お客をつかむ“技ありパッケージ”

2019年9月、サッポロビールは「HOPPIN’GARAGE(ホッピンガレージ)」と呼ぶ新しいサービス事業を開始するに当たり、アルミ製ビール缶のパッケージデザインにデジタル印刷技術を採用。生産ロットが1万個程度の少量生産のパッケージ印刷でも低コストになり、利益を出せる体制を実現した。

「HOPPIN’GARAGE」シリーズとして、パッケージにデジタル印刷技術を活用した商品。「HOPPIN’GARAGE それが人生」は、やや苦味が強く、どこか懐かしさを感じさせる荒削りな味わいが特徴。「HOPPIN’GARAGE 和musubi(わむすび)」は、「おむすびに合うビール」として秋田県羽後町産の「あきたこまち」を使用し、隠し味には玄米茶の香りを加えた。どれも個性的な商品だ
「HOPPIN’GARAGE」シリーズとして、パッケージにデジタル印刷技術を活用した商品。「HOPPIN’GARAGE それが人生」は、やや苦味が強く、どこか懐かしさを感じさせる荒削りな味わいが特徴。「HOPPIN’GARAGE 和musubi(わむすび)」は、「おむすびに合うビール」として秋田県羽後町産の「あきたこまち」を使用し、隠し味には玄米茶の香りを加えた。どれも個性的な商品だ

前回(第6回)はこちら

 HOPPIN’GARAGEは、一般顧客から募ったアイデアを基に小ロットで独自のビール(発泡酒)を醸造。ユーザーコミュニティーの評価や市場性を踏まえて商品化につなげるという、サッポロビールと一般顧客による“共創プロジェクト”として企画された事業だ。アイデアが採用された一般顧客も実際に参加してビールの味やネーミング、デザインに反映。今までにない商品を開発しようと考えた。

HOPPIN’GARAGEスタート当初のユーザーコミュニティーの風景。男性ばかりでなく、女性も多い。新型コロナウイルス感染症拡大のため、最近はオンラインで実施している(写真提供/サッポロビール)
HOPPIN’GARAGEスタート当初のユーザーコミュニティーの風景。男性ばかりでなく、女性も多い。新型コロナウイルス感染症拡大のため、最近はオンラインで実施している(写真提供/サッポロビール)
HOPPIN’GARAGEの狙い
HOPPIN’GARAGEの狙い
既存のビールブランドとは一線を画するビールづくりとマーケティングでユーザーコミュニティーを形成し、サブスクリプションを中心とした販売チャネルなどで商品を届ける(サッポロビールの資料に編集部加筆)

 「多様なビールを生み出し、新しいビールの価値や楽しみ方を提供するのが狙い」(新規事業開拓室マネージャーの土代裕也氏)

 サッポロビールなど多くのビールメーカーはオフセット方式の印刷技術を活用し、ビール缶にパッケージデザインを印刷している。だが一定数量以上の生産ロットが必要となり、少量生産には適さない。

 そこでビール缶を提供する昭和アルミニウム缶と協業し、同社が開発したインクジェット方式によるデジタル印刷技術を採用した。オフセット方式のような印刷版の制作が不要になり、デザインの変更も容易になるため、ビール缶の生産リードタイムを短縮。小ロットでもコスト削減につながった。

ブランド貢献度に経営トップも注目

 デザインの面でも色数を増やすことができ、写真やグラデーションを多用した絵柄も表現できるという。デザインの幅を広げることができるため、一般顧客からのアイデアに対応しやすくなった。デザインなどはクリエイティブ企業のSteve* inc.(スティーブアスタリスク、東京・港)が担当している。

このコンテンツ・機能は会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
6
この記事をいいね!する