する。スマートフォンで撮影した写真を多彩にプリントできるサービスの提供、フレームやアルバムなどの写真雑貨の提供などを行う。また、ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」を手に取って体験できるタッチ&トライコーナーを新設する。「写ルンです」をはじめとしたネガフィルム現像とデジタルデータ渡しの即日対応なども行う。

[画像のクリックで拡大表示]

10月12日 機能性表示食品「キリン 午後の紅茶 ミルクティープラス」発売
キリンビバレッジは、機能性表示食品「キリン 午後の紅茶 ミルクティープラス」「キリン 生茶 ライフプラス 免疫アシスト」の2品を発売する。各キリンの独自素材「Lactococcus lactis strain Plasma(プラズマ乳酸菌)」を1000億個配合した。同社によると、「健康な人の免疫機能の維持をサポート」する機能性表示食品として、紅茶と緑茶で免疫機能をうたった機能性表示食品は日本初という。

[画像のクリックで拡大表示]

10月16日 コーセー、「AQ」から初のボディー・ハンドケアシリーズを発売
コーセーはハイプレステージブランド・コスメデコルテの「AQ」から、初のボディー・ハンドケアシリーズを順次発売する。「コスメデコルテ AQ ハンドエッセンス〈ハンド美容液〉【医薬部外品】」「同 トリートメント ボディクリーム」「同 トリートメント ボディオイル」の3品目3品種を展開する。全国の百貨店と化粧品専門店で扱う。ボディーケアのために厳選した美容成分で、自宅でもサロンさながらのボディートリートメントが行えるという。

[画像のクリックで拡大表示]

21年秋 米グーグルが「Google Pixel 6」を発売

【2021】
10月 ヤーマン、美顔器「Bloom WR STAR」を順次発売
ヤーマンは「YA-MAN TOKYO JAPAN」から、美顔器「Bloom WR STAR」を順次発売する。ヤーマン直営店、ヤーマン公式通販サイト「ヤーマンオンラインストア」、ヤーマン公式ショップ 楽天市場店などで扱う。3種類のRF(ラジオ波)を組み合わせた「トリプルブーストRF」とEMS(Electrical Muscle Stimulation)を搭載。約6分でリフトケアを行えるという。また、赤色LEDによるフォトケアも向上させ、従来の約3倍の光の照度で肌をケアするという。

[画像のクリックで拡大表示]

秋 米グーグル、独自開発プロセッサ搭載「Google Pixel 6」を発売
米Google(グーグル)は、21年秋にスマートフォン Pixelシリーズの最新機種「Google Pixel 6」「Google Pixel 6 Pro」の2品の発売を予定する。同社がGoogle Pixelのために開発した初のプロセッサ「Google Tensor」を搭載する。

[画像のクリックで拡大表示]

冬 三菱自動車、「アウトランダー」のPHEVモデルを発売
三菱自動車は、新型クロスオーバーSUV「アウトランダー」のプラグインハイブリッドEV(PHEV)モデルを国内で発売する。新世代化したPHEVシステムを搭載。モーター出力の向上とバッテリー容量の拡大により、力強い走りと航続距離の延長に対応した。また、3列7人乗りとし、SUVとしての居住性と利便性を高めた。北米では、21年4月から発売している。

[画像のクリックで拡大表示]

【2022】
1月 NTTデータ、非対面で営業活動を完結できるシステムを提供開始
NTTデータは、保険販売などの商談から契約までの一連の営業活動を非対面で完結できるWEB会議システム「FG-TriView(エフジートライビュー)」の提供を開始する。利用には、特別なアプリなどのインストールは不要。画面を共有しながら、顧客が入力した情報を営業担当者から隠せるプライバシー保護機能を備える。三井住友海上あいおい生命がサービスを導入する。従来のWEB会議システムは、画面共有の際に顧客のプライバシー情報(健康状態や既往歴など)が保険販売員に見えるといったコンプライアンス上の課題があり、保険販売などの非対面の営業活動には不向きだった。

[画像のクリックで拡大表示]

3月 阪神電気鉄道、「甲子園歴史館」を刷新
阪神電気鉄道は、運営する「甲子園歴史館」(兵庫県西宮市)を刷新する。阪神甲子園球場の南側に新たに建設する建物に、球場外野エリアの展示を一部移転する。展示面積は1500平方メートルに拡張。本物の野球道具に触れることができる展示エリアを新設する。また、実際に身体を動かして野球を体験できるエリアを併設する。現施設は、21年9月5日の営業をもって一時休館する。

[画像のクリックで拡大表示]

4月1日 JR九州、在来線特急列車の特急料金を値上げ
JR九州は、在来線特急列車の特急料金を値上げする。新型コロナウイルス感染症による乗車客の減少及び経営環境の悪化の改善が理由。見直しの内容は、自由席特急料金、特定特急料金(自由席)、指定席特急料金ほか。自由席特急料金の値上げ幅は、距離に応じて現行から120円から920円となる。

[画像のクリックで拡大表示]

【2023】
三菱地所、「有楽町ビル」及び「新有楽町ビル」を建て替え
三菱地所は、JR有楽町駅前(東京・千代田)に所有する「有楽町ビル」及び「新有楽町ビル」を建て替える。あわせて、両ビルは23年をめどに閉館を予定する。今後はテナントニーズの高度化や脱炭素社会の実現に向けた社会的要請への対応強化、災害時における事業継続性を意識した防災機能の強化を図る。有楽町ビルは1966年に竣工、新有楽町ビルは翌67年に竣工した。

【2025】
11月 明治安田生命保険、「明治安田生命新宿ビル」跡地に新ビルを竣工
明治安田生命保険は、「明治安田生命新宿ビル」(東京・新宿)を建て替える。敷地面積は6294.72平方メートル、延べ床面積は9万6901.94平方メートル。地上23階、地下4階。建物の高さは約126メートルとなる。新宿駅に直結する。低層階は、複数の店舗や飲食店、オフィスワーカーへのサービス施設を備える。中層階から高層階は、新宿エリアで最大級となる1フロア800坪超の専有面積となるオフィスを配置する。同ビルは、旧安田生命の本社ビルとして1961年に竣工した。

新ビル「(仮称)明治安田生命新宿ビル」の外観イメージパース
新ビル「(仮称)明治安田生命新宿ビル」の外観イメージパース
[画像のクリックで拡大表示]