多拠点居住の利用ランキング、1位が「渋谷のホテル」の謎(画像)

コロナ禍で急速に浸透したリモートワークやワーケーション。どんな場所で、どんな人が利用しているのか。その実態を、定額制宿泊サービス「HafH」を提供するKabuK Style(長崎市)代表の大瀬良亮氏に聞いた。

前回(第6回)はこちら

場所にとらわれない働き方が、コロナ禍を機に浸透しつつある。画像は「HafH Fukuoka THE LIFE」(福岡市)
場所にとらわれない働き方が、コロナ禍を機に浸透しつつある。画像は「HafH Fukuoka THE LIFE」(福岡市)

 コロナ禍で一気に定着したリモートワーク。働き方が多様化している中、会員数を伸ばしているのが、KabuK Style(カブクスタイル)が展開する「HafH(ハフ)」だ。HafHは、36カ国809拠点(21年5月時点)から滞在場所を選ぶことができる定額制の宿泊サービス。日本では47都道府県580拠点に宿泊ができる。

 HafHと提携する施設には、海が見えるビジネスホテル、温泉付き旅館などさまざまなものがある。プランは月に1泊から1カ月まで4種類あり、予算や利用目的に合わせて利用できるのがポイントだ。

 KabuK Style代表の大瀬良亮氏は「ライフスタイルの多様化という大きなトレンドの中で、ワーケーションで利用する人もいる。ワーケーションというと、地方に移動して働くイメージが強いと思うが、都心に住みながら都心のホテルを利用する“ステイケーション”も多い」と、ワーケーションの実態を語る。

1番人気は「渋谷のホテル」

 自宅でのリモートワークは、家族以外と触れ合わずに家にずっといること自体がストレスとなってしまうこともある。小さい子どもがいる場合は、なかなか集中する場を設けることも難しいだろう。「気分転換で自宅とは別の場所で仕事ができることも、ワーケーションのニーズの1つ」(大瀬良氏)

 そのニーズはHafH施設利用のランキングにも表れている。20年の都道府県別利用泊数ランキングにおいて、予約数が最も多かった都道府県は東京都、次いで長崎県、福岡県だった。東京都は宿泊割合も約3割と、ホテルでのステイケーション利用や、都内在住者の働く場所としての宿泊利用が反映されているという。本社が長崎県にあり、人口に比べると長崎や福岡の会員数が多いのがHafHの特徴だ。直営拠点もあり、長期滞在の利用も多いため上位にくい込んだ。

2020年1月1日~12月25日までの都道府県別利用泊数ランキング。2位の長崎県、3位の福岡県は、HafHが独自に企画・運営する宿泊施設が予約数を押し上げた
2020年1月1日~12月25日までの都道府県別利用泊数ランキング。2位の長崎県、3位の福岡県は、HafHが独自に企画・運営する宿泊施設が予約数を押し上げた

 HafH利用者の施設別21年上半期宿泊数ランキングを見ても、渋谷や六本木のホテルが人気だ。

2021年1月1日~5月31日までの施設別宿泊数ランキング。都内近郊に住む人が都内の宿泊施設を利用することも増えている
2021年1月1日~5月31日までの施設別宿泊数ランキング。都内近郊に住む人が都内の宿泊施設を利用することも増えている

 1位は「ザ・ミレニアルズ渋谷」。コワーキングスペースが併設されており、“気分を上げる”にはもってこい。ホテルの共用部が全面積の20%と広く、ワーキングスペースの他、セルフキッチンなども24時間利用できる。寝室は「スマートポッド」という半個室になっており、ソファからリクライニングするベッドで過ごすことができる。それら操作はすべてiPodでコントロールでき、アラームを設定すればベッドが少しずつ立ち上がるなど、IoTを活用した次世代型の宿泊を体験できる。

東京・渋谷にある「ザ・ミレニアルズ渋谷」。ホテルにもオフィスにもなる近未来型の滞在施設だ
東京・渋谷にある「ザ・ミレニアルズ渋谷」。ホテルにもオフィスにもなる近未来型の滞在施設だ

 3位の「HafH Fukuoka THE LIFE」は、HafHの直営店だ。コリビングスペースでは、会員同士で交流するだけでなく、一緒にイベントを開催したり、ビジネスしたりと、さまざまな出会いの可能性を秘めている。「直営拠点は利用会員も多く出会いがある。特に長期滞在する人が多いのも特徴」(大瀬良氏)

平均7.3泊のワーケーション

 同社では宿泊サービスだけでなく、新しい働き方を総合的にサポートするサービスとして、交通事業者と連携した取り組みも進めている。

 その1つが、21年4月から6月にJR西日本と実施した「HafH得ワーケーション」だ。「ちょっとHafH」プラン以上の会員限定で、JR西日本のチケットを約4割引きで利用できるキャンペーン。好評につき延長予定だという。これを利用する形で、21年5月には石川県でワーケーション体験イベントを開催した。

JR西日本グループとの実証実験の一環で、特定エリアの新幹線や特急が約4割引きになるキャンペーンを実施した
JR西日本グループとの実証実験の一環で、特定エリアの新幹線や特急が約4割引きになるキャンペーンを実施した

 石川県内のHafH提携拠点と合同で、10日間にわたるイベントを行った。一部参加も全日程の参加もOKにした。「石川県の拠点はシティホテルはもちろん、交流型のゲストハウスのような宿泊施設もある。海が見えるエリアもあれば、森の中など山の幸を楽しむこともでき、非常にバラエティーに富んだエリア」(大瀬良氏)だという。

 HafH会員は基本的に1人で行動していることもあり、密にはならない。宿泊施設も感染対策をしっかり講じた上で、実施に踏み切った。大々的な告知はできなかったというが、期間中に50人以上が参加し、石川県内だけで210泊以上の宿泊を達成した。

 参加者の55%は会社員で、90%が30代以下だった。面白いのは旅の合計日数だろう。今回のワーケーションにかけた日数の平均は7.3泊で、10泊以上した人は43%にも上った。平日の5日はコワーキングスペースや個室で仕事を、休日の2日は現地で観光や地元の人との交流を楽しむ。そんな過ごし方が想像できる。

 加えて、参加者の42%が「滞在日数は短かった」と回答した。企業や自治体が提案するワーケーションのモデルコースは、1~3泊など短いものが多いが、リモートワークやマルチハビテーションを実践しているHafH会員はよりフレキシブルに行動し、ゆっくり現地の良さを味わっていたようだ。

「テレワーク=在宅勤務」ではない

 一般社団法人日本ワーケーション協会の顧問も務める大瀬良氏。コロナ禍でいわれているワーケーションは、「勤務する場所がオフィスではない場所で良くなった今、自宅ではない場所で働くことをどこまで許せるかという話になっていると思う。その中で、有給休暇中の話と勤務時間の話が混在してしまっている」と指摘する。

 コロナ禍で「ワーケーション」という言葉だけが独り歩きしてしまっている状況だ。日本ワーケーション協会では、ワーケーションを7つのタイプに定義している。すべてがこれに分類されるわけではなく、ワーク&ライフスタイルによってそれらを組み合わせることも多いという。

ワーケーションは大きく7つのタイプに定義される(出典/一般社団法人日本ワーケーション協会)
ワーケーションは大きく7つのタイプに定義される(出典/一般社団法人日本ワーケーション協会)

 「受け入れ側も参加する側も目的を明確にすることが、ミスマッチを防ぎワーケーションをさらに推進する一歩になる」と大瀬良氏は期待する。

 HafHが提案するワーケーションは、「いつものテレワーク+成長の時間+観光」の形だ。平日の勤務時間中はしっかり仕事をし、朝や勤務時間後には地元の人との交流や自然を楽しむ。休日は自宅付近からはなかなか行けなかった、遠方の観光やアクティビティーに参加する。「場所」が変わるだけで、ウェルビーイングが高まる可能性があるのだ。

 「テレワーク=在宅勤務」ではない。場所にとらわれず働けるというのが、本来のテレワークの姿だ。自宅では集中できないからオフィスに戻るのではなく、カフェやコワーキングスペースなど仕事に集中できる環境で、ストレスなく働ける。そんな働き方が少しずつ浸透しているのは、間違いない。

(写真提供/KabuK Style)

5
この記事をいいね!する